アートの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 「やじきた道中 てれすこ」舞台挨拶試写会

<<   作成日時 : 2007/11/03 11:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 14 / コメント 2

「やじきた道中 てれすこ」の舞台挨拶試写会に行って来ました。
朝のワイドショー等でもチラッと放送していました。
舞台挨拶に登場したのは、中村勘三郎、柄本明、小泉今日子、間寛平、松重豊、山本浩司、笹野高史、そして平山秀幸監督。
主演の3人だと思っていたので、ちょっと驚きました。
前から2列目だったので、皆さんの表情が良く判りました。
中村勘三郎  「友人の大竹しのぶがこれを観て『私もみんなと旅をしたい!』と言ってくれまして嬉しかったですね。みなさんも僕らと一緒に旅をして、温泉につかったような気分で楽しんでいただけたらと思います」
柄本明は、クランクイン直後に腰の手術をしたそうで、かなり大変な撮影だったようです。
しかも、「1度目の退院直後は首吊りのシーン、2度目の退院の直後には酒乱のシーンの撮影を行いまして(笑)。そのシーンは笑っていただけると思いますよ」(確かに首吊りのシーンは大爆笑でしたぁ)
小泉今日子「1年程前に時代劇に合うロケーションを選んで、日本各地を撮影して廻ったのですが、改めて日本って綺麗な国なんだと感じました。」
(生キョンキョン、顔が小さ過ぎます!ほんと美しかったです〜Y(≧σ≦)Y!!)
笹野高史「今日は私の四男のタヌキの代理で来ております。私自身も出てはいるんですが、ちょっとわからないかもしれません。NYで試写を観たのですが、お茶漬けを食べたくなりました。」(一番会場を笑わせてくれました)
松重豊。「平山監督とは『しゃべれども しゃべれども』に続いてということで、年に2回もこのような場に立たせていただき幸せです」
間寛平「“てれすこ”って何なのか未だにわかんないんですが、まぁ自分なりに想像するに『アメマ』かと、、、」
「奉行で登場していきなり『あへあへうひはー』とやろうかと思ったんですが怒られまして…(笑)。映画の中ではひたすら真面目にやってます」
(さすが寛平ちゃん、しっかりと笑わせてくれました)
山本浩司「明日載る集合写真が僕の手前で切れてないことを祈ります」
実は、彼のこの言葉にはその前に起こったトラブルが関係していました。
今回のMCは最悪女の襟川クロでした。
このバカ女は毎回トラブルを起こしていますが、今回もやってくれました!
山本浩司さんを紹介する時に名前を間違えたのです!!
本当は「ひろし」なのに「こうじ」だって、、、MCが絶対にやってはいけない基本中の基本ですから、呆れてしまいます。
そんな伏線があっての彼の発言だったのです。
さらに信じられない事が起こりましたぁw( ̄O ̄)w
島根にある「てれすこ」という名前の料理屋が今日の為に「てれすこ弁当」を作って来てくれました。(観客全員分のおいなりさんも作ってくれましたぁ♪♪美味しかったですよ〜)
そのお弁当を勘三郎さんと寛平ちゃんに食べてもらう事になったのですが、このバカ女が
「勘三郎さんと寛平さんがお腹が強いようなので、毒味をしてもらいました」
もう信じられません、、、会場にはお弁当を作ってくれた「てれすこ」の方も居るというのに、、自分では失礼な事を言っているとは思っていないのか2回も「毒味」と言っていました。
先日は、「チャーリーとパパの飛行機試写会&トークショー」のタイアップで作って貰ったバックをフォトセッションの時に、「こんなの持っていたら変だから」と言ってタレントから取り上げてしまうし、、、
お願いだから、この女を使うのはやめてくれ〜
最後に平山監督「7〜8年前に下北沢の居酒屋で勘三郎さんと柄本さんと飲みながら始まった企画が、やっと実現出来ました」
中村勘三郎「こんなに公開までに時間がかかったのは、途中で『真夜中の弥次さん喜多さん』に邪魔されたから(笑)」(主演は次男の中村七之助でした)
平山監督「てれすこ”とは何なのか? 映画を観た人それぞれの中に生まれる正体不明の気持ちとでも言いましょうか。とにかく難しいことは考えずに、映画を楽しんでいただきたいと思います」

時は太平。品川の遊郭で偶然に再会した幼馴染の弥次さん(中村勘三郎)と喜多さん(柄本明)は、病のお父っつあんに一目会いたいという、売れっ子花魁のお喜乃(小泉今日子)に騙されて、彼女の足抜けを手伝うことに。西へ西へと旅を続けるが、旅籠酒乱の喜多さんが大暴れで銭を取られたり、子タヌキの恩返しで博打で荒稼ぎしたりと、3人は珍道中を繰り広げる。時を同じくして大阪では謎の生物“てれすこ”の出現で大騒ぎ。「食スレバ万病ニ効能アリ」とされる奇妙キテレツな生物は、3人の前にも次から次へと様々な形に姿を変えて現れる。
やがて箱根に着くと、お喜乃は弥次さんにある告白をするのだが、、、

とても楽しい作品でした。
芸達者な役者達が、笑わせてくれます。
舞台挨拶の面々以外にも、藤山直美、ラサール石井、國村隼、六平直政など皆さん素晴しかったです。
弥次喜多道中の話は関東で、「てれすこ」の話は関西と、まったく別の話なのですが、後半に上手く繋がっていきます。
「てれすこ」の話を初めとして、道中のエピソードは落語を素材にしています。
「狸賽」「笠碁」「お茶汲み」「万金丹」など、、、
特に笹野高史さんの四男(ささの貴斗君)が演じていた狸のお話は、CGを上手く使っていて、とても面白かったです(^o^)
落語に詳しい方には、更に面白い作品なのでしょう。
舞台挨拶で柄本明さんが「この作品は、2作、3作と続けて行きたいと思っていますので、宣伝をよろしくお願い致します」とおっしゃっていましたが、そこまでは難しいかも、、、
平山監督の前作「しゃべれども しゃべれども」は、今年観た映画の中でTOP3に入ります。
それに比べると今作は、ちょっと、、、でもこの作品を観て平山監督の作品は更に好きになりました。
しゃべれども しゃべれども」は、原作の素晴しさを損なう事無く映画化してくれました。
今回は落語の話を取り入れて、楽しい作品になっていました。
次回作が、とても楽しみです♪♪

点数は、76点です。

今すぐ、じ〜んと、したい人は木の青年のサイトをチェック!




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(14件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「やじきた道中 てれすこ」試写会
今日は「やじきた道中 てれすこ」の試写会に行ってきました。 ...続きを見る
今日という一日。
2007/11/03 12:20
幸せのポートレート
ストーリー キャリア・ウーマンのメレディスは、恋人エヴェレットといるときでさえ 携帯電話を離さない仕事人間。 そんな彼女は、クリスマス休暇に初めて彼の家族と顔合わせをすることになった。 大学教授の父に一家の中心的な母親シビル、そして多くの兄弟姉妹。 エヴェレットの一家はオープンで気さくな人たちだった。 だが、ホリデーにもスーツで身を固め、冗談も通じないメレディスはどこかぎこちない。 招かれざる客ではないかと心配した彼女は、妹のジュリーを援軍に呼ぶものの、 皆との溝は開くばかり。 やがてディナーの... ...続きを見る
WOWOW
2007/11/03 12:46
『やじきた道中 てれすこ』
----また変わったタイトルの映画だね。 第一、“てれすこ”ってニャによ? 「これはね。江戸時代の落語を基にしたお話。 大阪で“てれすこ”なる不思議な生物が捕獲されたことから始まる。 そこに有名な“弥次さん喜多さん”をくっつけたというわけ」 ----ということは、最近では珍しいオリジナルの脚本だね。 「うん。監督の平山秀幸は阿部照雄の書いた脚本があがると、 何度もスタッフで集まって練り直したらしい」 ----ふうん。そうやって作られたお話はどういうものニャの? 「品川の遊郭で久々に顔を合わせた ... ...続きを見る
ラムの大通り
2007/11/03 18:56
感想/やじきた道中 てれすこ(試写)
年長者向けなのかなー。『やじきた道中 てれすこ』11月10日公開。幼なじみの弥次さん喜多さんが、落ち目の花魁、お喜乃の足抜けを手伝うことに。お喜乃の実家のある沼津へ3人の珍道中のはじまりはじまり〜! やじきた道中 てれすこ ...続きを見る
EDITOREAL
2007/11/05 01:47
レッドカーペットを歩く
「てれすこ」の試写会行って来ました!! ...続きを見る
じんじん ONE-WOMAN
2007/11/07 00:19
『やじきた道中 てれすこ』:落語ベースの大人のための和製ファンタジー:Myムービーに掲載
一般試写に先立ち、初夏にモニター試写にて鑑賞したのだが、エチケットとしてレビューの公開を控えていました。 以下はモニター試写鑑賞後に記述したレビューメモです。 ...続きを見る
りゃんひさのMyBlog:映画レビューな...
2007/11/10 00:00
映画「やじきた道中 てれすこ」
ちょっとひと息して観る映画にオススメの作品{/hiyo_en2/} ...続きを見る
happy♪ happy♪♪
2007/11/12 21:15
てれすこ挨拶&スノさんと会う
きょうはイベント2つ。 ひとつは、映画「やじきた道中 てれすこ」の舞台挨拶。 ひとつは、お友達ブロガーのスノーパンダさんに会う。 ...続きを見る
或る日の出来事
2007/11/15 23:41
「やじきた道中 てれすこ」
これがまた、観に行ったのが、舞台あいさつ付きの回ということで。御大・中村勘三郎を見たくて駆けつけた人も、大勢いたんだろうなあと思いますね。 私は、もちろん、小泉今日子さんが目当てですよ! ...続きを見る
或る日の出来事
2007/11/17 15:12
やじきた道中 てれすこ
 日本  時代劇&コメディ  監督:平山秀幸  出演:中村勘三郎      柄本明      小泉今日子      松重豊 ...続きを見る
江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽
2007/11/20 11:32
【2007-165】やじきた道中 てれすこ
人気ブログランキングの順位は? ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2007/11/20 19:50
やじきた道中 てれすこ
スニーク試写会というのに行ったのです。 映画が始まるまで何の映画を見せられるかわからないという 試写会です。 会場で開映前に細かいアンケートを書かされて その中にこれから公開される映画が何本か入っていたので たぶんこの中からの映画なんだろうなぁ。。 という予測 ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2007/12/07 14:37
肌に合わず(映画:やじきた道中 てれすこ)
駆込みで映画『やじきた道中 てれすこ』を見てきました。母が見たいと言っていたので一緒に。 ...続きを見る
美味!な日々
2007/12/21 02:47
scarpe hogan
「やじきた道中 てれすこ」舞台挨拶試写会 アートの片隅で/ウェブリブログ ...続きを見る
scarpe hogan
2013/04/22 10:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めましてヾ(^▽^)ノ 本日初めてこのブログ読ませて頂きました!同じ試写に行ってる舞台挨拶試写や作品も多いので、どこかですれ違ってるかもしれませんね?事細かく色々と覚えていらして、読ませて頂きながら(そうそう)と思い出す事もでき、レポートを読んでるようで、とてもわかりやすいです。この『てれすこ』完成披露試写、私も参りました。登壇者も素晴らしい素敵な作品の試写だったのに、フリーダ様の言う通り本とクロのせいで台無しで、私一人でイラついてましたが、一人ではなかったようでホッとしました。もう失礼極まりなかったですよね。名前を間違えながら始終態度も大きいしヽ(*`Д´)ノなぜこの方がほとんどのプレミア試写の司会を任されるのか不思議で仕方ないです…かと言って他に適任者もいないんですよね〜?クロが出てくる度に、がっくしイライラの、ちこでした。文章書くのが大の苦手なので一人よがりになっていたらすみません。。。
ちこ
2007/11/11 19:55
ちこさん、コメントを頂きまして、どうもありがとうございます。
おや、そうなんですかぁ、きっとどこかですれ違っているのでしょうね(^o^)
おおっ、やっぱりクロは嫌いですかぁw( ̄O ̄)w
そうですよねぇ、あの女は最悪です!
これから販売する商品なのに、「毒味」って、どういう神経しているんだか、、、
ニッポン放送さんのイベントなんだから、いつものアナウンサーで良かったのになぁ、、、
今週は「歓喜の歌」の舞台挨拶に行きますが、MCがクロで無い事を願います。
フリーダ
2007/11/12 10:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
「やじきた道中 てれすこ」舞台挨拶試写会 アートの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる