「真夏のオリオン」完成披露試写会


ブログパーツならブログデコ!!
邦画の試写会としては珍しい国際フォーラムAホールでの大規模な試写会でした。
座席はほぼど真ん中の前から十数列目というかなり良い座席でした。
周りは玉木宏と堂珍嘉邦が占拠していましたけどね。
MCは、テレビ朝日アナウンサーの渡辺宜嗣(テレ朝の映画だったのね)
登壇したのは、玉木宏/吹越満/益岡徹/堂珍嘉邦/北川景子/平岡裕太/吉田栄作/黄川田将也/鈴木拓/篠原監督/福井晴敏でした。

さてさて映画ですが、う~ん、、、イマイチです、、、
戦争映画のリアリティが不足しています。
戦闘シーンの緊迫感も、あまりありません。
第2次世界大戦ではなく架空の戦争設定にした方が、リアリティが気にならなくて、良かった様な気がします。
終わり方があれではねぇ、、、おいおいって感じですよ、、、
突っ込みたいけど、ネタバレしちゃうからあまり書けないけどね。
原作「雷撃深度一九・五」の方が面白そうです。
堂珍くん、初めての演技としては良い方だと思いますが、重要な役なので、もっとしっかりとした役者さんにして欲しかったなぁ、、、
北川景子を見ると、いつも沢尻エリカのバーターのような気がしてしまいます、、、
同じテレ朝映画で玉木宏と吉田栄作がメインキャスト(主役は大沢たかお)だった「ミッドナイトイーグル」の方が、数段良かったです。

一番上に「東スポ」風なブログパーツを貼ってみました。
これって、文章の内容を読み取って、勝手に「東スポ」風な見出しを作ってくれます。
面白いので、過去の記事でも見れる様にしてみました。
良かったら、過去記事もチェックしてみて下さい。
しかもこの見出しですが、毎回変わるのですよ!
だから、ひとつの記事をもう一度除いてみると、違う見出しになっていたりします。
おもしろいですねぇ~♪




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 真夏のオリオン(完成披露試写会)

    Excerpt: [真夏のオリオン] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:8.0/10点満点 2009年46本目(41作品)です。 完成披露試写会の招待券を知り合いから譲っても.. Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! racked: 2009-05-22 10:52
  • 真夏のオリオン

    Excerpt: 「勿体ない」は明日を繋ぐ。   Weblog: Akira's VOICE racked: 2009-06-20 12:07
  • 劇場鑑賞「真夏のオリオン」

    Excerpt: 真夏のオリオンオリジナル・サウンドトラック「真夏のオリオン」を鑑賞してきました池上司の処女作『雷撃深度一九・五』を「ローレライ」「亡国のイージス」などの原作者で知られる福井晴敏の監修・脚色で映画化した.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2009-06-20 14:09
  • 『真夏のオリオン』・・・オリオン座が時を超え導いたもの

    Excerpt: これはまた一風変わった戦争映画だ。自己犠牲の精神を美談とすることもなく、あるいはそれを客観視して愚かさを嘆くというスタイルにもなっていない。そういうありがちな作品とは明らかに異なる作風に戸惑いも感じた.. Weblog: SOARのパストラーレ♪ racked: 2009-06-20 14:10
  • 試写会「真夏のオリオン」

    Excerpt: 本日夜の部は、九段会館で試写会「真夏のオリオン」を観てきました。「亡国のイージス」「ローレライ」と同じ監督なんで、三部作かと思うほど、かなり似た感じの映画でしたねしかし、玉木宏とCHEMISTRY堂珍.. Weblog: 流れ流れて八丈島 racked: 2009-06-20 15:23
  • 真夏のオリオン

    Excerpt: 池上司原作の『雷撃震度一九・五』を元に、終戦間近の日本潜水艦対米駆逐艦の死闘を描いた作品。これまではあまり見ないプロットで描かれた戦争映画になっています。 現代に伝えられたメッセージ(遺品)から過去.. Weblog: 勝手に映画評 racked: 2009-06-20 16:54
  • 「真夏のオリオン」試写会、感想。

    Excerpt: 公式サイト福井晴敏氏と言えば、映画「ローレライ」が思い出されますが、アレは、かなーり突っ込み所満載な、でも、個人的には好きな映画ですけど、香椎由宇とか、で、今回も、福井晴敏氏監修、脚色で潜水艦もの、一.. Weblog: Beinthedepthsofdespair racked: 2009-06-20 19:35
  • 「真夏のオリオン」

    Excerpt:  戦時中に日本人の手によって書かれた楽譜「真夏のオリオン」が何故か64年の時を越 Weblog: みんなシネマいいのに! racked: 2009-06-20 21:21
  • 『真夏のオリオン』(@「シネマのすき間」)

    Excerpt: -----これ、実は第二次世界大戦末期のお話。 まさか、カタログハウス「シネマのすき間」で 戦争映画の話が出てくるとは思わなかったから、 フォーンは最初、「戦争反対!」と 大きな声を上げちゃた。 でも.. Weblog: ラムの大通り racked: 2009-06-20 21:32
  • 真夏のオリオン

    Excerpt: 終戦まであと数日というのに、何もかもがこざっぱりしてまったく極限状況に見えない戦争映画だ。悲壮も絶望も、むろん希望も感じられない。亡くなった祖母が持っていた楽譜「真夏のオリオン」の哀しい由来を語る形で.. Weblog: 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP racked: 2009-06-20 23:49
  • [映画『真夏のオリオン』を観た]

    Excerpt: ☆私は常々、「潜水艦物に外れなし」を語っていた者であり、賛否両論のある『ローレライ』も楽しんで観たものだ。  しかし、この『真夏のオリオン』は厳しかった。  その、作品で描かれた戦後左翼風潮的な戦.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 racked: 2009-06-21 00:19
  • 【真夏のオリオン】★玉木宏★北川景子

    Excerpt: きっと帰ると、オリオンの星に誓った。真夏のオリオン HP真夏のオリオン シネマトゥデイ製作年:2009年製作国:日本日本公開:2009年6月13日スタッフ監督:篠原哲雄監修・脚色:福井晴敏原作:池上.. Weblog: 猫とHidamariで racked: 2009-06-21 00:19
  • 真夏のオリオン

    Excerpt:  第2次大戦中最後に1隻残った日本軍の潜水艦の艦長の戦いと決断を描いた映画「真夏のオリオン」を見てきました。 封切り2日目日曜日午前中は、4割くらいの入りでした。 第2次大戦末期、連合艦隊は壊滅し、米.. Weblog: 伊東良徳のとき・どき★かるちゃ~ racked: 2009-06-21 00:45
  • 「真夏のオリオン」最後まで人間として生きるための戦いを続けた潜水艦艦長の生きる戦い

    Excerpt: 「真夏のオリオン」は第2次世界大戦の終戦前夜まで繰り広げられた日本潜水艦とアメリカ駆逐艦との激しい攻防戦を描いた生きる戦いのストーリーである。1945年8月15日の終戦まで日本は潜水艦を投入し、人間特.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2009-06-21 01:06
  • 『真夏のオリオン』(2009)/日本

    Excerpt: 監督:篠原哲雄監修・脚色:福井晴敏原作:池上司出演:玉木宏、北川景子、堂珍嘉邦、平岡祐太、吉田栄作、鈴木瑞穂、吹越満、益岡徹試写会場 : ヤクルトホール公式サイトはこちら。<Story>現代。倉本いず.. Weblog: NiceOne!! racked: 2009-06-21 09:47
  • 「真夏のオリオン」

    Excerpt: 試写会で 観てきました。「真夏のオリオン」公式サイト第二次世界大戦下、日本海軍潜水艦の乗組員が過酷な戦況下で戦い抜く姿を描く戦争サスペンス。福井晴敏大好きなので(本の方)これも原作読もうかと思ったら原.. Weblog: かいコ。の気ままに生活 racked: 2009-06-22 10:15
  • 真夏のオリオン(2回目)

    Excerpt: [真夏のオリオン] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:8.0/10点満点 2009年60本目(55作品)です。 ついに60本に到達しました。 2009年に入.. Weblog: 必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー! racked: 2009-06-22 17:19
  • 映画:真夏のオリオン

    Excerpt:  潜水艦ものの映画って好きなんですよね。だから心待ちにしていた真夏のオリオンをようやく観てきました。 Weblog: よしなしごと racked: 2009-07-05 18:32
  • 『真夏のオリオン』

    Excerpt: 真夏のオリオン 終戦間近、沖縄南東海域で繰り広げられた 日本軍潜水艦VS米軍駆逐艦の頭脳戦。 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞�... Weblog: 『映画な日々』 cinema-days racked: 2010-08-12 02:12