アートの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS さよなら。いつかわかること

<<   作成日時 : 2008/04/22 19:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 2

「さよなら。いつかわかること」の試写会に行って来ました。
戦争をテーマにしているので、重い暗い映画なのかと思っていたら、結構楽しい映画で、観れて良かったと思える映画でした。
こういう出会いがあるのが、試写会の良い所ですね(^o^)

シカゴのホームセンターで働くスタンレー(ジョン・キューザック)は、12歳の長女・ハイディと、8歳の次女・ドーンと暮らしている。
妻は陸軍の軍曹としてイラクに単身赴任しているのだ。
母親を心配してこっそり戦争のニュースを見るハイディと、毎日同じ時間に互いのことを想うという母親との約束を守るドーン、、、
二人の娘は母親を恋しがり、父親とはぎこちない生活を送っていた。
そんなある朝突然、スタンレーの元に、軍からの使者が訪れる。
「妻のグレイスが戦死した」と、、、、
突然の訃報に悲しみ、そしてその事を娘達にどう告げるか悩んでしまう、、、
学校から帰宅した娘達に母親の訃報を告げようとするが、言い出せずに誤摩化す為に外食に連れ出す。
それでもやはり告げる事が出来ないスタンレーは、突然フロリダの遊園地へ行こうと提案する。
それを無邪気に喜ぶドーンと父親の不審な行動に疑問を持ちながらも喜ぶハイディ。
(長女・ハイディが、美人で聡明だけれども子供っぽさも残していて、とても良いです。次女・ドーンも天真爛漫で無邪気な笑顔がとても可愛らしいのです)
シカゴからフロリダへの車の旅が始まった、、、
荒れ地での乱暴な運転にはしゃぐ子供達、ホテルに泊まってプールで遊び、ショッピングセンターで耳にピアスの穴を開けたりと旅を楽しんでいたのだが、、、、
誰もいない自宅に電話を掛けるスタンレー、、、留守番電話の応答メッセージは妻の声だった、、、届く筈の無い妻へ話し掛けるのだった、、、
夜中ひとりで部屋を抜け出すハイディ、、、実は母親が恋しくて、以前から眠れずに深夜徘徊をしていたのだった、、、
目を覚ますとハイディが居ない事に気付いたスタンレーが外へ出てみると、ハイディは少年から貰ったタバコを吸っていたのだった、、、
その後のふたりのシーンがとても良いです。
一緒にタバコを吸おうとするのですが、先に吸ったスタンレーが激しくむせ返ってしまいます。
それを心配するハイディは、タバコを吸うどころでは無くなってしまうのですが、タバコを消す前にしっかりもう一服するのです、、、(説教ではなくお芝居でタバコを吸わせなかったのが、なんか良い感じでした)
ショッピングセンターで他の子供と母親を見て、ホームシックになってしまうドーンを抱きしめるスタンレー、、、
そんな旅を続けながら、3人は心を通わせ始めて行くのだたった、、、
目的地のフロリダの遊園地に到着し遊び回った後、遂にスタンレーは娘達に母親の訃報を告げるのだった、、、

父親と幼いふたりの娘とのロードムービーです。
きっかけは赴任先のイラクで戦死した妻(母親)の訃報という重いテーマなのですが、とにかくこのふたりの娘達が可愛いのです。
3人のやり取りが可笑しく、微笑ましく、テーマとは相反して、楽しい映画でした。
最後に父親が母親の訃報を娘達に告げるシーンの途中で父親の台詞が聞こえなくなります。
ある意味泣かせのシーンで、敢えて台詞をカットするという演出が、心に残りました。
そのバックに流れる音楽も素敵だったのですが、クリント・イーストウッド作曲に驚きました。
「ある愛の風景」「勇者たちの戦場」など夫や父親が戦死した家族をテーマにした映画はありましたが、妻や母親が戦死するというのは初めてでした。
日本では考えられない事ですが、14%が女性兵士だというアメリカでは現実の話であるようです。
「勇者たちの戦場」では、片手を失い帰国した女性兵士(母親でした)のエピソードがありました。
妻のグレイスは、声以外姿を見せません、戦場のシーンもありません、、、、
あくまできっかけは戦死ですが、この映画のメインは旅を通して深まって行く親子の関係です。
我が家はふたり息子なんです、、、娘が欲しかったんですけどねぇ、、、でも息子達が大きくなってきて、娘じゃなくて良かったなぁと最近思います。
だって、臭いとか汚いとか言われたくないし、、、、彼氏とか出来たら悔しいし、、、w( ̄▽ ̄;)w
息子の場合は、どんな可愛い彼女を連れて来るのか楽しみになりますからね(^o^)
すぐにフラれてしまったけど、次男が連れて来た彼女は、かなり可愛かったです!!
話が逸れてしまいましたが、楽しくて心に滲みる素敵な映画でした。
単純に泣ける映画を期待して行くと、ちょっと違うかもしれませんね(>▽<)
点数は、84点です。

この記事を読んでのアンケートへの協力をお願い致します。
面白かった
参考になった
つまらなかった
どれかをクリックして下さい。
よろしくお願い致します。




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
さよなら。いつかわかること/Grace Is Gone
ジョン・キューザック出演映画にハズレなし{/atten/}ほとんど{/m_0205/} とこれまでずっと思ってたんだけど、 今回も。  例に漏れず。 ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2008/04/27 12:07
「さよなら。いつかわかること」
JUGEMテーマ:映画 ...続きを見る
ハピネス道
2008/04/27 22:49
さよなら。いつかわかること/Grace is gone
ジョン・キューザックが、シャツのズボン中入れ、ウエスト太め(←びっくり)で うろたえる"お父さん"を目一杯演じています。突然の妻の死に&... ...続きを見る
描きたいアレコレ・やや甘口
2008/05/04 23:17
さよなら。いつかわかること
突然にもたらされた妻グレイスの戦死という報せ。 スタンレーは悲しみに暮れる間もなく、この事実を幼い娘たちに伝えなければならない現実と向き合うことになる。 しかし、遠方にいる母親のことが恋しい2人の娘とのコミュニケーションがうまくいっていない彼は、なかなか切り出すことができない…。 ヒューマンドラマ。 ...続きを見る
象のロケット
2008/05/14 08:42
【2008-140】さよなら。いつかわかること
人気ブログランキングの順位は? ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2008/06/24 23:55
「さよなら。いつかわかること」(アメリカ 2007年)
家族を失った絶望から寄り添って歩き出す父娘の物語・・・Grace Is Gone。 ...続きを見る
三毛猫《sannkeneko》の飼い主の...
2008/06/28 11:25
「さよなら。いつかわかること」は、国家にはたして死を強制する...
ジョン・キューザック演じるスタンレーは最初から最後まで悲しく元気のない表情である。途中で笑ったり、はしゃいだりするシーンはあるのだが、それらは非常に作為的なもの。その理由はただひとつ。「グレース・イズ・ゴーン」である。戦争の悲劇の最大のものは愛する者を... ...続きを見る
映画と出会う・世界が変わる
2008/07/19 15:04
☆ 今年観た <優しい映画> ヨーロッパ編 ☆
こんにちは(^o^)789junです。 ...続きを見る
エンタメ・エールBlog
2008/12/23 15:20
幸福の黄色いリボン
脚本をも担当したジェームズ・C・ストラウスは、主人公のスタンレー・フィリップスを誕生させるにあたって、ひとりの俳優を念頭においていたとのことだ。ジョン・キューザックだ。彼はその期待に十分に応えた。見事な演技だ。ジョン・キューザックの素晴らしさは折り紙付きだが、私はハイディ役のシェラン・オキーフに注目した。イイ! 今後の活躍に期待したい。ただ、今の美しさが消えてしまうのではないか、という一点が心配でならない。子役は長じて不細工になることが珍しくないから。 ...続きを見る
MESCALINE DRIVE
2009/06/06 12:37
toms shoes
I like this web blog very much, Its a rattling nice situation to read and obtain info . “‘Taint’t worthwhile to wear a day all out before it comes.” by Sarah Orne Jewett. ...続きを見る
toms shoes
2013/04/20 08:29
sac louis vuitton
Interesting articles on information like this is a great find. It’s like finding a treasure. I appreciate how you express your many points and share in your views. Thank you. ...続きを見る
sac louis vuitton
2013/04/20 08:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>この映画のメインは旅を通して深まって行く親子の関係です。
そうですよね!最初はあんなに気まずい食卓だったのに、最後にはお互いの絆が深まっていましたから。2人の娘、可愛かったです

私も2人の息子がいるんですが、娘が欲しかったですね〜、たはは。ジャニーズのコンサートやテニミュや乙女ロードとか、ダシにして一緒に行けるじゃありませんか(笑)
あん
2008/05/04 23:16
あんさん、こんにちは(^o^)
う〜ん、さすがに息子ではジャニーズのコンサートに一緒に行ってくれませんよねぇ、、、
フリーダ
2008/05/06 10:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
さよなら。いつかわかること アートの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる