アートの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS デッド・サイレンス

<<   作成日時 : 2008/03/18 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 14 / コメント 0

「デッド・サイレンス」の試写会に行って来ました。
腹話術人形にまつわる映画ということで、上映前に腹話術師の玉城一石が登場しました。
初めて知りましたが、"いっこく堂"というのは、腹話術の人形達と出演するときの劇団名だそうで、個人としては玉城一石なんだそうです。
映画に登場する腹話術人形ビリーを使ってのトークショー?でした。
そこそこ面白い企画でしたが、普通に腹話術をされてもなぁ、、、やっぱり「遅れて声が聞こえて来るよ」が見たかったよ〜(>▽<)
映画のオープニングでも説明されていますが、腹話術の語源はというのは、「死者の声が腹を通して伝わる」という魔術から来ているそうです。

幸せに暮らしているジェイミー・アーシェン(ライアン・クワンテン)とリサ・アーシェン(ローラ・リーガン)夫婦の元に差出人不明の腹話術人形が届いた。
ジェイミーが買物に出掛けると、突然奇妙な現象が起こり、リサが殺害されてしまった。
帰宅して、無惨な妻の死体を目にするジェイミー、、、、リサは恐怖に叫んだまま舌を抜かれていたのだった、、、、
ジェイミーは被害者である筈なのにリプトン刑事(ドニー・ウォールバーグ)に、第一容疑者として疑われてしまう。
それならば、自分が犯人を見つけると決心するのだった!
死ぬ前にリサが語っていた"メアリー・ショウに御用心"という伝説。
ビリーという名の腹話術人形の箱に書かれていた"メアリー・ショウ"の文字。
その伝説はジェイミーの生まれ故郷レイブンズ・フェアで語られてきた一編の詩"子のない彼女は人形が好き。夢で彼女に会っても、叫んじゃダメ。叫ぶと舌を抜かれるぞ!"
真相を突き止める為に実家に戻ると、父親エドワード(ボブ・ガントン)は見知らぬ女性エラ(アンバー・ヴァレッタ)と再婚していた。
傲慢だった父親は、病気で車椅子生活になり、息子と仲直りを求めるのだが、それをジェイミーは受け入れられない。
独自で調査をするジェイミーは、葬儀屋のヘンリー(マイケル・フェアマン)と妻マリオン(ジョアン・ヘネイ)を通して、女腹話術師メアリー・ショウ(ジュディス・ロバーツ)の過去を知る事になるのだった、、、
遂に真相にたどり着くジェイミーだったが、、、、

「ソウ」シリーズの監督&脚本という事で、期待が大き過ぎたせいか、ちょっとがっかりしてしまいました。
もう少し、怖いかと思っていたので、、、、「ソウ」のように追いつめられる精神的な怖さを感じるような作品ではなく、オーソドックスなホラーサスペンスでした。
犯人は、ほとんどの人が途中で想像出来るだろうし、、、(登場人物が少ないからね)
でもまさか、父親があんな風になっているとは、思わなかったけど、、、w( ̄▽ ̄;)w
映像や演出は、「ソウ」をイメージする雰囲気はあります。
そうそう、(ダジャレじゃなくてね)そういえば(いや、だから、ダジャレじゃなくて)「ソウ」に出ていた人形もしっかりと出て来ます。(ちょっとだけどね♪♪)
昔から人形って、あまり好きじゃないんですよねぇ、、、なんか不気味ですよね。
特に日本の女の子の人形は、嫌ですねぇ、、、(髪が伸び続ける人形とか、、、怖いよ〜)
人形を奉納するお寺ってTVで見た事あるのですが、何百体というたくさんの人形が山の様に積まれていて、、、、あそこにひとりで一晩過ごすなんて、絶対に出来ませんからね、どんなホラー映画よりも怖いです(≧◯≦)ゞ
それに比べると、この映画の人形に対して怖さは、あまり感じませんでした。
でも隣に座っていたおばさんは、怖そうなシーンになると、下を向いて画面を見ない様にしていました。(音だけの方が怖いかもしれないのに、、、)
「ソウ」のレベルを期待しないで観に行けば、そこそこ怖さも驚きもあって充分に楽しめるのではないでしょうか(^o^)
点数は、76点です。

さて、先日ビクタースペシャルショーケースライブ「music Flavors」に御招待して頂いCyberBuzzさんからの情報です。
4月4日、マクドナルドから「朝メガ・昼メガ・夜メガ」が登場するそうです。
昨年大ヒットしたメガマックシリーズが、朝も昼も夜にも登場とは、一体どんなものなのでしょうか?
ゲームができるブログパーツもあるそうなので、みなさんも楽しんでみて下さい。
「朝メガ 昼メガ 夜メガを探せ!」 ブログパーツ

詳しくは、マクドナルドのHPを御覧になって下さい。
なんと素敵なプレゼントもあるそうです。
永遠のメガキャラ"ドカベン"と共演できるチャンス!
山田太郎と対決できたり、里中とデートなんて夢もかなっちゃうかも!?
週刊少年チャンピオン5月15日発売号のメガマック特設ページにて発表されるそうです。
A賞:永遠のメガキャラ"ドカベン"と共演・・・1名様
(週刊少年チャンピオン5月15日発売号のメガマック特設ページにて発表)
B賞:特製マックカード(朝メガ・昼メガ・夜メガデザイン&ドカベンデザイン 
   合計1,000円分・・・100名様
"ドカベン"と共演って、もしかして自分がマンガに登場出来るのでしょうか、、、?






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(14件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
デッド・サイレンス
(原題:DEAD SILENCE) 【2007年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) ...続きを見る
ともやの映画大好きっ!
2008/03/18 06:53
『デッド・サイレンス』
(原題:Dead Silence) ...続きを見る
ラムの大通り
2008/03/18 08:50
マインドマップ
マインドマップ ...続きを見る
マインドマップ
2008/03/18 13:48
映画|デッド・サイレンス|Dead Silence
Crew: ...続きを見る
ホラーSHOX [呪]
2008/03/18 18:53
デッド・サイレンス/ DEAD SILENCE
『SAW』の監督 ジェームズ・ワンと、脚本&主演したリー・ワネル コンビが放った第二弾{/ee_1/} ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2008/03/20 11:37
Twist and Shout
ジェームズ・ワンとリー・ワネル。「SAW」シリーズの二人がおかしなおかしな大冒険。人形屋敷に迷い込み、ジグソウならぬ白髪頭の婆さんに追いかけられて西へ東へ。小さな腹話術人形から逃げろや逃げろ、北だ南だ。「デッド・サイレンス」はそんなハナシ。ちょっと違う。... ...続きを見る
MESCALINE DRIVE
2008/03/20 14:16
2008-19『デッド・サイレンス』を鑑賞しました。
&amp;#63704;映画を鑑賞しました。&amp;#63893; 2008-19『デッド・サイレンス』(更新:2008/03/22) 叫んじゃダメだ。腹話術人形が舌を切り落とすぞ―『ソウ』を送り出したコンビで描くミステリー・ホラー 評価:★★☆☆☆(★★★☆☆に近い).. ...続きを見る
はっしぃの映画三昧!
2008/03/23 00:45
映画「デッド・サイレンス」
映画「デッド・サイレンス」に関するトラックバックを募集しています。 ...続きを見る
映画専用トラックバックセンター
2008/03/23 21:55
デッド・サイレンス
『ソウ』シリーズで、ホラー映画の新ジャンル、ソリッド・シチュエーション・ホラーという言葉(※)を生み出したジェームズ・ワンとリー・ワネルのコンビ。 シリーズに携わっていたけれど、1作目より後は製作総指揮という立場なので、ジェームズ・ワン自身のメジャー映画監督作としては、今回まだ2本目。 リー・ワネルにしても、『ソウ』『ソウ2』『ソウ3』と広がり続けるシリーズの脚本だけが評価されてきて、今回ようやく全くゼロから構想を立ち上げての脚本、と考えるとシリーズのファンとしてはどうなるのか期待と不安に沸き立... ...続きを見る
そーれりぽーと
2008/03/24 20:17
「SAW」より静かに〜シー「デッド・サイレンス」
「ソウ」シリーズのジェームズ・ワン監督と リー・ワネル脚本が仕掛ける最新作 「デッド・サイレンス」 ...続きを見る
夢を伝える紳士bobby`s☆hiroの...
2008/04/03 19:04
デッドサイレンス
ソウの監督・脚本ペアがついに新たな作品を作ったよう ⇒公式HP また腹話術人形か ...続きを見る
京都堀川姉小路「万物創造房」
2008/04/07 20:44
デッド・サイレンス
4月12日(土) 22:00〜 TOHOシネマズ川崎8 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:500円 『デッド・サイレンス』公式サイト ソウのスタッフが作ったこと、腹話術人形が出てくることしか知らなかった。 しかも、何故か「デッド・サイエンス」だと勘違いしていたので、マッド・サイエンティストものだと思っていた。 ところが、アメリカらしからぬ、日本的な呪い映画でないですか。 お、珍しいなと思ったんだが、最後にソウ的な謎解きダイジェストがあるんだな。 ソウほどでないが、グロはそ... ...続きを見る
ダイターンクラッシュ!!
2008/04/17 13:32
デッド・サイレンス
>画像、チラシより。 ...続きを見る
ゾンビと歩く。
2008/04/21 09:43
ソウ2
この映画の評価は微妙です。 話を聞いているだけでゲームに勝てた事を きちんと納得させている部分は、 よくできていると思います。 しかし・・・ 出口の無い館に集められた8人の男女 が思惑どうり動くのは不自然 何がどうなってトラップに 引っかかったのか分かりづ.. ...続きを見る
【ムービーレビュー】映画の感想
2008/04/26 15:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
デッド・サイレンス アートの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる