潜水服は蝶の夢を見る

「潜水服は蝶の夢を見る」の試写会に行って来ました。

雑誌「ELLE」の編集長という第一線で活躍していたジャン=ドミニク・ボビー(マチュー・アマルリック)は、病院のベッドで目を開けると、看護士から「何週間も昏睡状態だった」事を告げられる。
しかし、奇跡的に目を覚ました彼は、目が見えるだけで、話す事も身体を動かす事も出来なかったのだった。
そして、右目さえも化膿してしまう為に、縫い付けられてしまうのであった、、、
このシーンのカメラワークは、なかなか面白いです。
看護士と言語療法士により、リハビリを開始するのだが、こんな状況でも「こんなに美しい女性達に手も触れられないなんて、、、」と嘆く彼って、ちょっと理解出来ないかも(>▽<)
言語療法士アンリエット(マリ=ジョゼ・クローズ)の導きにより、目の瞬きによって意思を伝える事を指導される。
アルファベットの並んだボードを利用して、YESなら瞬きをする事で文章を作っていくのだが、呼んで貰えるスピードに合わせられずにイライラしてしまう。
「E,S,A,R,I,N,T,U,R...........」(フランス読みなので、判りづらいですけどね)
テレビも見ているのに消されたり、逆に夜中番組が終了しているのに消して貰えなかったりなど、イライラとすることばかりであった。
そんな彼が最初に伝えた言葉は、「死にたい」だった・・・・・
彼の浮気が原因で離婚した妻セリーヌ・デスムーラン(エマニュエル・セニエ)は、彼を心からいたわるが、浮気相手の女性は連絡さえも寄越さない。
飛行機事故で負った重傷から立ち直った友人が、彼を励ましにやって来る。
(その飛行機は本来彼が乗る筈だったのだ、、、)
彼が見る夢は、海底で重たい潜水服を着て自由に身体を動かせない自分であったり、言語療法士アンリエットとのエロティックなシーン、、、(彼にとって蝶のように自由なのは、女性とのエロなんですよね、、、う~ん、そんなもんかなぁ、、、)
前半は、ほとんどを彼の目線からのカメラワークで進行して行きますが、途中から彼の全身が映され始めます。
ギョロっとした左目、縫い付けられた右目、ひん曲がった唇からよだれを垂らすその姿は、かってのプレイボーイの名残などまったく感じられない悲惨な姿であった。
初めは、その姿を見せたくなかった子供達に出会い、彼の心に変化が訪れる。
そんな彼が起こした行動とは、なんと瞬きを使って自伝を書く事だった。
絶望の底から、生きる為の活動を始めるジャン=ドミニク、、、
献身的に彼を支える家族達、、、
そんな彼の元に浮気相手から電話が掛かって来る。
瞬きを使って彼女にメッセージを伝えるジャン=ドミニク、、、、
そのメッセージを読み取り、伝えるのは前妻であった。
「きみのことを愛しているよ。」
う~ん、、、理解不能、、、
「象の背中」以上に理解出来ない行動です。
まぁ一応離婚している訳だけど、、、それってどうなの、、、?

遂に20万回の瞬きで自伝を書き上げた彼は、直後に死を迎える。
実話だそうである。
20万回の瞬きをした彼も凄いが、そのメッセージを読み取った編集者の女性も凄いと感じました。
ジャン=ドミニクは、「E,S,A,R,I,N,T,U,R...........」の「R」で瞬きするだけだが、彼女はまた初めから「E,S,A,R,I,N,T,U,R...........」と声に出して読み始めなければなりません。
これって、相当に辛い仕事ですよw( ̄O ̄)w

う~ん、、、微妙です、、、確かに凄い事だとは思ったし、映像も凝っていたし、役作りも見事だったとは思うけど、、、
好きか嫌いかと聞かれれば、こういう映画は嫌いかな(*´Д`*)
絶望から立ち直った辺りから、もっと明るくなるのかと(見ている側にもその希望が伝わって来るような)想像していたのですが、あまりそうではなかったんですよねぇ、、、、
挙げ句には前妻に対して、あんな行動をしてしまうし、、、、
結局、自分の伝記を書いただけなんですよ(>▽<)
それって、とても自己満足なだけで、こんな状況になっても、最後まで自己中心的な奴なんです。
だから、あまり共感する部分がありませんでした。
彼が残りの人生でするべき事は、もっと他にあったのではないだろうか、、、?

映画評論家連中が大好きそうな映画です。
これを誉めておけば間違いないという感じですね。
余談ですが、当初このジャン=ドミニク・ボビーの役をジョニー・デップが演じるという話があったそうです。
点数は、70点です。(映画の質は高くても好きじゃないから、、、)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ラジオ映画館
2008年02月09日 23:26
http://blog.livedoor.jp/ten_years_after/archives/51793863.htmlにTBありがとうございました。ストレートに感動するような作品ではないですが、私は満足しました。彼のブラックな笑い、想像力の奥深さにやられました。
2008年02月10日 21:39
ラジオ映画館さん、こんにちは(^o^)
ブラックな笑い、想像力の奥深さですかぁ、さすが映画に詳しい人は視点が違うのだと納得です。

この記事へのトラックバック

  • 感想/潜水服は蝶の夢を見る(試写)

    Excerpt: 「何をやったらいいんだ?」「瞬き20万回です」「20万で足りるのか?」(※)。『潜水服は蝶の夢を見る』2月9日公開。『ELLE』編集長だったジャン=ドミニク・ボビーは、突然の脳梗塞で倒れる。めざめた彼.. Weblog: EDITOREAL racked: 2008-02-05 17:24
  • 『潜水服は蝶の夢を見る』

    Excerpt: (原題:Le scaphandre et le Papillon) 「いやあ、久しぶりに見応えある映画を観たね」 ----そうニャの。 これってよく分かんないタイトルの映画だよね。 ある意味、アスミ.. Weblog: ラムの大通り racked: 2008-02-05 21:34
  • 潜水服は蝶の夢を見る TIFF鑑賞記その4

    Excerpt: 2007年第60回カンヌ映画祭 監督賞、高等技術賞受賞 2007年第55回サンセバスチャン国際映画祭正式出品 ヨーロッパ映画賞受賞 2007年第32回トロント国際映画祭正式出品 Weblog: シャーロットの涙 racked: 2008-02-06 21:19
  • 「潜水服は蝶の夢を見る」試写会

    Excerpt: フランス映画だ。 これぞフランス映画!といってもいい。 ハリウッド映画のように、お涙頂戴しない。 ハリウッド映画のように、ハッピーエンドにしない。 切なく、そして切ない、ひたすら切ないフランス.. Weblog: ノルウェー暮らし・イン・ジャパン racked: 2008-02-09 23:15
  • 潜水服は蝶の夢を見る/le scaphandre et le papillon

    Excerpt: 原題はle scaphandre et le papillon "ー身体は潜水服を着たように重たくても、僕の想像力と記憶は蝶のように自由に羽ばたくー" 実話です。 {/book/}ジャンドミニ.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2008-02-12 09:49
  • 潜水服は蝶の夢を見る

    Excerpt: 生きている証を持ちたい!衝撃の感動作! Weblog: 八ちゃんの日常空間 racked: 2008-02-12 12:37
  • 「潜水服は蝶の夢を見る」 20万回のまばたきで綴られた物語

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画 今年のアカデミー賞で、監督賞、脚色賞、撮影賞、編集賞の 4部門にノミネートされている本作品。 (外国語作品賞にノミネートされていないのが不思議…) 公開が楽しみでし.. Weblog: ハピネス道 racked: 2008-02-12 12:47
  • 映画レビュー「潜水服は蝶の夢を見る」

    Excerpt: ◆プチレビュー◆20万回のまばたきで自伝をつづった伊達男の物語は感動の実話。圧倒的に美しい映像に酔いしれる。 【90点】  3人の子の父親で一流モード誌ELLEの編集長ジャン=ドーは、突然の脳梗塞で.. Weblog: 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 racked: 2008-02-12 13:45
  • 『潜水服は蝶の夢を見る』

    Excerpt:  山田宏一氏の「トリュフォー、ある映画的人生」(平凡社刊)に、“アイリス・アウト Weblog: セガール気分で逢いましょう racked: 2008-02-12 14:30
  • 映画 「潜水服は蝶の夢を見る」

    Excerpt: 映画 「潜水服は蝶の夢を見る」 を観ました。 Weblog: ようこそMr.G racked: 2008-02-12 15:25
  • 潜水服は蝶の夢を見る/マチュー・アマルリック

    Excerpt: おすぎさんに宣伝されるずっと前からこの映画は絶対観に行くと決めてました。ああいう宣伝の仕方ってあんまり好きじゃないっていうか、もっと作品本位で訴えてほしいなぁって思うんですよね。かえって作品の良さを歪.. Weblog: カノンな日々 racked: 2008-02-12 18:43
  • 『潜水服は蝶の夢を見る』:主人公に同化し、人生の素晴らしさを感じる

    Excerpt: 左目以外は不随のロックトイン・シンドロームになった主人公が、左目のまばたき20万回で綴った自叙の映画化と聞いて、「つらい物語なんだろうなぁ」との先入観があった。 しかしながら、文芸春秋の星取りで.. Weblog: りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど racked: 2008-02-16 01:30
  • 『潜水服は蝶の夢を見る』

    Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「潜水服は蝶の夢を見る」□監督 ジュリアン・シュナーベル □原作 ジャン=ドミニック・ボービー □キャスト マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ、マリ=ジョゼ・クロー.. Weblog: 京の昼寝~♪ racked: 2008-02-16 10:07
  • *潜水服は蝶の夢を見る*

    Excerpt: {{{   ***STORY***            2,007年 フランス=アメリカ 病院のベッドで目を開けたジャン=ドーは、自分が何週間も昏睡状態だった事を知る。そして身体がまったく動かず.. Weblog: Cartouche racked: 2008-02-19 00:10
  • 【映画】潜水服は蝶の夢を見る

    Excerpt: ■動機 なんとなく、観ておいたほうがいいかなっと ■感想 合わなかった。 ■満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ■あらすじ 昏睡(こんすい)状態から目覚めたものの、左目のまぶた以外を動.. Weblog: 新!やさぐれ日記 racked: 2008-02-21 23:05
  • 失って気付く大切な事。『潜水服は蝶の夢を見る』

    Excerpt: 脳梗塞で倒れてしまった男性の実話を描いた作品です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2008-02-23 19:33
  • 潜水服は蝶の夢を見る

    Excerpt: 言葉では巧く表現できない、とても不思議な感覚を味わった映画でした。特に泣けるシーンがある訳でもないですし、魂を揺さぶられるほどの感動がある訳でもないのに、なぜか機会あらばもう一度見たくなるこの感覚。私.. Weblog: めでぃあみっくす racked: 2008-02-23 21:32
  • 潜水服は蝶の夢を見る

    Excerpt: 記憶と想像力が唯一、人間性を保つ■ストーリーフランスのファッション雑誌\"ELLE\"の編集長、ジャン=ドミニク・ボビー。1996年、43歳のときに脳梗塞で倒れ、左目だけが唯一動く状態となった。ロック.. Weblog: シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー racked: 2008-02-26 23:35
  • 潜水服は蝶の夢を見る

    Excerpt: ぼくは生きている。話せず、身体は動かないが、確実に生きている。 「身体は“潜水服”を着たように重くても、ぼくの想像力と記憶は、“蝶”のように自由に羽ばたく__。」実在した奇跡の伊達男、ジャン=ド.. Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2008-03-01 00:54
  • 【2008-45】潜水服は蝶の夢を見る(Le Scaphandre et le Papillon)

    Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? ぼくは生きている。話せず、身体は動かせないが、 確実に生きている。 ジャン=ドミニク・ボビー ELLE編集長、42歳、子供3人の父親。 ある日倒れ.. Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2008-03-01 09:41
  • 潜水服は蝶の夢を見る

    Excerpt: ジャン=ドミニック ボービー原作、 ジュリアン・シュナーベル監督、マチュー・アマルリック、マリー=ジョゼ・クローズ、マックス・フォン・シドー。原作者の実体験に基づいた映画で、本来なら「潜水服」というよ.. Weblog: 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン racked: 2008-03-05 22:45
  • 「潜水服は蝶の夢を見る」(フランス/アメリカ 2007年)

    Excerpt: 42歳のジャン=ドミニク・ボビー。 3週間の眠りから覚めた彼は身体の自由を失くしていた。 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 racked: 2008-03-08 12:09
  • 「潜水服は蝶の夢を見る」:春日二丁目バス停付近の会話

    Excerpt: {/hiyo_en2/}学校の校門が並んでいる風景を見ると、この時期、卒業の頃が思い出されるわ。 {/kaeru_en4/}おや、お前にも卒業なんて頃があったのか。 {/hiyo_en2/}当たり前.. Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】 racked: 2008-03-08 20:00
  • まばたき20万回【潜水服は蝶の夢を見る】

    Excerpt: 人気ファッション誌「ELLE」の編集長だったジャン=ドミニック・ボビー氏。 突然 Weblog: 犬も歩けばBohにあたる! racked: 2008-03-10 17:23
  • 潜水服は蝶の夢を見る

    Excerpt: エロい視点は万人共通です 【Story】 昏睡(こんすい)状態から目覚めたものの、左目の瞼以外を動かすことができないELLE誌編集長ジャン=ド... Weblog: Memoirs_of_dai racked: 2008-05-11 16:48
  • 潜水服は蝶の夢を見る

    Excerpt: 雑誌ELLEの編集長であったジャン=ドミニク・ボビー(実在の人物)の原作を映画化。公私ともに人生の春を謳歌していた男が一転して奈落の底へ。意識はハッキリしているものの全身麻痺している身体のうち、可動な.. Weblog: ネタばれせずにCINEるか racked: 2008-07-19 23:20
  • 潜水服は蝶の夢を見る

    Excerpt: LE SCAPHANDRE ET LE PAPILLON(2007/フランス=アメリカ)【DVD】 監督:ジュリアン・シュナーベル 出演:マチュー・アマルリック/エマニュエル・セニエ/マリー=ジョゼ.. Weblog: 小部屋日記 racked: 2008-07-23 22:27
  • mini review 08316「潜水服は蝶の夢を見る」★★★★★★★☆☆☆

    Excerpt: ファッション誌「エル」の編集長として活躍する人生から一転、脳梗塞(こうそく)で左目のまぶた以外の自由が効かなくなってしまった男の実話を映画化。原作は主人公のジャン=ドミニック・ボビー自身が20万回のま.. Weblog: サーカスな日々 racked: 2008-07-29 04:38
  • 潜水服は蝶の夢を見る-(映画:2008年53本目)-

    Excerpt: 評価:88点 監督:ジュリアン・シュナーベル 出演:マチュー・アマルリック、マリー=ジョゼ・クローズ、マックス・フォン・シドー 脳梗塞により左目だけが動かせるというロックドイン・.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2008-09-20 21:43
  • 「潜水服は蝶の夢を見る」

    Excerpt: ある日、脳梗塞(こうそく)で倒れ、全身麻痺となった雑誌「ELLE」編集長ジャン・ドミニク・ボビーの生き様を実話をもとに描いた感動のヒューマン・ドラマ「潜水服は蝶の夢を見る」(2007年、仏米、ジュリア.. Weblog: シネマ・ワンダーランド racked: 2009-02-12 20:36
  • 潜水服は蝶の夢を見る - Le scaphandre et le papillon -

    Excerpt: 潜水服は蝶の夢を見る 特別版【初回限定生産】 [DVD] 「潜水服は蝶の夢を見る - Le scaphandre et le papillon -」 感想 20万回の瞬きで自伝を綴った�... Weblog: むーびーふぁんたすてぃっく racked: 2010-04-25 04:32