アートの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS オリヲン座からの招待状

<<   作成日時 : 2007/10/27 14:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 37 / コメント 4

「オリヲン座からの招待状」の試写会に行って来ました。
映画を観ていて、どうしても眠くなってしまい、不本意ながら寝てしまうことは度々あるのですが、、、、この映画は自ら寝ました(≧◯≦)ゞ
少々寝てしまっても、あまり話は進展していないと思って15分くらい寝たのですが、案の定ちっとも話は進んでいませんでした。
あまりのダラダラした進行に、途中で帰ろうかと思いました。
実際、前に座っていたじいさんが途中で帰ってしまいました。(私なんかよりこの映画のターゲットな筈なのにねぇ、、、)
そもそも浅田次郎原作の短編ですから、無理矢理2時間にしなくても良いのです。
1時間、、、いや30分で充分です。
30分位にして、オムニバスの中の1話(例えば「世にも奇妙な物語」の中とか)であれば、あぁ良い話だなぁ〜って感じになるかもしれません。
留吉が従業員になる、松蔵が死ぬ、その後の「オリヲン座」を苦労しながらトヨと留吉が続けて行く、そして遂に閉館する、、、それだけの話です、、、そこに子供を巻き込んだりして、ちょっと良い話的な味付けをして、ラストで感動させる。
うん、やはり30分程度で充分ですね(((*゚□゚*)

「オリヲン座」の館主の豊田松蔵(宇崎竜童)その妻トヨ(宮沢りえ)従業員留吉(加瀬亮)
留吉の40年後(原田芳雄)
それぞれの役者は、とても素敵な演技をされています。
宮沢りえは、すっかり幸薄い役の似合う女優になってしまいました。(「北の国」からでしょうかねぇ、、、)個人的には、明るい彼女の方が好きなんですが、、、先日の「みなさんのおかげでした」で貴乃花の真似をする日村の真似をしていましたが、時は全てを洗い流してくれるものなのですねぇ、、、w( ̄O ̄)w

点数は、35点です。






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(37件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
感想/オリヲン座からの招待状(試写)
もはや目新しさはない昭和の味。『オリヲン座からの招待状』11月3日公開。別居中の夫婦のもとに、京都の小さな映画館オリヲン座から、最終上映の招待状が届いた。子供の頃、たくさんの思い出をもらったオリヲン座。2人を家族にしたオリヲン座がいちばん元気だったあの頃、劇場を守り続けた男女がいた。 映画「オリヲン座からの招待状」オフィシャルサイト ...続きを見る
EDITOREAL
2007/10/27 19:18
映画〜オリヲン座からの招待状
  ☆公式サイト☆京都を舞台に激動の時代に翻弄(ほんろう)されながらも、老舗の映画館を守り続けた男女の純愛と奇跡を描く感動ドラマ。浅田次郎の「鉄道員(ぽっぽや)」最終編に所収されている同名小説を、『ジェニファ 涙石の恋』の三枝健起監督が映像化。昭和25年の開館以来、オリヲン座の館主を務めてきた豊田松蔵(宇崎竜童)が病に倒れ、その弟子だった留吉(加瀬亮)が志を引き継ぎ、先代の妻トヨ(宮沢りえ)と映画館を守ることになった。映画産業が斜陽になり、周囲の人間に陰口をたたかれながらも、2人は映画を愛し、互... ...続きを見る
きららのきらきら生活
2007/10/27 19:25
第10回京都国際学生映画祭「オリヲン座からの招待状」
京都学生プロデュースで行われた映画試写「オリヲン座からの招待状」 ...続きを見る
happy♪ happy♪♪
2007/10/27 19:28
映画『オリヲン座からの招待状』を東京国際映画祭にて鑑賞。
 25日、渋谷オーチャードホールにて第20回東京国際映画祭、特別招待作品「オリヲン座からの招待状」を鑑賞した。 映画上映前には主演の宮沢りえ、原田芳雄、監督の三枝健起の舞台挨拶があっての上映。今回は特別にSONYのデジタルシネマ上映システム「CineA... ...続きを見る
masalaの辛口映画館
2007/10/27 22:42
オリヲン座からの招待状  試写会
僕ずっとオリヲン座を守るさかい── ここでいつまでも、一緒に映画(シャシン)かけてもらえますか。 ...続きを見る
レンタルだけど映画好き 
2007/10/28 00:21
『 オリヲン座からの招待状 』
映画 『 オリヲン座からの招待状 』 [公開情報] ...続きを見る
やっぱり邦画好き…
2007/10/28 02:03
オリヲン座からの招待状
「さて突然ではございますが、昭和25年の開館以来半世紀以上にわたって、地元の皆様に愛され親しまれて参りましたオリヲン座は、誠に勝手ながら今秋を持ちまして閉館いたす事と相成りました」 昭和32年、京都。 豊田松蔵(宇崎竜童)、トヨ(宮沢りえ)夫妻... ...続きを見る
韓国映画好き
2007/10/28 06:16
オリヲン座からの招待状
久しぶりの試写会でした♪ ...続きを見る
ずずらおりぃ 2nd period
2007/10/28 10:10
オリヲン座からの招待状
「オリヲン座からの招待状」製作:2007年、日本 116分 監督:三枝健起 原作 ...続きを見る
映画通の部屋
2007/10/28 11:24
【2007-143】オリヲン座からの招待状
人気ブログランキングの順位は? ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2007/10/28 16:49
手作りの結婚式招待状と出し方
結婚資金が足りない分を自分たちで工夫する新郎・新婦が増えているようです。 ...続きを見る
結婚式:招待状の出し方・返事の仕方
2007/10/29 17:18
「オリヲン座からの招待状」
「オリヲン座からの招待状」試写会 ニッショーホールで鑑賞 ...続きを見る
てんびんthe LIFE
2007/11/02 23:49
「オリヲン座からの招待状」役者はそろっているが
監督 三枝健起少しあらすじ 昭和25年の開館以来、オリヲン座の館主を務めてきた豊田松蔵(宇崎竜童)が病に倒れる。そして弟子だった留吉(加瀬亮)が志を引き継ぎ、先代の妻トヨ(宮沢りえ)と映画館を守ることになった。映画産業が斜陽になり、周囲の人間に陰口をたたかれな... ...続きを見る
ももたろうサブライ
2007/11/03 22:15
オリヲン座からの招待状
オリヲン座をほかしたらあかん。 ...続きを見る
悠雅的生活
2007/11/05 21:00
映画 【オリヲン座からの招待状】
映画館にて「オリヲン座からの招待状」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2007/11/05 21:04
『オリヲン座からの招待状』 宮沢りえさんの舞台挨拶♪
  宮沢りえちゃんと三枝監督の舞台挨拶 &nbsp; 本当は、まだ記事に出来ていない作品がたくさんあるのですが・・・・・。まずは昨晩、鑑賞した「オリヲン座からの招待状」について記事を書く事にしました。何てたって、生宮沢りえちゃんの舞台挨拶があったので、記憶が薄れないうちに書き留めておかないと忘れてしまうので &nbsp; 実は加瀬亮君も、舞台挨拶の予定でしたが・・・・。仕事のため、来られませんでした。ちょっと残念 &nbsp; ...続きを見る
銅版画制作の日々
2007/11/05 23:16
オリヲン座からの招待状
【鑑賞】試写会 【公開日】2007年11月3日 【製作年/製作国】2007/日本 【監督】三枝健起 【出演】宮沢りえ/加瀬亮/宇崎竜童/田口トモロヲ/中原ひとみ/樋口可南子/原田芳雄 【原作】浅田次郎「オリヲン座からの招待状」 ...続きを見る
caramelの映画日記
2007/11/06 20:50
オリヲン座からの招待状/試写状
本日届いたのは、浅田次郎原作の同名短編小説を映像化した「オリヲン座からの招待状」の試写状。 ...続きを見る
ともやの映画大好きっ!
2007/11/07 10:15
オリヲン座からの招待状
僕ずっとオリヲン座を守るさかい__ここでいつまでも、一緒に映画かけてもらえますか。時代に翻弄されながらも、映画館をまもり続けたふたりの愛と、優しい奇蹟の物語。 「さて突然ではございますが、昭和25年の開館以来半世紀以上にわたって、地元の皆様に愛され親し... ...続きを見る
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2007/11/09 21:16
『オリヲン座からの招待状』:オールドスタイルの香りが漂う:Myムービー掲載
またまた浅田次郎の小説からの映画化で、最近では『憑神』『椿山課長』など奇想天外な発送のものが多かったが、本作品は奇をてらったところが微塵もない作品で、これまでの映画化作品とはかなり味わいが異なっている(なお、原作小説は未読です)・・・ ...続きを見る
りゃんひさのMyBlog:映画レビューな...
2007/11/09 23:59
『オリヲン座からの招待状』
□作品オフィシャルサイト 「オリヲン座からの招待状」□監督 三枝健起 □脚本 いながききよたか□原作 浅田次郎( 「鉄道員」集英社刊)□キャスト 宮沢りえ、加瀬亮、宇崎竜童、田口トモロヲ、樋口可南子、原田芳雄、中原ひとみ ■鑑賞日 11月3日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆ (5★満点、☆は0.5)<感想> この映画を観ながら『カーテンコール』や『ニュー・シネマ・パラダイス』を思い出していた。 そしてこの映画には関係ないけど、どこかでりえちゃんと芳雄ちゃんが... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2007/11/10 09:28
映画『オリヲン座からの招待状』
これ、今月はじめ公開ということで、気になっていた作品。映画館が舞台の作品です。 ...続きを見る
いんどあかめさん日記
2007/11/10 23:37
オリヲン座からの招待状
せめてホクロを・・・ ...続きを見る
ネタバレ映画館
2007/11/11 17:13
オリヲン座からの招待状■宮沢りえが支える作品
実に惜しい出来である。よくなる要素が非常に多いのであるが、それが巧く活かされていない。それぞれのエピソードや設定は非常に良いのであるが、それらが全体にうまく構成できておらず、効果をあげていないのである。それにもかかわらず、一応の満足感を与えてくれるのは... ...続きを見る
映画と出会う・世界が変わる
2007/11/11 17:22
オリヲン座からの招待状/宮沢りえ、加瀬亮
加瀬くんが出てなかったら、特に観たいっという気持ちにはならなかったかもしれません。宮沢りえちゃんだって嫌いじゃないんだけど、この映画にイマイチ気分が乗らないといか不安を感じているのが、原作が浅田次郎さんだということです。浅田次郎原作の映画化作品は期待した.... ...続きを見る
カノンな日々
2007/11/11 18:40
『オリヲン座からの招待状』鑑賞
『オリヲン座からの招待状』鑑賞レビュー! ...続きを見る
★☆★風景写真blog★☆★healin...
2007/11/11 19:14
オリヲン座からの招待状
原作の短編とは異なるアプローチで物語をふくらませ、映画は大人の純愛物語になった。昭和30年代から、小さな映画館を守った男女の生き方を丁寧に描いている。少し綺麗すぎる展開と、作品全体が年配向けになってしまったのが気になるが、これも昭和の空気だろうか。出演者は.... ...続きを見る
映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライター...
2007/11/11 21:51
オリヲン座からの招待状 36点(100点満点中)
今じゃ仲間の心がふるさと 公式サイト ...続きを見る
(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取ら...
2007/11/11 23:36
オリヲン座からの招待状(映画館)
ありがとう あなたかいてくれたこと ...続きを見る
ひるめし。
2007/11/12 10:53
オリヲン座からの招待状
映画と映画館が好きなもんで、映画館が出てくる作品に弱いです。 「ニューシネマ・パラダイス」は勿論、昔の「ラムの大通り」 や「ラスト・ショー」、数年前の「マジェスティック」なんかも いい映画でしたよね。 ...続きを見る
It's a Wonderful Lif...
2007/11/16 16:35
「 オリヲン座からの招待状 (2007) 」
【オリヲン座からの招待状】 11月3日(祝/土)公開 監督 : 三枝健起 出演 : 宮沢りえ ...続きを見る
MoonDreamWorks★Fc2
2007/11/18 17:56
「オリヲン座からの招待状」時代は変わる、映画は変わるな
「オリヲン座からの招待状」★★★★映画ファンにススメます 宮沢りえ、加瀬亮主演、宇崎竜童、樋口可南子 、原田芳雄 、田口トモロヲ 出演 三枝健起 監督、20077年、116分 ...続きを見る
soramove
2007/11/20 21:52
ロケ地にも興味津々「オリヲン座からの招待状」
三連休というのにいろいろあって映画は、お預け。11/3の三丁目以来映画館には 行っておらず、そろそろ禁断症状がでそうです。頼みの福知山シネマも2スク リーンあるのにいまは1スクリーンしかつかっておらず12/7までは三丁目。 来週は5本はみたいと思いながらいろいろと見に行きたい映画の内容を 妄想しております。今一番気になっている映画は「オリヲン座からの招待状」 ロケ地について、少し書きます。 ...続きを見る
もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画...
2007/11/23 21:49
オリヲン座からの招待状
★★★★  とにかく中盤からは泣きっ放しで、ハンカチが水びたしであった。僕だけではなく、劇場中にすすり泣く声がこだまする。 TVが普及する前、娯楽の王様は「映画」だった。ニュース専門の映画館もあったし、都内の国電ならほとんどの駅に、私鉄でも急行の止まる駅な ...続きを見る
ケントのたそがれ劇場
2007/12/01 16:19
6/1 オリヲン座からの招待状(’07)
先日新作DVDリリースの三枝健起監督作品。未読だけれど原作は浅田次郎の短編、京都舞台、映写技師と女館主が老舗の映画館を守り続けた物語。やはり昭和30年代、映画館が舞台、とのことで気になっていた作品。 ...続きを見る
KYOKO〓
2008/06/01 22:38
mini review 08325「オリヲン座からの招待状」★★★★★★☆☆☆☆
京都を舞台に激動の時代に翻弄(ほんろう)されながらも、老舗の映画館を守り続けた男女の純愛と奇跡を描く感動ドラマ。浅田次郎の「鉄道員(ぽっぽや)」最終編に所収されている同名小説を、『ジェニファ 涙石の恋』の三枝健起監督が映像化。主演は『たそがれ清兵衛』の宮沢りえと『硫黄島からの手紙』の加瀬亮。貧乏に耐えながら映画館を守り続け、映画への明かりをともし続けた2人の固いきずなが感動を呼ぶ。[もっと詳しく] ...続きを見る
サーカスな日々
2008/09/05 14:34
『オリヲン座からの招待状』
頑固一徹親父がフィルムを回す、町の小さな映画館。 そんな夫をそっと支える、芯の通った妻。 そこに弟子入りを願いに飛び込んできた、一人の青年。 ...続きを見る
*モナミ* SMAP・映画・本
2009/03/06 22:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いい素材なだけに、細かなところを表現できてなくて残念でした。苦労話をもっと見たかったのに、フィルム代を捻出した方法さえわからなかったですもん。
kossy
2007/11/11 17:15
kossyさん、コメントを頂きまして、どうもありがとうございます。
そういえば、何で潰れる寸前だったのが、助かったのかが判りませんでしたねぇ、、、、蛍の奇跡ですかね(^o^)
フリーダ
2007/11/12 10:03
こんにちは、ケントです。TBお邪魔します。
予告編を観たとき宇崎竜童は、宮沢りえの父親かと思いましたが、妻だったんですね。
子供の頃の映画館を思い出して、ホロリとさせられました。
ケント
2007/12/01 16:19
ケントさん、コメントを頂きまして、どうもありがとうございます。
確かに夫婦に見えませんね、、、(≧◯≦)ゞ
フリーダ
2007/12/04 16:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
オリヲン座からの招待状 アートの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる