『守護天使』勝手に”ジャパンプレミア”試写会


ブログパーツならブログデコ!!
『守護天使』勝手に”ジャパンプレミア”試写会に行って来ました。
”ジャパンプレミア”とは言ったものの、登場したのはカンニング竹山だけ、、、
佐々木蔵之介は忙しくて無理だとしても、監督やその他の若手も来ないとは、、、あくまでカンニング竹山の勝手に”ジャパンプレミア”と言う事だった訳です。
全国各地で行った勝手にキャンペーンをモニターで紹介した後、MCの八雲ふみねに紹介されて登場したカンニング竹山、、、異常に声がデカイです!
大きな声ですが、話している内容はイマイチで会場はシラケきってました。
客の反応が悪いと逆切れするカンニング竹山ですが、その逆切れ芸もイマイチ受けていませんでした。
主題歌「僕にできる事のすべてを」を歌うエイジアエンジニアがサプライズゲストとして登場し、生歌を披露してくれました。
その際に、カンニング竹山が「カップリングの「犬の歌」という曲が素晴らしい」と連呼していました。
更に何故か安めぐみがサプライズゲストとして登場しました。
出来れば佐藤祐一監督の話が聞きたかったですねぇ、、、
キサラギ
の試写会が監督のトークショーで、とても楽しかったので、今回も楽しみにしていたのですが、残念でした。

肝心の映画についてですが、キサラギ程、面白いとは期待していませんでしたが、それなりに面白かったです。
佐々木蔵之介を始めとして、寺島しのぶ、佐野史郎、大杉漣らが、しっかりと脇を固めていて、主役や若手の未熟な演技をフォローしていました。
そういえば、日村勇紀もなかなか良い味出していて、良かったです。
ヒロインの女子高生には、ポッキーのCMでガッキーの二番煎じが不評だった惣那汐里。
AAAの興真司郎がメインのひとりとして活躍します。(エイベックスの映画ですから)

鬼嫁の尻に敷かれている冴えないサラリーマンが、駅で出会った女子高生に勝手に恋をしてしまい、トラブルに巻き込まれる彼女を勝手に守ろうとするお話です。

終盤への伏線がいくつか張られていて、重要なキーワードは「赤いふんどし」と「カラータイマー」ですね(笑)

まあまあ面白いけど、キサラギと比較するのは無理があります。
だから、かなりハードルを下げて観に行くと、それなりに面白いと感じる事でしょう♪

ラストの寺島しのぶのひと言にもうひと工夫あればなぁ、、、

さて、今回何故かサプライズゲストとして登場した安めぐみですが、彼女にも整形疑惑が、、、まぁ疑惑じゃなくて、整形した過去が、、、と言った方が良いかなぁ、、、



画像


画像



画像


昔もそれなりに可愛いとは思いますが、鼻がねぇ、、、あと目もねぇ、、、やっちまったなおい!
彼女は男ウケするタイプなのか、女性からの評判が非常に悪いですね。



"『守護天使』勝手に”ジャパンプレミア”試写会" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント