ザ・マジックアワー

「ザ・マジックアワー」の試写会に妻と行って来ました。
いや~楽しかったぁ~Y(≧σ≦)Y!!
妻は途中で手を叩いて大笑いしていましたぁ(^o^)
「THE 有頂天ホテル」から映画での三谷ワールドが出来上がって来た感じですね♪♪
守加護という港町でのお話です。
クラブ「赤い靴」の支配人備後登(妻夫木聡)は、地元ヤクザのボス天塩幸之助(西田敏行)の愛人高千穂マリ(深津絵里)との関係がバレてしまい、天塩の部下黒川裕美(寺島進)に捕まってしまう。
天塩がデラ富樫という男を捜しているという情報を耳にした備後は、咄嗟に「デラ富樫と知り合いだ」と嘘を尽き、5日以内にデラ富樫を連れて来るという約束をしてしまう。
「ところで、デラ富樫って誰、、、?」という備後に呆れる高千穂マリは「デラ富樫は伝説の殺し屋よ」と教える。
クラブの従業員鹿間夏子(綾瀬はるか)と鹿間隆(伊吹吾郎)によると「デラ富樫とは正体不明の謎の男」らしい。
そこで備後は役者を雇ってデラ富樫になりすまして貰おうと考えるのだった。
備後が目を付けたのは、売れない役者村田大樹(佐藤浩市)。
『暗黒街の用心棒』という昔のギャング映画を愛し、いつか自分もそんな芝居をしたいと願う映画馬鹿だった。
この映画は、佐藤浩市の為の映画です。
「こんな佐藤浩市なんて見た事無い!」
「スイッチを捜すのが大変でしたが、スイッチが入ったら、もうノリノリでした」by三谷幸喜
本当にノリノリで、思いっきり笑わせてくれましたぁ~Y(≧σ≦)Y!!
本人もかなり楽しんでいたように感じましたね(^o^)
備後は新人監督として村田を主演に映画を撮りたいと持ち掛けるのだが、村田のマネージャーの長谷川謙十郎(小日向文世)は、その話をイマイチ信用しなかったが映画の主役に大乗り気の村田は、港町守加護に向かう事にする。
備後は村田に真実を教えず、村田にデラ富樫という役を演じて貰う事にする。
台詞は全てアドリブ、、、カメラも隣のビルから撮影していると誤摩化すのだった、、、
備後はクラブの従業員鹿間夏子と鹿間隆の協力で、天塩や部下の黒川達に対してデラ富樫を連れて来たと騙し、村田とマネージャーの長谷川に対しては映画の撮影だと騙して、この危機を何とか切り抜けようとしますが、その微妙な感じが、とにかく可笑しいのです(*⌒▽⌒*)b
中井貴一、天海祐希、鈴木京香、唐沢寿明、谷原章介、寺脇康文、香川照之、戸田恵子、山本耕史、香取慎吾ら豪華なゲスト陣がチョイ役ながらもしっかりと笑わせてくれます。(故市川崑監督も出演)
三谷作品にはお馴染みの甲本雅裕、近藤芳正、梶原善、阿南健治、小野武彦らが脇役として良い味を出しています。
渋い所では、弾着の名人なべさん役の榎木兵衛も最後の活躍で素敵な笑顔を見せてくれます。
やはり三谷作品お馴染みの浅野和之も最後に笑わせてくれましたぁ(^o^)
豪華なゲストがチョコチョコ出ている映画は多いのですが、「ただ顔を出しているだけとかそんな人出てたかなぁ?」なんていう使い方ではなくて、三谷作品はゲストの使い方が本当に上手いです。
基本的に観客は、妻夫木君目線で騙している内容を全て知った上で観ているのですが、最後には佐藤浩市に騙されるというか驚かされます。
もうこの辺りは、爆笑の連続で会場中大笑いでしたぁ~Y(≧σ≦)Y!!
素直に心から大笑い出来る、とても楽しい映画でした♪♪
こんな佐藤浩市を見ておいて損は無いですよ~Y(≧σ≦)Y!!

妻「久しぶりに楽しい映画だったぁ」
私「手を叩いて笑ってたもんね」
妻「途中、観客の笑い声で台詞が聞こえないくらいだったよね」
私「舞台を観ている様な雰囲気だったよ」
妻「でも深津絵里はイマイチだったかなぁ。。。」
私「見せ場の唄うシーンは全然魅力が無かったね」
妻「彼女自体は嫌いじゃないんだけどねぇ、、、」
私「有頂天ホテルのYOUが唄った時は、凄く良かったからねぇ」
妻「確かにあれは良かったね」
私「深津絵里じゃなくて篠原涼子の方が良かったのにね」
妻「そうだよねぇ」
私「愛人の色気がまったく無かったからなぁ、、、」
妻「今回は女性陣はイマイチだったね、戸田さんも出番が少なかったし、、、」
点数は、96点です。
最近ヒット作の無いCX映画ですが、これは間違いなく大ヒットするでしょう!!
という訳で、これにて「撤収~」by伊吹吾郎(観た人は判るよね♪♪)

実は今日、とても素晴しい所へ行って来ました!
東京ディズニーリゾートの一角に完成した「シルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京」です。
サイバーバズに御招待して頂いて、「ショータイトル発表会」に参加して来ました。
サイバーバズ会員の中から20名が選ばれての参加です。
いや~サイバーバズの会員になっていて良かったなぁ(^o^)
以前にも少し書きましたが、シルク・ドゥ・ソレイユの常設劇場が10月1日に舞浜にオープンします!
この劇場で行われるショーのタイトルが今日発表になりました。
その名は「ZED」(ゼッド)です。
日本だけのオリジナルショーなのです!
主人公ZEDが天と地の二つの世界を旅するのです。
旅の途中に、大いなる女神、愚かな者達、スフィンクス、サテュロスといった色々な登場人物達に出会います。
バイタリティ溢れる彼らに様々なインスピレーション与えられ成長して行きます。
そして彼を通して天と地のふたつの世界がひとつに結ばれようとするのです。
このショーの演出を担当するのが、映画「シルク」の監督フランソワ・ジワールです。
彼はタロットカードにインスパイアされて、この世界を生み出したそうです。
なんと特別にふたつの演目が実演されましたぁ~Y(≧σ≦)Y!!
ひとつ目は、「バトンジャグリング」です。
空中高く舞い上がるバトンの妙技に興奮です。
最後の4本のバトンを使ってのジャグリングには、会場も驚きの大拍手でした!!
続いては集団による「組体操」です。
空中高く放り投げられる女性達、高く組み立てられる人間ピラミッド、ちょっとでもタイミングが狂えば失敗してしまうであろう危険な技の数々に、またも会場は大拍手でした。
そして最後に天井から「イヌイット」という天の女神が降りて来ました(とても美しかったです)
ああっ、もう終わりなの、、、もっと観たいよ~(>▽<)
少しでも観れただけでも幸せなのに、もっともっと観たくなってしまいました。
会場はCX主催のツアーと同じく柱の無い円型劇場です。
外観は、テントではなく近代的なイメージの建物です。
円型ステージの周り半分が客席で後ろが4階建ての舞台になっています。
演目時にクラウンが上の階に昇っていたり、謎の人物がウロウロしていたり、ステージ以外にも注意していないと何かを見逃してしまいそうです。
座席数は2170席で、ゆったりとした素晴しい座席でした。
私は真正面の中程で観覧したのですが、どの席からでも問題なく堪能出来ると感じました。
なんとこの劇場の建設費は100億円!ショーの費用は40億円だそうです!!
客席にはスタッフ&アクター達も揃っていて、大盛り上がりでした。
最後には全員が舞台に上がり挨拶して終了でした。
もう一日も早く観たくなってしまいました。
10月1日のオープンが待ち切れませんね(^o^)
8月からはトライアウト公演も始まるので、そちらも楽しみです。
詳しい情報はコチラを御覧下さい。

この記事を読んでのアンケートへの協力をお願い致します。
この映画が観たくなった
参考になった
つまらなかった
どれかをクリックして下さい。
よろしくお願い致します。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みっつん
2008年06月05日 00:37
フリーダさん、こんばんは。
初コメです。私も嫁と観に行きましたが
めちゃ面白かったですね。ちょい役も豪華メンバーでした。デラ富樫最高!
2008年06月05日 11:14
みっつんさん、こんにちは(^o^)
本当に面白かったですね♪♪
はい、デラ富樫最高です!

この記事へのトラックバック

  • ■ ザ・マジックアワー / TheMagicHour (2008)

    Excerpt: 【ザ・マジックアワー】2008年6月7日(土)公開監督 ・ 脚本 : 三谷幸喜出演 : 佐藤浩市/妻夫木聡/深津絵里 他観たい度 : ★★★ → 観賞後の評価 ★★★★☆&nbsp; 「ザ・マジックア.. Weblog: MoonDreamWorks racked: 2008-06-04 11:20
  • ザ・マジックアワー

    Excerpt: 何が起こってもおかしくない不思議な港町―、守加護。 その街で、すべてを映画の撮影だと信じ、伝説の殺し屋を演じ続ける<売れない俳優>。 その俳優を本物の殺し屋だと勘違いし、雇ってしまう<暗黒街のボス>。.. Weblog: 象のロケット racked: 2008-06-04 18:03
  • 『 ザ・マジックアワー 』 / 2008年 日本 映画 邦画

    Excerpt: 待望の三谷エンターテイメント最新作!! 誰の人生にも、輝く瞬間“マジックアワー”がある。マジックアワーとは映画の専門用語で夕暮れのほんの一瞬のこと。太陽が地平線の向こうに落ちてから、光が完全になくなる.. Weblog: やっぱり邦画好き…[日本映画ブログ] racked: 2008-06-06 14:20
  • ザ・マジックアワー

    Excerpt: 好きな気持ちに気付いた時,人は前を向く!   Weblog: Akira's VOICE racked: 2008-06-07 17:12
  • ザ・マジックアワー

    Excerpt: 三谷幸喜の監督作品第四弾。今回は、これまで以上に笑いが込められています。 ほとんど主役級の役者たちが、ほんの端役程度で出てくるのが、三谷作品の一つの見所。今回は劇中映画(そのうちの一つの監督が市川崑.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2008-06-07 18:08
  • ザ・マジックアワー

    Excerpt: &nbsp;愛すべき映画ファン。愛すべき映画人。愛すべき映画! Weblog: 悠雅的生活 racked: 2008-06-07 19:40
  • 「ザ・マジックアワー」人生の大一番に掛けた伝説の殺し屋を演じた三流役者の主演映画

    Excerpt: 「ザ・マジックアワー」は三谷幸喜2年ぶりの監督作品でやくざのボスの女に手を出してしまった男がやくざのボスから伝説の殺し屋を探してくるように言われ、連れて来たのが無名の役者・・・その役者が殺し屋を演じて.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2008-06-10 00:12
  • 『ザ・マジックアワー』

    Excerpt: ザ・マジックアワーを見ました。三谷幸喜監督、佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、中井貴一、鈴木京香、唐沢寿明ほか。 港町・守加護すかご。知らないうちに伝説の殺し屋にされた売れない.. Weblog: Mooovingな日々 racked: 2008-06-11 12:22
  • 『ザ・マジックアワー』

    Excerpt:  三谷幸喜監督作品第4作目  クラブ支配人はギャングのボスの愛人との情事がバレ、  制裁を逃れる為、三流役者を殺し屋に仕立てるが...  ... Weblog: 『映画な日々』 cinema-days racked: 2008-06-12 02:18
  • マジックアワー 噛み殺せない笑い ぐふぇふぇふぇ~♪

    Excerpt:  主要8カ国(G8)財務相会合が今日から大阪で開催される。 ここんとこ駅や街角に、物々しい装備を付けた強化仕様のお巡りさんがたくさん立っている姿が目立ったけど、今日はさらに数が増えていた。 梅田駅のゴ.. Weblog: 労組書記長社労士のブログ racked: 2008-06-13 11:01
  • ザ・マジックアワー

    Excerpt:  日本  コメディ  監督:三谷幸喜  出演:佐藤浩市      妻夫木聡      深津絵里      綾瀬はるか 【物語】 港町・守加護(すかご)。街を牛耳るギャングのボス・.. Weblog: 江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽 racked: 2008-06-15 14:37
  • ザ・マジックアワー

    Excerpt: ザ・マジックアワー HP  http://www.magic-hour.jp/index.html  ショートコントの繋ぎ合わせで映画全体を仕上げている感じ。「お笑い」がいっぱい詰まっている。.. Weblog: Art- Mill  あーとみる racked: 2008-06-15 17:16
  • [cinema]ザ・マジックアワー

    Excerpt: 試写会に行ってきました{/heart/} ザ・マジックアワー Staff:三谷幸喜 Cast:佐藤浩市 妻夫木聡 深津絵里 綾瀬はるか 西田敏行 いままで観た事ないくらいの番宣を展開した、「ザ.. Weblog: HARI INI ? racked: 2008-06-17 22:44
  • 【2008-135】ザ・マジックアワー The Magic Hour

    Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 最後に笑うのは誰だ? Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2008-06-20 00:03
  • ザ・マジックアワー 観てきました。

    Excerpt:  代休2日目はザ・マジックアワーを観てきました。 Weblog: よしなしごと racked: 2008-08-03 04:30
  • 真・映画日記『ザ・マジックアワー』

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画 6月7日(土)◆829日目◆ 前の晩は下北沢「クラブQUE」のイベント「LONDON TIMES」でオールナイト。 疲れながらも朝まで歌って踊ってすご.. Weblog: CHEAP THRILL racked: 2008-08-13 14:55