めがね舞台挨拶試写会

「めがね」舞台挨拶試写会に行って来ました。
舞台挨拶には主演の小林聡美をはじめ、もたいまさこ、加瀬亮、市川実日子、監督の荻上直子の5人が、劇中で使用していた眼鏡をかけて登壇しました。
小林聡美は、第一声が「みなさん、当選おめでとうございます」と笑わせてくれました。
もたいまさこは常にめがねですが、小林聡美も普段はめがねをよく掛けるそうです。
そういえば、めがねの違和感がまるでありません。なんか自然です。
「印象的な台詞は?」という質問に対して皆さん揃って、「もたいさんの、台詞と演技」だと答えていました。
特に小林聡美は「もたいさんは、ほとんど台詞は無いのに、たまにしゃべると、それがとても素敵な言葉なんですよ」と話していました。
まぁ舞台挨拶でいつも思う事ですが、「上映前なのであまり話せない」という答えになってしまう事が、とても残念です。

小林聡美/もたいまさこ/市川実日子の3人は、なんだか普段の感じというかイメージしているそのまんまという感じで、とてもほのぼのとした雰囲気でした。
マイクの数が足りなかったので、マイクを渡し合ったり、譲り合ったりしている仕草がとても可愛くて、普段の3人の雰囲気が感じられて楽しかったです。
荻上監督は「台詞もさることながら、台詞がないところの空気感も良く、そこが好きな部分です」と話されていました。
実は、観賞後に食事をしてお店を出たら、なんと荻上監督に出会ってしまいました。
最初に気づいた妻が興奮して、「ええっ、あれって監督さんじゃない?洋服が一緒だし、めがねは掛けていないけど、きっとそうだよ!」
私「じゃ本人に聞いてみれば?」
妻「すみません、あの~めがねの監督さんですかぁ?」(名前忘れてるし、、、)
荻上監督「あっ、はい、そうです」
妻「わぁ、嬉しい、どうしよう」(どうしようって、言われてもねぇ、、、)
妻「凄く素敵な映画でした」
荻上監督「はい、どうもありがとうございます」
妻&私「次の作品も楽しみにしています」
とてもシャイな方で、突然声を掛けて困らせてしまいました。
それなのに握手までして頂いて、どうもありがとうございました。
妻「もしかして、あのお店の中に小林聡美さん達も居たのかなぁ?」
私「どうだろうねぇ、監督とスタッフだけかもよ」
妻「あ~ん、嬉しいけど、悔しい小林聡美さんにも合いたかったぁ」
私「おいおい、そりゃ失礼だろ」
妻「うん、いや、監督さんに会えて凄く嬉しいんだけど、もしかしてそこに小林聡美さん達も居たのかと思うとね、、、」
まったく欲深い奴ですw( ̄O ̄)w

さてこの映画のキーワードは「黄昏れる」です。
どんな時に黄昏れるかとの質問に対して小林聡美は、「散歩をしていて空の雲を見つめてボーッと黄昏れたりします」
もたいさんは「私はずーっとたそがれているような……」と笑わせてくれました。
そんなこんなで、いつもの様に写真撮影ですが、今回は入場時に配られためがねを掛けている観客をバックにしての撮影です。
でもね、ステージの上では意味ないですよ、、、、客席の通路に並んでくれなければ角度から観客がほとんど写らないでしょう(*´Д`*)
案の定、どのニュース映像もほんの一部の観客しか写っていませんでした。
同じイベントに関わる仕事をしていると、こういう事が気になってしまいます、、、、

南の島にやって来たサクラ(もたいまさこ)。彼女が訪れるのを宿の主人・ユージ(光石研)とハルナ(市川実日子)は待ち焦がれていたのだ。
その後にやって来た旅行客のタエコ(小林聡美)は、そっけない態度の光石研にあきれてしまう。食事はいつもみんなと一緒でどうにも落ち着かない、朝目が覚めるとサクラさんが枕元に座っていて驚かされる、観光する所なんて無いと言わてしまう、、、、
この島でする事、、、それは黄昏れる事、、、
耐えきれずに別の宿に移ってみるものの、そこは共同で農作業をする宿だった、、、即刻退去するが、徒歩の為、途中で疲れ果ててしまっていた、、、そこへ自転車で現れたのはサクラさん、、、自転車の後ろに載せて貰うタエコ、、、(この時重たい荷物を持って行こうとするタエコにたいするサクラさんの厳しい顔が印象的でした。この時をきっかけにタエコは、心の荷物も降ろせた様な気がします)
徐々に島の生活に馴染んで行くタエコ、、、一緒にする食事も楽しくなり、朝のメルシー体操、
苦手なかき氷、黄昏れる瞬間、、、

映画の中に流れる風が心地よく、今すぐどこかへ行って黄昏れてみたくなります。
「天然コケッコー」も特別な事が起こる訳でもなく、ほんわかとした雰囲気が素敵な映画でしたが、この映画はもっと何も起こりません(^o^)
だけれども、それがとても素敵な雰囲気なのです。
妻は、「久々に良い映画に出会った」と大満足でした。
あっ、それから、この映画はお腹を空かせて観るのは危険ですよ~Y(≧σ≦)Y!!

点数は、85点です。

この記事へのコメント

fusakota
2007年09月16日 22:49
blog訪問ありがとうございます。わたしのみた「めがね」試写会は、ケーブルテレビJCOMのチャンネルNECOと日活がやったもので、そこでわたしは簡単なMCをやりました。いい映画でしたね。空きっ腹では観れない、同感です。
2007年09月17日 09:20
fusakotaさん、コメントを頂きましてどうもありがとうございます。
MCですか、、、なんか凄い方からコメントを頂いてしまって、良いのかなぁ、、、
また、何かの機会があったら、よろしくお願い致します。
あん
2007年09月29日 23:37
あっ、フリーダ様『キングダム』の試写会のチケット、譲って頂けるなんてコメントがあって!ごめんなさい!気付いてなくて、申し訳ありませんでした。今回は行けませんが、お気持ちありがとうございます。

『めがね』は、より贅肉を落として作られた感じでしたね。
沖縄の辺のかき氷(氷ぜんざい?)って、あんな感じですよね。
海と美味しい食べ物と感じのいい人たちが居て、ボーとする...疲れが取れますね~。
荻上監督にお会いされたんですか?スゴいです!
そうそう、そしたら小林さんにも、もたいさんにも会いたいですよね。
他のレビューを拝見しても、奥様と息子さんの感想のセンス、素敵です~。

2007年09月30日 09:33
こんにちはあんさん、妻は「めがね」を観て以来、他の映画を観てもイマイチに感じてしまうくらい「めがね」が気に入っています。
そのうちメルシー体操でも始めるような、、、(^o^)
はなこ
2007年10月09日 17:27
こちらもTBエコーさせていただきます。舞台挨拶付試写会とは羨ましい。あのメンバーには会ってみたいですよ。誰でも。
私も黄昏れるのは好きですね。先日も夫と二人で山下公園のベンチに腰掛けて、2時間ばかりぼぉ~っと空と海を眺めて来たばかりです。

与論島は天気の良い日は島の城跡から沖縄本島北端の辺戸岬が見えるそうなのですが(それ位近い)、私が行った時には霞がかかって見えませんでした。与論島を含む奄美諸島は元々琉球文化圏なので、島唄に三線など沖縄と似通っていますね。

都会人だからこそ本作に非日常感を感じられるのであって、本作はしまんちゅ(島の人)には案外受けないのかもしれません。当たり前過ぎて(笑)。

そう言えば昔、中東駐在中に休暇でキプロスのリマソールというリゾート地に行った時に、3泊4日の日程でレンタカーを借りようとしたら、最低1週間以上でなければダメだと断られたことがあります。バカンスの感覚はやっぱり日本と違いますね。長期間「何もしない贅沢」って、日本人にはまだまだ難しいかな。
2007年10月10日 10:58
はなこさん、こちらにもコメントを頂きましてどうもありがとうございます。
>2時間ばかりぼぉ~っと空と海を眺めて来たばかりです。
しっかり黄昏れていますね(^o^)
うらやましいです。

この記事へのトラックバック

  • 『めがね』

    Excerpt: ----これ。『かもめ食堂』の荻上直子監督の新作と言うことで注目されてるよね? 「うん。北国フィンランドから一転して、 こんどは与論島でロケしている」 ----えっ?沖縄じゃニャいの? 「うん。そこも.. Weblog: ラムの大通り racked: 2007-09-16 21:54
  • めがね<試写会>

    Excerpt: 観てきました。 <ヤクルトホール> 監督:荻上直子 企画:霞澤花子 脚本:荻上直子 春。海辺の町の小さな空港に降りたタエコは、予約していた宿「ハマダ」へやってきた。出迎えた宿の主人の商売っ.. Weblog: お萌えば遠くに来たもんだ! racked: 2007-09-16 22:06
  • 『めがね』ほぼ日刊イトイ新聞特別試写会/イイノホール

    Excerpt: 春まだ浅き、ある晴れた日。南の島の空港に、小さな飛行機が到着する。 主人公のタエコ(小林聡美)は、手書きの地図をたよりに、大きなスーツケースを引きずって、ハマダに辿り着く。 道に迷わずに来たタエコに、.. Weblog: カエルノセカイ racked: 2007-09-17 22:19
  • 感想/めがね(試写)

    Excerpt: やっぱり海が好き! 『めがね』9月22日公開。とある南の海辺に降り立ったタエコ。宿泊先のハマダで主人のユージに迎え入れられ、翌朝、目を覚ますと枕元にいたのは謎のカキ氷名人・サクラ。一緒に朝食を食べる教.. Weblog: APRIL FOOLS racked: 2007-09-17 23:32
  • 映画:めがね 舞台挨拶付試写会

    Excerpt: めがね 舞台挨拶付試写会(テアトルタイムズスクエア) 「氷、ありますよ」 テアトルタイムズスクエアは初めてです。整理券が配布され入場順に好きな席に座れます。入場時におもちゃのめがねも配られ.. Weblog: 駒吉の日記 racked: 2007-09-18 16:28
  • 『 めがね 』

    Excerpt: 映画 『  めがね 』 [試写会鑑賞] 2007年:日本 【2007年9月22日公開】[ 上映劇場  ] 監督:荻上直子 脚本:荻上直子 【キャスト】 小林聡美 市川実日.. Weblog: やっぱり邦画好き… racked: 2007-09-22 00:56
  • 【劇場映画】 めがね

    Excerpt: ≪ストーリー≫ 春の浅い頃、タエコはとある海辺の町の空港に降り立った。大きなトランクを一つ提げて、民宿「ハマダ」に宿をとった。観光する所もない田舎町だが、ハマダの近くには不思議な人々が集っていた。毎.. Weblog: ナマケモノの穴 racked: 2007-09-22 18:55
  • 『めがね』 & 舞台挨拶

    Excerpt: 監督、脚本:萩上直子  CAST:小林聡美、もたいまさこ、光石研、市川実日子、加瀬亮 春。旅をするタエコ(小林聡美)はある海辺の宿にたどり着く。自然がいっぱいののどかな... Weblog: Sweet* Days** racked: 2007-09-22 22:42
  • めがね

    Excerpt: 南の島のたそがれは 甘い氷の味がする Weblog: 悠雅的生活 racked: 2007-09-22 22:58
  • 自分が自由になる方法。『めがね』

    Excerpt: 海辺の町にある旅館での生活を舞台にした物語です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2007-09-23 08:54
  • 映画「めがね」

    Excerpt:   梅田ガーデンシネマで本日舞台挨拶があるという事で 朝早く整理券をもらいに行ったものの既に立ち見席 みんな何時に並んでたんだろう でも立ち見でも荻上直子監督、小林聡美さん、もたいま.. Weblog: happy♪ happy♪♪ racked: 2007-09-23 20:03
  • 『めがね』観た~

    Excerpt: 喰う、寝る、ぼお~~とする...たそがれる... 『たそがれる』というのは、日常から離れて命の洗濯をするというか、ほぅ~とするというか...。 タエコ(小林聡美)も最初は理屈っぽく抵抗.. Weblog: 描きたいアレコレ・やや甘口 racked: 2007-09-29 23:39
  • 映画「めがね」

    Excerpt: 春の奄美諸島与論島、梅雨の前のこの南の島は観光客も少なく、ざわわとゆれるサトウキビ畑、エメラルドグリーンの海とマイナスイオンにα波が溢れる・・ タエコ(小林聡美)は1人旅に出て、辿り.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2007-10-06 14:37
  • めがね

    Excerpt: 舞台は前作の清く涼やかな空気のフィンランドから、一転常夏の与論島へ。 荻上直子監督・脚本、小林聡美・もたいまさこ出演の癒し系?ムービーです。 物語に特にこれといった展開はありません。 ある宿に集.. Weblog: はなこのアンテナ racked: 2007-10-09 16:43
  • めがね を観ました。

    Excerpt: 思いつきで旅は始まるけれど、永遠には続かない…。 Weblog: My Favorite Things racked: 2007-10-20 12:23
  • 私もサクラさんの氷食べたい!【メガネ】

    Excerpt: 2005年に公開された「かもめ食堂」。 シンプルなのにとても心にじ~んと響く映画 Weblog: 犬も歩けばBohにあたる! racked: 2007-10-26 17:03
  • 『めがね』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「めがね」□監督・脚本 荻上直子□キャスト 小林聡美、市川実日子、加瀬 亮、光石 研、もたいまさこ、薬師丸ひろ子、橘ユキコ、中 武吉■鑑賞日 9月24日(月)■劇場 チネチッ.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2007-10-27 11:23
  • めがね 50点(100点満点中)

    Excerpt: それは…、メガネくんだーっ!! 公式サイト 『かもめ食堂』でヒットを飛ばした荻上直子監督による最新作。 引き続き小林聡美ともたいまさこが出演しているなどから見ても、上映規模が大きくなって.. Weblog: (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ) racked: 2007-10-27 11:59
  • めがね/小林聡美、もたいまさこ

    Excerpt: 大ヒット作『かもめ食堂』の荻上直子監督の待望も超待望の最新作!!!スタッフも再結集し主演女優も小林聡美さん、もたいまさこさんを再起用、さらに市川実日子さん、加瀬亮さん、光石研さんと素晴らしい個性派俳優.. Weblog: カノンな日々 racked: 2007-10-27 18:03
  • 「めがね」たそがれ・・・?

    Excerpt: 監督 荻上直子ちょっとあらすじ 海辺の小さな町にやって来たタエコ(小林聡美)は、民宿ハマダの主人・ユージ(光石研)や謎の女性・サクラ(もたいまさこ)らに出会う。何日かを過ごしたタエコは違和感を覚え、別.. Weblog: ももたろうサブライ racked: 2007-10-27 19:04
  • めがね

    Excerpt: 「理想の食堂」の次は「究極の宿」の映画でした。 「かもめ食堂」の萩原直子監督の最新作。 前作以上になーんにも起こらない、空気感に浸れる映画で、 「かもめ食堂」が気に入った方はきっと今.. Weblog: It's a Wonderful Life racked: 2007-10-27 20:15
  • めがね

    Excerpt: めがね お見事! ^^ 荻上監督の前の作品である「かもめ食堂」は独特のまったり感があってすごく面白かった。 そして今度は「めがね」を制作したということを知りとても楽しみにして.. Weblog: ぐっち~の映画DAISUKI! racked: 2007-10-27 21:25
  • めがね

    Excerpt:  『何が自由か、知っている。 今度は5人で、南の海辺。 一瞬のようで永遠のような、 たそがれどきの物語。』  コチラの「めがね」は、昨年大ヒットし多くの方のハートをじんわり癒した「かもめ食堂」の.. Weblog: ☆彡映画鑑賞日記☆彡 racked: 2007-10-27 21:46
  • 「めがね」ゆるい非日常あります

    Excerpt: 「めがね」★★★☆ 小林聡美、もたいまさこ主演 荻上直子 監督、2007年 春先の宿泊客は3年振という民宿は、 海岸近く、風が気持ち良さそうな場所にある。 場所は明かされない.. Weblog: soramove racked: 2007-11-02 10:32
  • めがね(*^^)vたそがれるって?

    Excerpt:    何かいいねぇ~~メルシー体操音楽のリズムも最高   そしてサクラを演じるもたいまさこも、あの飄々とした雰囲気の存在感がたまらなくなんだよね。タイトルの『めがね』は皆めがねをかけて.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2007-11-14 00:21
  • めがね

    Excerpt:  これはいい。  前作『かもめ食堂』は、悪い作品ではありませんでしたが、正直いってそれほどのものかという感想でした。  しかしながらこの作品はすばらしい。前作の延長線上とはいえ、さらに深化させ完成度の.. Weblog: シネクリシェ racked: 2007-11-23 06:55
  • めがね

    Excerpt: 満ち干きに ビールでしばし たそがれん  自分がいったい本当は何を求めているのかって、意外と誰にも分からないかもしれない。万が一、本当に求めているものが目の前に現れても、おっかなびっくりやお.. Weblog: 空想俳人日記 racked: 2008-01-19 17:33
  • mini review 08287「めがね」★★★★★★☆☆☆☆

    Excerpt: 海辺の町を訪れた主人公の女性を中心に、そこで旅館を営む宿の主人、旅館に集う人々などの穏やかな人間模様をつづったヒューマンドラマ。監督の荻上直子を始め、大ヒット作『かもめ食堂』のスタッフが結集。主人公の.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2008-03-30 08:46
  • 【映画】めがね…騙されませんし萌えませんよ

    Excerpt: {/kaeru_fine/}暑いですねぇ{/ase/}{/ase/} 現在、少しならお金も暇もある週末を過ごしているピロEKですが、 …暑くて外に出る勇気がありません{/face_hekomu/} ….. Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 racked: 2008-07-27 13:54
  • 『めがね』'07・日

    Excerpt: あらすじ春の浅い頃、タエコは大きなトランクを一つ提げてとある海辺の町の空港に降り立ち、民宿「ハマダ」にやって来た。観光する所もない田舎町だが、ハマダの近くには不思議な人々が集っていた。毎朝、浜辺で行わ.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2009-03-20 07:07
  • 『めがね』

    Excerpt: めがね 春先、観光客のいない南の海辺の町に ケータイの通じない場所を求めてやって来た 都会の女性が遭遇する異空間。 【個人評価:★★�... Weblog: 『映画な日々』 cinema-days racked: 2010-04-15 01:26