アートの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 闘茶〜Tea Fight〜

<<   作成日時 : 2008/07/08 13:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 0

「闘茶〜Tea Fight〜」の試写会で草月会館に行って来ました。
この日は「ゲゲゲの鬼太郎」の舞台挨拶試写会にも誘われていたのだけれど、興味のあったこちらの映画を優先しました。
が、しかし、、、、失敗したかも、、、w( ̄▽ ̄;)w
雄黒金茶と雌黒金茶の呪いの歴史をアニメで紹介されます。
日本から八木という男がお茶を学びに中国を訪れていた時に事件が起こります。
雌黒金茶の一族の村を訪れた雄黒金茶の一族は、どちらが美味いか「闘茶」を挑みます。
判定に不服だった雄黒金茶の一族は、雌黒金茶の一族の村を焼き払い、雌黒金茶を絶滅させてしまう。
しかし、その時両方のお茶を混ぜて飲んだ少年が龍へと変身してしまった、、、、
小さな芽を見つけた八木はそれを日本に持ち帰ったのだった、、、

京都「八木茶舗」の主人八木圭(香川照之)は、「黒金茶の呪い」から妻を亡くしてしまい、お茶の商売も辞めてしまっていたのだが、娘の美希子(戸田恵梨香)は他のお茶屋で修行していた。
美希子は更にお茶を学ぶため台湾に留学しようと考えていたのだが、「お茶に関わると災いが起きる」と父親の圭は大反対する。
しかし美希子は、ネットで知り合った楊(ヴィック・チョウ)の誘いで、ひとり台湾に向かう。
楊は実はマフィアのボスであり、雄黒金茶の子孫だったのだ、、、狙いは八木家子孫の美希子が持つ雌黒金茶。
若かりし楊が恋したルーファ(ニン・チャン)が雌黒金茶一族の子孫だった為、ふたりは別々の運命を辿る事に、、、そして楊は、マフィアのボスになったのだった、、、
美希子を追って台湾にやって来た圭は、偶然にもそのルーファと出会うのだった。
やがて出会う4人の男女、雌黒金茶をめぐっての争いは、「闘茶」で決着を付ける事に、、、

主演香川照之という事で期待していたのですが、かなりがっかりする内容でした。
ストーリーはマンガの様な展開です。
それがコメディとして面白ければ良いのですが、ちっとも面白くありません(>▽<)
中国人監督の王也民(ワン・イェミン)の演出に問題があるのでしょう。
コメディとしては中途半端だし、「闘茶」のシーンの緊迫感も足りないし、人間関係も浅い感じで、何もかもが物足りない感じでした。
久々に大ハズレの映画に当たってしまった感じです。
点数は、50点です(甘いかなぁ、、、とりあえず今年最低です)

この記事を読んでのアンケートへの協力をお願い致します。
この映画が観たくなった
参考になった
つまらなかった
どれかをクリックして下さい。
よろしくお願い致します。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
闘茶 Tea Fight
京都の老舗茶屋の主人・八木は、妻の死が先祖代々伝わる「黒金茶の呪い」のせいだと脅え、店も開店休業状態。 娘の美希子は父親に早く立ち直って欲しいと願い、呪いを解くため台湾へ飛ぶ。 台湾では闇の茶市場を牛耳る若き天才茶人ヤンと美女ルーファが、八木家に伝わる「雌黒金茶」を狙っていた…。 伝説の銘茶に隠された謎とは? サスペンス。 ...続きを見る
象のロケット
2008/07/08 23:01
「闘茶 Tea Fight」試写会行きました。
昨日、ツタヤでDVDを借りてほくほく。。 そろそろ映画観れるようになってきた! 火曜日は試写会に行ってきました。 タイトルに惹かれ、お茶・・・・闘う・・・・なんか、 渋い?・・・・・良いかも・・・・と思って応募したのでした。 実は舞台挨拶つきのが当たったのに、その回のは人があふれ 観れず・・・・(大量の人があふれた、ありえない) 代わりの回の試写はがきを渡されて、再度行きました。 友達も連れていけたから、まあ良かったか・・。 ...続きを見る
ふるふる好楽
2008/07/09 01:01
「闘茶 tea fight」 自己との闘いが浅い
実はけっこう楽しみにしていた作品。 料理を題材にして対決する物語は漫画やアニメ、 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2008/07/13 08:30
闘茶 tea fight
監督: ワン・イエミン キャスト 八木圭☆香川照之 美希子☆戸田恵梨香 ヤン☆ヴィック・チョウ ルーファ☆ニン・チャン 細田よしひこ ほんこん 藤田陽子 お茶の神☆エリック・ツァン 他 【ストーリー】 京都で何代も続く老舗茶屋の主人・八木圭(香川照之)は、先祖代々伝わる「黒金茶の呪い」を信じ込んでしまい、茶屋の経営もままならない。心配する一人娘の美希子(戸田恵梨香)は呪いを解く方法を見つけ、“雄黒金茶”を求め単身台湾へと向かう。同じころ、台湾の闇... ...続きを見る
あーうぃ だにぇっと
2008/07/23 17:16
闘茶〜teafight〜
なんかねー、もう少しおバカ映画かとおもって観にいったんだけど。。。香川照之の演技って、どうしても「ゆれる」を思い出しちゃうんだよね。なんかシリアスっぽいっていうか、あっけらかんとした明るさがない!戸田江梨香ももう少し演技を頑張ってほしいわぁ。特に台北編... ...続きを見る
まてぃの徒然映画+雑記
2008/07/24 21:12
闘茶
闘茶HP http://www.tea-fight.com/index_pc.html ...続きを見る
Art- Mill  あー...
2008/08/08 07:35
【2008-193】闘茶 tea fight
人気ブログランキングの順位は? ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2008/09/03 23:05
闘茶
幸せになれる幻のお茶を求めて、京都から台湾へ・・・。茶に心を奪われた人々の物語。 中国、福建省で生まれた“闘茶“。参加者それぞれが無数の種類の茶葉を持ち寄り、その抽出法、風味、さらに様式美、精神性などを競い合う。勝者は仙人のような栄光を得るものの、敗者... ...続きを見る
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2008/09/14 09:57
闘茶■監督は何と闘ったのか?
冒頭の雄黒金茶と雌黒金茶との闘茶にまつわる伝説をアニメで描いた部分は非常に素晴らしく、そこから現代この伝説が甦る伝奇ものになるのかと期待をしたら、自暴自棄になった男の再生ドラマになったり、ラブコメになったりで話が進むほどに冒頭の伝説から離れていき、あっ... ...続きを見る
映画と出会う・世界が変わる
2008/11/29 14:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
闘茶〜Tea Fight〜 アートの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる