アートの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 歓喜の歌舞台挨拶試写会

<<   作成日時 : 2007/12/23 19:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 28 / コメント 2

「歓喜の歌」の舞台挨拶試写会に行って来ました。
と言っても、もう1ヶ月以上前になります、、、、(o´ω`o)

渋谷C.C.Lemonホール(旧渋谷区公会堂)にての完成披露試写会という事で、関係者も多数来場されていました。
舞台挨拶に登場したのは、主演の小林薫さん、安田成美さん、由紀さおりさん、浅田美代子さん、藤田弓子さん、松岡錠司監督、原作者の立川志の輔さん、更にママさんコーラス隊まで登場されました。
MCは、なんと梶原茂さん!(試写会のMCでは今までで一番大物ですね)
さすがに喋りも進行も上手でした(前から2列目で鑑賞していたので、かなり細かい指示をするADとやりとりが面白かったです)
「質問に対して「別に」とか答えないと良いのですが、、、」と今やお決まりのジョークでしたが、貴方がMCであったならば、エリカ嬢もあんな態度はしなかったと思いますよ(^o^)
初めにプロデューサー李鳳宇氏からの挨拶
そして、そのママさんコーラス総勢57名による「歓喜の歌」の大合唱から始まりました。
松岡錠司監督、小林薫さん、立川志の輔さんが登場。
松岡監督
「暑い中、出演者の方々ががんばってくださって、暑さを微塵とも感じさせない真冬の映画になっていると思います。かねてから、いわゆる群像劇を撮りたくて何年も葛藤していたんですけど、(志の輔)師匠の新作落語に出会い、それが叶って、正直言って今はホッとしている状態です。」
この監督さん、かなりお喋りな方です(>▽<)
立川志の輔師匠
「4年に(この会場の)お隣のPARCO劇場で上演した“歓喜の歌”を映画にしていただくと伺った時、嘘だと思っておりました。『こうやっていろんなところに話を持ちかけるんだな』と(場内爆笑)でもしばらくして脚本が届きまして、うれしくて感動いたしました。」
さすが、会場を笑わせてくれました。
小林薫さん
「撮影を行った今年の8月は、猛暑と言われていたんですが、(ロケ地の埼玉県熊谷市は)日本記録をつくったなんて話もありまして、制作の人たちとも『よりによってなんで熊谷で撮影なんだ』って話をしました」
「とにかく暑くて、普通だったらもう少しこういう抑揚で喋ろうかなとか、本来ならそういうことが頭の隅にあるものなんですが、そういうのも何にも考えずにやりました」
ひとりだけかなりラフなスタイルでした。
続いて、安田成美さん、由紀さおりさん、浅田美代子さん、藤田弓子さんら女優陣が登場。
6年ぶりの映画出演の安田成美さんは
「ホッと心が温まるこの作品に参加できたことをとても感謝しております。今日来てくださった皆さんも楽しんでくださるといいなと思っております。帰られたら一人でも多くの皆さんに宣伝してください!」
ちょっと化粧が濃過ぎでした、、、
由紀さおりさん
「シネカノンの映画出演は3本目になるんですけれども、歌を唄う役をいただいたのは始めてでした」
話が長過ぎて、困っているMCの梶原茂さんとADのやりとりが可笑しかったです(^o^)
梶原さんが話を終わらせようとして、喋ろうとするのですが、話を止めない由紀さおり、、、ADから巻きの指示に遂には「判ったから」と怒っていました(≧◯≦)ゞ
浅田美代子さん
「このC.C.Lemonホールは、昔は渋谷公会堂という名前で、30うん年前によくドリフ全員集合とか、ザ・ベストテンとかで来ていました。この映画に出演させて頂いてとても嬉しく思ってます。ただ唯一心残りなのは、私だけ唄う場面がなかったことです(笑)」
う〜ん、50代とは思えない可愛らしさです(*⌒▽⌒*)b
藤田弓子さん
「パンフレットにある人物相関図、私演ずる女将さんのところには、「私」「娘」その下に「餃子」がくっついてます。私が産んだ訳じゃないんですけど、そこがポイントなのでございます」
映画を観て、その意味が判りましたw( ̄O ̄)w
再び松岡監督
「エンディングをどうしようかと悩んで、阿久悠さんの「あの鐘を鳴らすのはあなた」にしました。阿久悠さんに観て頂けなかったのが残念です」
お喋りな監督さん、話が長いです、、、またしても梶原茂さんとADが困っていたのが、可笑しかったです(^o^)
最後は、その「あの鐘を鳴らすのはあなた」をママさんコーラス隊が大合唱されました。

さて、映画についてですが、とても楽しい作品でしたぁ(^o^)
12月30日。小さな町を揺るがすその“大事件”は、1本の電話から始まった。
「はい、みたま文化会館です。ええ、コンサートご予約の確認ですね。『みたま町コーラスガールズ』さん、明日の夜7時から……大丈夫ですよ、お待ちしてます」
 調子よく応えているのは、文化会館の飯塚主任(小林薫)。しかしその直後には、まったく大丈夫じゃなかったことが発覚する!「みたま町コーラスガールズ」と「みたまレディースコーラス」。よく似たグループ名を取り違えたこのダメ主任、コトもあろうに、大晦日の会場をダブルブッキングするという大失態をやらかしてしまったのだ。
市長夫人の居るチームは結成20周年の記念コンサート!
結成間もない庶民派のチームに諦めてもらおうと説得するのだが、一歩も譲らない、、、
思わぬトラブルで右往左往する主任に更なる悲劇が、、、
飲み屋のフィリピン女性に入れ込んで溜まったツケの支払い期日が明日なのだ!
妻(浅田美代子)は離婚を考えて、娘を連れて実家に帰ってしまう、、、
庶民派チームのリーダー五十嵐純子(安田成美)や部下加藤(伊藤淳史)と共に解決の為に頑張る様子が、とても楽しかったです(*⌒▽⌒*)b
そのほか光石研、でんでん、笹野高史、塩見三省、筒井道隆、更に立川談志といった男優の脇役陣も皆さん楽しませてくれます。
コーラス隊も、由紀さおり、片桐はいり、藤田弓子、根岸季衣、平澤由美(舞台『ミス・サイゴン』のジジ役)や猫背椿(劇団・大人計画)など、かなり個性的でした。
始まりはまるでヤル気のない公務員だった飯塚主任(小林薫)が、このトラブルを通して変わって行くのが、見所です。(でも変わったようで本質的にはあまり変わっていないのが、面白かったかな)
頼んだ出前の注文が間違っていたら、「ちょっとお兄ちゃん、これタンメンじゃない。頼んだのはラーメンだよ。そりゃ同じ麺類だけど、ラーメンとタンメン、全然違うじゃん」などと自分のミスを棚に上げて怒るも、お詫びに餃子を持って来た店の娘の話に、ホロリとさせられます。
とても真面目だと思っていたら、案外おちゃめなリーダー五十嵐純子(安田成美)と金魚を盗みに行くのも可笑しかったです(^o^)
エンディングテーマは、クレイジーケンバンドが唄う「あの鐘を鳴らすのはあなた」でしたが、やはりタイトルであるベートーヴェンの「歓喜の歌」(交響曲第九番・第4楽章)の合唱で終わった方が良かったかなと思いました。
それと残念なのは、大晦日のお話なのに、公開が来年の2月だそうです、、、
楽しくて、ホロリとさせられる暖かい気持ちになれる映画でした。
オススメ出来る作品です。
点数は、85点です。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(28件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「歓喜の歌」試写会
暮れも押し迫った12月30日。みたま市の文化会館の飯塚主任は、「みたまレディース ...続きを見る
Cafe それいゆ
2007/12/23 23:24
映画 「歓喜の歌」
映画 「歓喜の歌」 を観ました。 ...続きを見る
ようこそMr.G
2007/12/24 00:26
映画「歓喜の歌」を完成披露試写会にて鑑賞。
 15日、渋谷C.C.レモンホールにて「歓喜の歌」の完成披露試写会に参加した。 幅広い客層で客入りはほぼ満席。見やすい席の多くが関係者席が占領していて、一般のお客さんを蔑ろにしている。 舞台挨拶の話 映画に出演したママさんコーラス隊により、ベートーヴェン... ...続きを見る
masalaの辛口映画館
2007/12/24 00:31
口が独りでに…(映画/試写会:歓喜の歌)
やっぱり歌っていいなぁ、と思わせてくれる映画を観ました。いやいや、ミュージカルではなく、ママさんコーラスの映画です。『歓喜の歌』完成披露試写会に行って参りました。 ...続きを見る
美味!な日々
2007/12/24 02:41
感想/歓喜の歌(試写)
応援したくなるんだよね、こういうのさ。『歓喜の歌』2月2日公開。年の暮れも押し迫った12月30日のとある市民文化ホール。大晦日には、「みたま町コーラスガールズ」のコンサート予定が入ってて…、え、なに、ガールズじゃなくて「みたまレディースコーラス」? 違うよ、ガールズって書いてあるよ、ってなに、これもしかしてダブルブッキング!? もう明日だってのにどうすりゃいんだよ…。。 映画『歓喜の歌』公式サイト ...続きを見る
EDITOREAL
2007/12/26 00:16
歓喜の歌(ネタバレ)
歓喜の歌 (2007) Director : 松岡錠司 Cast : 小林薫, 安田成美, 伊藤淳史, 由紀さおり, 浅田美代子 Genre : Comedy / Drama Company : シネカノンA-Line 参考リンク → CINEMA TOPICS ONLINE / allsinema online 『歓喜の歌』公式サイト ...続きを見る
RE:ねこのうたたね
2007/12/27 14:03
「歓喜の歌」試写会に行ってきました。
こんにちわ。 白川です{/face_yaho/} 今日の寄居は最高気温6℃の寒い1日です{/cloud_sim/} ...続きを見る
働くみんなの応援団!寄居町商工会ブログ
2008/01/21 17:39
電車男
映画の「電車男」は、山田君が格好良すぎて 電車男のイメージが素敵に表現されていました。 ...続きを見る
グランマニエ 王子様,歓喜の歌舞台挨拶試...
2008/01/23 09:47
歓喜の歌
パン切り包丁にも使える? 富士通の極薄防水携帯電話『F705i』(WIRED VISION) - goo ニュース ...続きを見る
労組書記長社労士のブログ
2008/01/24 12:53
『歓喜の歌』
-----これって、ベートーベンの「第九」のこと? 「うん。『第九』って日本では いつしか大晦日恒例の行事になったよね。 1984年には大阪で『一万人の第九』コンサートが開かれ、 その頃から、参加者がグッと増えたみたい。 歌の内容としても、新しい年を迎えるのにふさわしいしね」 -----でも、そんなに増えちゃうと、 会場を押さえるのが難しそう。 「そういうこと。 この映画では、まさにそれがきっかけとなって 物語が進んでゆく。 市の文化会館の主任が セレブな本格派の『みたまレディースコーラス』と ... ...続きを見る
ラムの大通り
2008/01/26 21:57
映画 『歓喜の歌』
  ☆公式サイト☆人気落語家、立川志の輔の同名落語を、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の松岡錠司監督が映画化したヒューマンドラマ。大晦日の市民ホールを舞台に、紛らわしい名前のママさんコーラスグループをダブルブッキングしてしまったことから起こる騒動を描く。文化会館で働く飯塚主任(小林薫)は、似た名前の2つのコーラスグループを聞き違え、大晦日のコンサートホールをダブルブッキングしてしまう。双方に掛け合うものの、どちらも一歩も譲らず大問題に発展。“事なかれ主義”で生きてきた飯塚だったが、2... ...続きを見る
きららのきらきら生活
2008/01/29 22:53
歓喜の歌(2007年)
大晦日のママさんコーラスグループのコンサートがダブルブックされていた・・・と言うシチュエーションを描いたドタバタ劇の映画化。元々は、立川志の輔の新作落語。落語は、その時代時代の風刺や庶民の生活を描いたものなのですが、こう言う現代の市民生活も落語になるんですね。ミュージカルも映画になるんですから、落語も映画になっていいわけですね(笑)。 ...続きを見る
勝手に映画評
2008/02/02 16:35
『歓喜の歌』・・・試写会
落語家・立川志の輔さんの傑作落語「歓喜の歌」の映画化。 なんだか、近頃、落語がブームですね。 ...続きを見る
映画館で観ましょ♪
2008/02/03 09:14
歓喜の歌@映画
先日落語をきいたばかりで、今度は落語が原作の映画。 これも何かの縁。 ...続きを見る
徒然なるサムディ
2008/02/03 12:50
歓喜の歌 【称号:佳作】
町の文化会館に勤める飯塚は、明日の大晦日のコンサートに、まぎらわしい名前のママさ ...続きを見る
映画細胞〜CinemaCell
2008/02/05 08:00
「歓喜の歌」いい加減主任がお詫びの餃子で纏めた喜劇の合唱コーラス
「歓喜の歌」は12月30日とあるみたま町を舞台に文化会館のコンサート予約でブッキングした女性コーラスグループ2組と不手際を犯した文化会館の支配人が大晦日までに繰り広げられるドタバタ振りとコンサートまでを描いたストーリーである。内容は不手際から始まった奇跡の大... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2008/02/05 23:44
歓喜の歌
立川志の輔の落語を映画化。 ...続きを見る
花ごよみ
2008/02/07 10:58
女は強いが、男は・・・。『歓喜の歌』
人気落語家、立川志の輔の同名落語を実写版映画化した作品です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2008/02/08 10:29
『歓喜の歌』:うーむ、ユルさの原因は・・・:Myムービー掲載
落語ブームもここまで来たか!って感じのノリで、立川志の輔の創作落語が映画化である。 古典落語の本歌取りは、最近の『てれすこ』をはじめ数々あるが、創作落語の映画化というと、えーと、桂三枝の『ゴルフ夜明け前』ぐらいしか思いつかない。 なので、期待と不安と相半ばという気持ちで初日に出かけました(レビューアップはちょっと日が経ってますが)。 ...続きを見る
りゃんひさのMyBlog:映画レビューな...
2008/02/09 00:44
「歓喜の歌」(日本 2007年)
その場限りで成り行き任せのダメ公務員が過ごした 年の瀬の悪夢と奇跡の二日間?ヾ(゚ー゚ヾ)^?。。。ン?・・・「歓喜の歌」 ...続きを見る
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の...
2008/02/11 16:34
歓喜の歌
土曜日はイオン下田で「KIDS」を観ましたが、日曜日も<a href="http://minkara.carview.co.jp/userid/122479/spot ...続きを見る
欧風
2008/02/11 23:48
【2008-23】歓喜の歌
人気ブログランキングの順位は? ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2008/02/12 23:55
歓喜の歌
 日本  コメディ&音楽&ドラマ  監督:松岡錠司  出演:小林薫      安田成美      伊藤淳史      由紀さおり ...続きを見る
江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽
2008/02/23 23:45
「歓喜の歌」 ダメダメ男としっかり女
予告の「餃子ですよ、餃子」という台詞が気になって観に行ってきました。 原作は立川 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2008/03/01 23:12
歓喜の歌 観てきました。
 ブログ仲間BIGLOBE平主任ブログさんのお名前は飯塚さん。しかも主任さんです。飯塚主任と言えばこの映画、歓喜の歌です。なんてったてこの映画の主人公は飯塚主任なんですから。  と言うわけで、どんな映画かも知らずに、主人公の名前だけで観に行くことに決めました。 ...続きを見る
よしなしごと
2008/03/02 15:37
『歓喜の歌』
□作品オフィシャルサイト 「歓喜の歌」□監督・脚本 松岡錠司 □原作 立川志の輔 □キャスト 小林薫、伊藤淳史、由紀さおり、浅田美代子、安田成美、藤田弓子、田中哲司、根岸季衣、光石研、筒井道隆、笹野高史、塩見三省、渡辺美佐子、斎藤洋介、片桐はいり、でんでん、猫背椿、安田祥子■鑑賞日 2月25日(月)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> しっかり泣かせどころを知ってると思ったら、、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』で復活の兆しを見せた松岡錠司監督... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2008/03/06 21:35
『歓喜の歌』
歓喜の歌 町の文化会館のホール 大晦日の利用予約が 2つのコーラスグループでダブルブッキング。 双方が譲らず、開催日が迫る... ...続きを見る
『映画な日々』 cinema-days
2009/03/17 02:42
toms shoes
歓喜の歌舞台挨拶試写会 アートの片隅で/ウェブリブログ ...続きを見る
toms shoes
2013/04/22 10:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして!!
トラックバックありがとうございました。
試写会好きなので、こちらの記事楽しく読ませていただきました。
こうやってキチンと書かれた文章を読むと「そう、そう。」とあの日のことがよみがえってきました。
また、お邪魔します。
nori
2008/01/22 11:40
noriさん、こんにちは(^o^)
読んで頂いて、どうもありがとうございます。
楽しい映画&舞台挨拶でしたね♪♪
これからもよろしくお願い致します。
フリーダ
2008/01/27 21:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
歓喜の歌舞台挨拶試写会 アートの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる