アートの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 恐れを知らぬ川上音二郎一座

<<   作成日時 : 2007/12/29 17:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 10

「恐れを知らぬ川上音二郎一座」という舞台を妻と一緒に見て来ました。
夫婦揃って大好きな三谷幸喜作演出の舞台です。
芸術座が新しくなり、シアタークリエとしてのこけら落とし公演でした。
発売初日に完売したというチケットでしたが、ラッキーにも手に入りました。

まずは幕が上がる前に堺正章による口上で始まります。
明治32年(1899年)、アメリカ・ボストンのトレモント劇場で、川上音二郎率いる一座が『ヴェニスの商人』を上演したという本当のお話です。
言葉の通じない異国での巡業、弁護士には売上金を持ち逃げされ、座員には音二郎(ユースケサンタマリア)への不満が渦巻き、その大半が出演をボイコットしてしまう、、、
なんと音二郎は、日本語で『ヴェニスの商人』を演じると言い出した。
観客には日本語が分からないから、セリフに詰まったら「スチャラカポコポコ」と話せば良いというハチャメチャなお話です。

芝居好きな駐米公使・小村寿太郎(小林隆)が自ら出演したいと言い出したので、断りきれない音二郎が、アントーニオの役を与えるが、アントーニオ役は唯一まともな役者・飯尾(今井朋彦)に決まっていて、二人でダブルキャストならぬダブルで演ずることになる羽目になってしまう、、、
そんな適当な音二郎に振り回されて、苦悩する脚本担当・伊達(堺雅人)は、音二郎の妻・貞(常盤貴子)を密かに慕っていた。
「なんだかねぇ」が口癖の女形役者・蔵人(浅野和之)
津軽弁を話す・付き人カメ(堀内敬子)
実は逃亡犯の熊吉(阿南健治)
音二郎のパトロンのホイットモア夫人 (瀬戸カトリーヌ )
音二郎を愛する助川タエ ( 戸田恵子 )
独りで何役も掛け持つ甲本与之助 ( 堺正章 )

3時間笑いっ放しのとても楽しいお芝居でした。
特に瀬戸カトリーヌの弾けた演技は、予想していなかっただけに笑わされました。
小林隆、今井朋彦、堺雅人、浅野和之、阿南健治、戸田恵子は、想像通りの素晴しい演技でした。
堺正章は、年齢を感じさせない立ち回りで、芸達者振りを存分に見せてくれました。
常盤貴子は、美しいだけで充分ですね〜(o^0^)o♪
でも、堺正章と常盤貴子のふたりは、舞台役者の方々に比べると、声が通らなかったですね(≧◯≦)ゞ
ユースケは、不思議な魅力を持っていますよね。
芝居自体は、上手くはないけれども、なんだかんだと映画も舞台も主役をこなしてしまいます。「キサラギ」も良かったですしね(^o^)
三谷幸喜らしいドタバタコメディでした。
大いに笑わせて頂きましたが、正直な所、イマイチでした、、、
ちょっと期待し過ぎていたのかも知れませんが、、、
心に残る物が何も無かったなぁ、、、
「あ〜おもしろかったぁ」、、、それだけって感じかな(o´ω`o)
舞台を直接観た訳ではなく、ゲキシネというスクリーンで観た劇団☆新感線の「朧の森に棲む鬼」の印象が未だに強く残っています。

来年は、三谷幸喜の映画が公開されるので、今から楽しみです(^o^)



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
恐れを知らぬ川上音二郎一座
日比谷にオープンした「シアタークリエ」のこけら落とし☆三谷幸喜作・演出の「恐れを知らぬ川上音二郎一座」を観劇。全日満員御礼!!!会場の前には当日のキャンセル待ちにも長蛇の列。キャンセルがなければ見られない可能性も高いのに・・それでも並んでいるわけです。... ...続きを見る
帰ってきた二次元に愛をこめて☆
2007/12/29 18:03
「恐れを知らぬ川上音二郎一座」
はい、てなわけで、新しくオープンした劇場シアタークリエのこけら落とし 三谷幸喜作演出による「恐れを知らぬ川上音二郎一座」を観て参りました〜。 ...続きを見る
またり、すばるくん。
2007/12/29 20:27
『恐れを知らぬ川上音二郎一座』@シアタークリエ(12/14)
作・演出:三谷幸喜 出演:ユースケ・サンタマリア、常盤貴子、堺正章、戸田恵子、堺雅人、浅野和之、今井朋彦(消臭プラグの殿)、堀内敬子、阿南健治、小林隆、瀬戸カトリーヌ、新納慎也、小原雅人ほか『恐れを知らぬ川上音二郎一座』を見に行った。音次郎ではない(爆).... ...続きを見る
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
2007/12/29 22:27
『恐れを知らぬ川上音二郎一座』
一度はチェキしようシリーズ第四弾−三谷幸喜の舞台。 新作にして、シアタークリエのこけら落とし、鳴り物入りの宣伝で満員御礼のこの作品を選びました。 三谷幸喜は新聞での連載で、主役の2人(ユースケ・サンタマリアと常盤貴子)が舞台慣れしていないので、脇は戸田恵子、堺正章らでしっかり固めた、というようなことを書いていた。舞台慣れしていないといっても、そこはユースケ・サンタマリアと常盤貴子なんだからそこまで心配することもないだろうに、と、思ったのだが、実際観てみると、うーん、確かに舞台では今ひとつ。 ... ...続きを見る
ペンギンはブログを見ない
2007/12/29 23:54
こけら落とし(舞台:恐れを知らない川上音二郎一座)
シアタークリエ&#26478;落とし公演、三谷幸喜作・演出の『恐れを知らない川上音二郎一座』を観ました。終始笑いの絶えないお芝居で、3時間半があっという間。めちゃめちゃ楽しかったです。 ...続きを見る
美味!な日々
2007/12/30 00:04
恐れを知らぬ川上音二郎一座
[[attached(1,center)]] ...続きを見る
備忘録的な
2007/12/30 04:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
>心に残る物が何も無かったなぁ、、、
>「あ〜おもしろかったぁ」、、、それだけって感じかな(o´ω`o)
ドモッ(ёдё)ノ"
まんまとハマりましたね(笑)
三谷幸喜が目指しているのは、「劇場から駅に向かうまでの間に、何を観たか忘れてしまうけど、満足感が残るもの」ですから。
あんぱんち
2007/12/29 22:25
あんぱんちさん、コメントを頂きまして、どうもありがとうございます。
三谷幸喜が目指しているのは、そういうものだったのかぁ、、、
まんまとハマってしまいましたぁ(^o^)
フリーダ
2007/12/30 10:04
フリーダさん♪ コメントありがとうございました。
お名刺いただいた続のほほんです(*^_^*)。
今、無料映画チケットを持っていて
何を観ようか検討中なんです♪
色々とすごく参考になりました。
面白い舞台も観にいきたいな(*^_^*)
最近舞台のアタリがなくて。
続のほほん
2007/12/30 22:51
続のほほんさん、こんにちはぁ(^o^)
少しでも参考にして頂ければ、嬉しいです。
これからもよろしくお願い致します。
フリーダ
2007/12/31 10:57
こんにちは!先日はブロガーサミットで名刺を頂きありがとうございました。
私は名刺がなかったので大変失礼しました^^;
映画のレビューが素晴らしいですね!
私は今年26本鑑賞できました。
中々試写会には行けないので(無料でも行くまで交通費がかかります)
レディースデーにこだわって時間を見つけていきました(笑)
記事にはさらっとしか感想も書いていませんが
映画を観ることの楽しさをこの2年くらい前に覚えました。
来年はもっと観に行きたいと思います〜
レビュー記事を参考にさせて頂きますね(*^_^*)
2008年もよろしくお願いいたします。
・*senses*・
2007/12/31 12:14
フリーダさん、こんにちは♪
名刺交換していただいたラスカルです。
先日は遊びに来て下さってありがとうございました。

フリーダさんは映画やお芝居を沢山御覧になられているのですね。
私も映画は好きですが2007年は試写会を入れても15本程度しか観ていません(汗)
これからレビューを参考にさせていただきたいと思いマス。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします♪
ラスカル
2007/12/31 15:24
はじめまして。ブロガーサミットに参加していたんですね。おいらも参加してました。ウェブリの人少なかったので。他にもウェブリの人いました?
けい
2008/01/04 09:46
・*senses*・さん、こんにちは(^o^)
>無料でも行くまで交通費がかかります
確かにそうなんですよねぇ、、、
息子や妻と一緒に行くと、夕食も外食になったりして、余計にお金が掛かっていますね(≧◯≦)ゞ
また遊びに来て下さいね〜(o^0^)o♪
フリーダ
2008/01/05 14:46
ラスカルさん、こんにちは(^o^)
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします♪
フリーダ
2008/01/05 14:47
けいさん、こんにちは(^o^)
ブロガーサミットに、確かにウェブリの人はあまりいなかったですねぇ、、、
フリーダ
2008/01/05 14:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
恐れを知らぬ川上音二郎一座 アートの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる