ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ&織田裕二結婚続報

「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」の試写会に行って来ました。
ウオーターボーイーズ2の市原隼人と「恋空」の三浦春馬が出ているので、絶対に観たいと言っていた息子と一緒に観に行って来ました。

観る前は、くだらなそうだなぁと馬鹿にしていたのですが、これが意外と面白かったです。
VFXを駆使した映像は、とても素敵で楽しく観れました。
寮生活をする高校生、山本陽介(市原隼人)は自分の人生に漠然とした物足りなさや不安、苛立ちを感じていた。
ある日公園で女子高生の絵理(関めぐみ)に声をかけると、「死にたくなければ立ち去った方が良い」と言われる。
なんとその時、満月の空からチェーンソー男が振って来たのだ!
いきなり戦い始めるふたり、、、超人的な運動能力で戦う絵理、、、
逃げ遅れた陽介の手助けもあって、何とか助かった絵理であった。
そして陽介は、翌日から絵理VSチェーンソー男との戦いに参加するようになった。
両親と弟を交通事故で失い、恋人も失った絵理、、、、
バイク事故で親友の能登(三浦春馬)を失った陽介、、、
チェーンソー男とは、ふたりだけに存在する架空の人物なのか、それとも現実なのか、、、?
陽介の親友の能登は、積極的で根性のある男で、陽介が敵わない存在であった。
どうやら絵理の元カレだったらしいのだが、、、
クラスメイトで親友の渡辺(浅利陽介)は、カメラ、絵画、音楽と色々と手を出すが、どれも長続きしない、、、そんな彼が再び音楽に熱中し始める。
そんな中、陽介が両親の都合で突然、北海道に転校することになった。
陽介によって心が救われようとしていた絵理だったのだが、そんな絵理の心に反応するように力が強くなるチェーンソー男、、、
転校当日の明け方、渡辺は完成した曲を陽介に聴かせる。
その曲は、能登が残した詩で作った陽介、能登、渡辺、3人のバンド<俺さまーズ>の「根性なし」という曲だった。
チェーンソー男との最後の戦いに一人向かう絵理、それを追う根性なしの陽介、、、

私「意外と面白かったねぇ」
息子「やっべぇ、すげぇ面白かったよ!」
私「三浦春馬が美味しい所取りじゃない?」
息子「俺さまーズの曲が欲しくなったよ」
私「うん、一瞬最後にもう一度流れるかと思ったよね」
息子「GReeeeNも良かったけど、もう一度聞きたかったなぁ」
私「三浦春馬がカッコイイ役過ぎだろ!」
息子「いやいや、ケンカに割り込むシーンとか、笑っちゃったし、、、」
私「浅利陽介も笑わせてくれて、凄く良かったよね、」
息子「うん、凄く良い味出していた」
私「VFXとワイヤーを使ったアクションシーンが結構良かったよね」
息子「迫力があったし、格好良かったよ」
私「市原隼人は、どうだった?」
息子「時々、何を喋っているのか判らないんだよね」
私「鼻づまりの声だからね」
息子「まぁ期待以上の面白さだったね!」

10代の子が抱えている漠然とした物足りなさや不安、苛立ち、悲しみから抜け出して行く過程をチェーンソー男との戦いを通して上手く表現されていました。
点数は、80点です。

え~、織田裕二と平井堅の結婚情報ですが、どうやらガセネタだったようです(≧◯≦)ゞ
2ちゃんねるでは、1年前からスレッドがたっているようなネタでした、、、(o´ω`o)
所詮、酒の席での話なんて、こんなものなんですね、、、
もし、ファンの方が読んでいたら、ごめんなさいm(_ _)m






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年02月13日 11:53
こんにちは!
また息子さんと行って来たのですね。
私は高校2年の娘と行ってきました。
「なんとなく死にたがる」若者。
娘もようやくチェーンソー男との戦いに勝ったようです。
2008年02月14日 10:40
ノルウェーまだ~む さん、こんにちは(^o^)
娘さん、チェーンソー男との戦いに勝利おめでとう♪♪
って、ええっ、!!

この記事へのトラックバック