結婚しようよ完成披露舞台挨拶試写会

「結婚しようよ」の完成披露舞台挨拶試写会に行って来ました。
と言っても、2ヶ月以上前のお話なんですが、、、
なんとなく書き忘れていたら、今週末公開なのでしたw( ̄▽ ̄;)w

以前もこの丸の内ピカデリー2で行われた松竹による「象の背中」の完成披露試写会の時もそうでしたが、多くの立ち見客で溢れていました。
舞台挨拶に登場したのは、三宅裕司、真野響子、藤澤恵麻、AYAKO(中ノ森BAND)、佐々部清監督の5人でした。
佐々部監督は吉田拓郎のファンで「今、拓郎さんが病気でステージに立てない状態。この映画のヒットが良薬になると思う。拓郎さんをステージに戻すためにも、この映画をいっぱい応援してもらいたい」と話していました。
開場の前列中央には、映画好きというより多くの吉田拓郎のファンが占拠していました。
三宅裕司「『R-45』、つまり45歳以上の方に見て欲しいということで、45歳以上の方が見ると必ず泣くそうです。若い人が見ると必ず結婚したくなるそうで、今のこの少子化に少しでも協力できればと思います」
真野響子「夫の気持ちも子どもたちの気持ちも、両方ともわかるんですよね。みんなのことが大好きで、ハラハラしながら夫と娘たちが衝突するのを見てました」と話すと、三宅裕司「一家の大黒柱は私ですが、影の番長はこの人ですから」と軽く突っ込んでました。
もしも父親に結婚のことまで口を出されたら? という質問に藤澤恵麻は「愛情が深いからこそ口を出す、というのがわかるので苦しいところですね」と答えてくれた。ここで再び三宅裕司が口出し。「娘の結婚に父親が口出すのは当たり前でしょう! 僕は娘の彼氏は大っ嫌いですよ(笑)」と突っ込んでました。
AYAKO「うちは両親が離婚していて、家族揃っての食卓はこれまでなかったので」
三宅裕司「べ、別に言わなくてもいいことを…」とオロオロ
真野響子「それでもこんなにいい子に育ってるから大丈夫だから!」となだめる
三宅裕司「だって『結婚しようよ』って映画の舞台挨拶なのに…」
AYAKO「初めて家族の食卓というのを体験して、家族の愛の大切さが、こんなお父さんの下でもわかりました」
三宅裕司の号泣のマネで、会場爆笑、、、
その後、「結婚しようよ」を三宅さんとAYAKOのギター演奏で登壇者そして総立ちの700人の観客が合唱、、、、って、歌声喫茶みたいで、ちょっと私は唄う気にはなれませんでしたよ、とほほ、、、w( ̄▽ ̄;)w

この映画は吉田拓郎のファンである佐々部監督が、全編吉田拓郎の曲を使って作り上げた映画です。
香取卓(三宅裕司)は、学生だった70年代、フォーク歌手を目指していたが挫折し、今では妻(真野響子)と2人の娘(藤澤恵麻&AYAKO)を持つ不動産会社で働く営業マン。
仕事帰りに公園でライブを行っているバンド(ガガガSP)が唄っている吉田拓郎の曲を一緒に口ずさむ卓。
それを隣で見ていた青年(金井勇太)に声をかけられ、意気投合して、彼を自宅の夕食に連れて来る。
なんとこの一家は、父親の卓により「夕食は家族揃って食べる」というのが決めごとになっている、、、って、、、ありえないでしょ(>▽<)
純真無垢な長女(藤澤恵麻)と青年は、互いに一目惚れして、父に隠れて付き合い出す。
バンド活動をしている次女(AYAKO)は、ライブハウスのオーディションに合格するが、「家族揃って食べる夕食」という決まりを破る事になってしまう為、悩んでしまった、、、
彼女の持っていたギターを見たライブハウスのオーナー(岩城滉一)が、そのギターが卓の物だと気付く。
なんと彼は、学生時代に卓とフォーデュオを組んでいたのだった、、、

子離れ出来ない父親とファザコンの娘達がお互いに自立して行くお話をオーソドックスに描いた作品です。
随所に吉田拓郎の曲を使っています。
ガガガSPは、好きなバンドなので、良い感じでしたね(^o^)
中ノ森BANDも、とても良かったと思います。(シングル発売するそうです)
映画自体は、あまり面白くありませんでした。
笑いのツボも私とは、ちょっと違っていました。
「45歳以上の方が見ると必ず泣く」と三宅裕司が言っていましたが、泣ける所なんてあったかなぁ、、、w( ̄▽ ̄;)w
いやまぁ、私の精神年齢は20代レベルなもんで、、、~Y(≧σ≦)Y!!
「若い人が見ると必ず結婚したくなる」とも言っていたけど、、、たぶんそんな人はひとりもいないだろうなぁ、、、(≧◯≦)ゞ
まぁ見事な程の「THE松竹」という映画です(*´Д`*)
悪い出来の映画ではありません、それなりには観れます。
だけどなぁ、、、ヒットするとは思えない、、、、
2時間ドラマなら、そこそこの視聴率は取れるかもしれないけど、、、
こんな映画ばかり作っていては、今年も松竹は東宝に負けっ放しなのでしょうねぇ(≧◯≦)ゞ
テレビ局とタイアップが多いから東宝が強いと今朝の朝日新聞が書いていましたが、勿論それはありますが、そればかりではないでしょう。
もっと魅力ある映画を作って欲しいものですw( ̄O ̄)w

しかし唯一の収穫は、次女役のAYAKOですね!
演技自体はまだまだですが、とても良い雰囲気を持っています。
今後も役者の仕事をして欲しいと思いました。
点数は、59点です。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Rei
2008年02月01日 22:04
私もこの時行きました。早くから並んだので
中央の前列のほうといい所でした。拓郎ファンで映画好きです。三宅裕司さんが適役だなと思いました。そしてストーリー的には強いインパクトはないかもしれないけど、ホッとする作品でした。そしてなによりも拓郎ファンとしては拓郎さんの曲が前編に使われたことがなにより嬉しかったです。佐々部監督の想いが伝わってきました。
2008年02月03日 15:14
Reiさん、こんにちは(^o^)
確かにホッとする作品でしたね♪♪
拓郎ファンとしては、新しく発売されるCD も楽しみでしょうね~Y(≧σ≦)Y!!

この記事へのトラックバック

  • 『結婚しようよ』

    Excerpt: ----『結婚しようよ』って吉田拓郎の歌だよね。 このビジュアルとはイメージが合わないけど、 どんな映画になってたのかニャ? 「いやあ。なんというか珍作だったね。 ていうか、いろんなこと考えちゃった」.. Weblog: ラムの大通り racked: 2008-02-01 23:10
  • 鳥居みゆきは意外とナイスバディだった!

    Excerpt: 鳥居みゆきのグラビア動画フル Weblog: 鳥居みゆきは意外とナイスバディだった! ! racked: 2008-02-02 15:35
  • 「結婚しようよ」結婚する娘からプレゼントされた最高のウエディングソング

    Excerpt: 「結婚しようよ」は吉田拓郎の楽曲が全編を彩る、団塊世代感涙のホームドラマである日路上ライブで吉田拓郎の曲を歌っていた中年男性とそば職人の若者が意気投合して自宅に招く事で長女と交際する事になり、家族の形.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2008-02-04 00:03
  • 芸能人のプライベート詰め合わせzip

    Excerpt: ダウンロードはお早めに...内容は見てのお楽しみ zip解凍PASS[ geinouzip ] Weblog: 芸能人のプライベート詰め合わせzip racked: 2008-02-04 17:52
  • 映画「結婚しようよ」を観ました!!(2007-25)

    Excerpt: 映画「結婚しようよ」を観ました!!2007年の25作目です。この映画は拓郎ファンにはたまりません。全国では2/2公開となっています!! Weblog: 馬球1964 racked: 2008-02-04 20:19
  • 結婚しようよ

    Excerpt: 史上初のR-45指定…嘘です。R-45推奨(笑)まぁ、タイトルからしてズバリそのままでしょう。団塊の世代、いや拓郎世代の人のための映画のようなものですから…。とは言っても昭和のあの頃のノスタルジーでも.. Weblog: 八ちゃんの日常空間 racked: 2008-02-05 01:30
  • 『 結婚しようよ 』

    Excerpt: 映画 『 結婚しようよ 』 [試写会鑑賞] 日本【2008年2月2日公開】[ 上映劇場 ] 監督:佐々部清 脚本:寺崎かなめ 市倉久央 佐々部清 【キャスト】 三宅裕.. Weblog: やっぱり邦画好き… racked: 2008-02-06 12:32
  • 結婚しようよ

    Excerpt: 久しぶりに映画を見てきました。 ”結婚しようよ”・・・・・・ 私が拓郎好きは、ブログ友の皆さんは御存知でしょうか?? たぶん御存知でしたよね。 でも、あまりブログネタには出てこないんですよ.. Weblog: たまりんの気ままなPC日記 racked: 2008-02-06 20:31
  • 『結婚しようよ』

    Excerpt:  吉田拓郎の名曲で彩る、父と家族の物語  『落陽』『風になりたい』『春だったね』  『人間なんて』『人生を語らず』『明日に向って走れ』  『祭りのあと』『今日までそして明日から』  『結婚.. Weblog: cinema days 『映画な日々』 racked: 2008-02-06 22:11
  • 映画「結婚しようよ」

    Excerpt: 『洛陽』に始まり『今日までそして明日から』で終わる、全編に吉田拓郎やキャンディーズの1970年代の名曲を散りばめ・・人間賛歌の人情話に泣かされる・・ ♪しぼったばかりのー夕陽の赤がぁ.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2008-02-09 13:50
  • 【映画】結婚しようよ

    Excerpt: ■動機 中ノ森文子と吉田拓郎コンピ ■感想 こりゃすごい。 ■満足度 ★★★★★★★ まんぞく ■あらすじ 平凡なサラリーマンの卓(三宅裕司)の楽しみは、毎晩家族4人全員で食卓を囲む.. Weblog: 新!やさぐれ日記 racked: 2008-02-11 23:54
  • 結婚しようよ

    Excerpt: 日曜日は八戸フォーラムで「歓喜の歌」を観たんですけど、続けてもう1本観ましたよ。 次に観たのは Weblog: 欧風 racked: 2008-02-14 18:57
  • 結婚しようよ

    Excerpt: 佐々部清監督、三宅裕司、真野響子主演。吉田拓郎20曲を散りばめたタイムループ映画。このライブハウスの店主岩城滉一がループのつなぎ役。最後はここに行き着く。 Weblog: 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン racked: 2008-02-15 21:17
  • 【2008-29】結婚しようよ

    Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 1970年代─ プロのミュージシャンを夢見ていた。 しかし、就職・結婚・子育て─ 心の奥でつぶやいた─ 俺は─挫折したのか─? .. Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2008-02-17 14:45
  • 『結婚しようよ』 @東劇

    Excerpt: 香取家の主人・卓は、不動産会社に勤める平凡なサラリーマン。専業主婦の妻・幸子、大学生の長女・詩織、バンド活動に情熱をそそぐ次女・歌織の一家4人で、卓の決めた「晩ご飯は必ず全員揃って食べる」というルール.. Weblog: 映画な日々。読書な日々。 racked: 2008-02-18 00:25
  • 『結婚しようよ』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「結婚しようよ」□監督 佐々部 清 □脚本 佐々部 清、寺崎かなめ、市倉久至 □キャスト 三宅裕司、真野響子、AYAKO、藤澤恵麻、金井勇太、岩城滉一、モト冬樹、入江若葉、松.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2008-03-04 08:13