「メタルマクベス」&お詫び&プレゼント

ゲキシネ「メタルマクベス」の試写会に妻と息子と行って来ました。
80名程度の当選なのに4名分も当たってしまって、とてもラッキーでした。
昨年私が観た映画のBEST100の堂々BEST1に輝いた「朧の森に棲む鬼」と同じ劇団☆新感線のゲキシネだったので、ふたりにも機会があれば観せたいと思っていました。
しかも日本最高レベルの試写室で鑑賞出来るなんて、本当にラッキーでしたぁ(^o^)

宮藤官九郎脚色、いのうえひでのり演出によるシェイクスピアのマクベスを下敷きにしたロックミュージカルです。
「miki mouse」のトレーナーを着た3人の魔女達(右近健一、村木よし子、山本カナコ)が鍋に「マクベス」の翻訳本と「あしたのジョー」を混ぜるシーンから始まります。(いきなり笑わせてくれます)
西暦2206年、レスポール王(上條恒彦)率いるESP王国が戦の勝利に酔いしれています。
冠君(冠徹弥)のヘビメタボーカルで報告される勝利の歌声に圧倒されましたぁぁぁw( ̄O ̄)w
将軍・ランダムスター(内野聖陽)は、エクスプローラー(橋本じゅん)と共に城へと帰る途中、三人の魔女達に出会い、「マホガニー城の城主になり、そしていずれは王になるお方」だと告げられる。(ちなみに、エクスプローラーは、何にもならないだって、、、橋本じゅんさん、たくさん笑わせてくれます)
そして、二人に手渡されたのは、1980年代に活躍したヘヴィ・メタルバンド【メタルマクベス】のCDだった。
なんとそのジャケットに写っているメンバー達は、ランダムスター、エクスプローラー、そしてグレコ(北村有起哉)にそっくりであった。
夫の帰りを待つランダムスター夫人(松 たか子)は渡されたCDを聞くのだが、それは彼女の嫌いなメタルソングだった。
CDをかけるとバックに【メタルマクベス】のメンバーが登場して唄ってくれます。
メンバーは、マクベス内野、バンクォー橋本、マクダフ北村、ナンプラー(粟根まこと)
収録曲
 01きれいは汚い、ただしオレ以外
 02炎の報告
 03続・炎の報告
 04魔女の予言
 05自問・シャウト・自答
 06リンスはお湯に溶かして使え
 07ダイエースプレー買うてこいや
 08私の殺意
 09メタル演歌~七光り三度笠~
 10スコーピオンハート
 11王を弔う唄
 12夫人のため息
 13あの娘のブーツは豚の耳の匂い
 14二つめの予言
 15スコーピオンハート PART2
 16女の股から生まれた男
 17未亡人哀歌
 18明けない夜はSO LONG
 19私の殺意~私の失意
タイトルからして笑わせてくれますね(^o^)
帰宅したランダムスターは、いきなり赤ちゃん言葉で夫人に甘えると、同じく赤ちゃん言葉で甘え返す夫人、、、(内野聖陽と松たか子 って、こんな芝居するのね、、、)
なんと、夫人はランダムスターにレスポール王を殺すことをけしかける。
「王殺しの罪をレスポールJr(森山未來)になすり付けるのよ」
王に対して忠誠心の厚いランダムスターは戸惑うが、夫人にそそのかされて、遂にレスポール王を殺害してしまうのだった、、、
夫人の思惑通り、レスポールJrに罪をなすりつけ、ランダムスターは王位の座を奪い取る事に成功したのだった。
王殺害の罪を着せられたレスポールJrは、グレコ(北村有起哉)の協力によって城を脱出し、パール国王(粟根まこと)のフェルナンデス国へと逃げたのだった、、、
国王となったランダムスターは、レスポール王を殺害した罪の意識と、家臣達に対する疑心で眠れぬ夜を過ごし、笑う事さえ忘れてしまう。
そんなランダムスターに対して、親友であったエクスプローラーさえも彼の元を離れて行ってしまった、、、
更にランダムスターを悩ませていたのは、「エクスプローラーは王を生み出した男」という【メタルマクベス】の歌詞だった、、、
遂にランダムスターは、エクスプローラーをも暗殺してしまうのだった、、、、
そんなランダムスターに愛想を尽かしたグレコは、フェルナンデス国に隠れるレスポールJrの元を訪れるのだが、それを知ったランダムスターにグレコの妻子も殺害されてしまう。
そしてグレコとレスポールJr共に復讐の為に立ち上がるのだった。
そんな中、ランダムスター夫人も、罪の意識から精神に異常をきたし始めるのだった、、、、
家臣も離れ、(残ったのは門番(皆川猿時)くらい)孤立して行くランダムスターだったが、彼には絶対の自信があった、それは、、、
「女の股から生まれた男には王の座は奪われない」
ランダムスター夫妻の運命は、、、、

この2206年からの時代の話とヘヴィ・メタルバンド【メタルマクベス】の1980年代の話がシンクロしながら進んで行きます。
1980年代の【メタルマクベス】の元にローズ(松たか子)が現れ、リーダーのマクベス(内野聖陽)に対して、「あの社長(上條恒彦)の事務所に居たら、あなたは駄目になる」と告げます。
赤い「miki mouse」のトレーナーを着た追っかけファン(魔女達)に囲まれ人気のあった【メタルマクベス】だったが、社長が演歌歌手として売り出す息子の元きよし(森山未來)のバックバンドにさせられてしまう。
森山未來君はダンスだけかと思ったら、歌も上手いのに驚きました。
そしてローズはバンクォー(橋本じゅん)とマクダフ(北村有起哉)の代わりのメンバーをマクベスに紹介する。
マクベスはパンクバンドのメンバーにバンクォーの悪口を告げ、襲わせる様に仕向けたのだった、、、

ヘヴィ・メタルバンド【メタルマクベス】が歩んだ運命とのシンクロとその残された歌詞の予言に振り舞わせれていくランダムスター夫妻の儚くも悲しいお話なのです。
前半はクドカンお得意の小ネタギャグ満載で笑わせてくれますが、後半は爆音と迫力のあるアクションシーンが中心になります。
圧巻なのは松たか子の狂気の演技でしょうか?
前半の松田聖子からおばか夫婦、野心溢れる妻、そして罪に耐えきれず精神バランスを崩して行くまでの幅広い役を見事なまでの歌唱力を含めて演じていました。
内野聖陽の幅広い演技も見事ですが、松たか子の方がインパクトがありましたね(^o^)
それと冠君(冠徹弥)のヘビメタボーカルが何よりも素晴しかったぁ、もっと聴きたかったですよ~Y(≧σ≦)Y!!
後半早々にエクスプローラー(橋本じゅん)が姿を消してしまったのが、残念でしたねぇ、、、(ちょこっと幽霊役で笑わせてくれましたが)
休憩も含めて4時間弱という長さに、さすがに妻と息子は疲れてしまったようでしたが、内容には満足していたようです。
新宿バルト9などでゲキシネ作品が全て観れるそうなので、妻と一緒に観に行く予定です。
私も充分に堪能させて頂きましたが、正直「朧の森に棲む鬼」に比べるとイマイチでした、、、
話の内容も似た部分がかなりあったのですが、、、、
橋本じゅんの役は阿部サダヲと被っていて、阿部サダヲの方が面白かったかな(^o^)
主役も市川染五郎の殺陣の迫力が勝っていましたねぇ、、、
笑いも迫力も話の内容も「朧の森に棲む鬼」の方が素晴しかったけれど、この作品も一級品の素晴しさである事は確かです。
点数は、93点です。

27日から始まった「井上雄彦 最後のマンガ展」ですが、毎日多くの方が来場されて、とても賑わっています。
「バカボンド」の世界が描き下ろしの作品で構成されています。
雑誌では味わえない迫力のある大きな作品が並び、筆のタッチを堪能出来る内容になっています。
ここでお詫びなのですが、チケットのプレゼントを予定していたのですが、今回は諸事情により出来なくなりました。
申し訳ありませんm(_ _)m
また別のプレゼントとして、6月2日「ミラクル7号」中野サンプラザ18時半上映のチケットをプレゼント致します。
御希望の方がいらっしゃいましたら、アンケートに参加の上、メッセージを残して下さい。
よろしくお願い致します。

この記事を読んでのアンケートへの協力をお願い致します。
この映画が観たくなった
参考になった
つまらなかった
どれかをクリックして下さい。
よろしくお願い致します。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック