アートの片隅で

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ミスト」&トークショー

<<   作成日時 : 2008/05/07 14:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 27 / コメント 6

「ミスト」の試写会に行って来ました。
上映前にゲストによるトークショーがありました。
登場したのは、石原良純と八田亜矢子。
石原良純が呼ばれた理由は、「ミスト」=「霧」、、、、天気予報士だから、、、w( ̄▽ ̄;)w
八田亜矢子は、最近バラエティ番組にチョコチョコ出て来ている娘なんですが、彼女は「ミス東大」なんですよね。
頭が良くて、顔もスタイルも良いなんて、いるんですよねぇ、こういう人って、、、w( ̄O ̄)w
それで何で呼ばれたかというと、「ミス東大」=「みすとうだい」、、、「ミストだい!」、、、w( ̄▽ ̄;)w
う〜ん、、、、まぁ可愛いから何でも良いや(^o^)
石原良純は天気予報士らしくいくつかの霧の種類やメカニズムについて説明してくれましたが、GWの天気予報については、「判らない、そんな1週間も先なんて当たらないから」(実際今年のGWの天気予報は大ハズレでしたから、ある意味彼が正解だったかも、、、、(>▽<)
テレビ番組の「黒バラ」で、なると大使など色々な大使を兼任しているので、今回もミスト大使に就任していました。

さてこの映画はスティーヴン・キング原作です。
スティーヴン・キング原作というだけで観たいと思う人が多いでしょうね(勿論、私もそうです)
でも要注意! この映画は基本的にはホラー映画(しかも虫がたくさん出て来ます)です。
更に、観終わった後に、その救いの無さに気分がドヨ〜ンと落ち込みます。
週末にテレビで「グリーンマイル」が放映されますが、そのノリで観に行くと、痛い目に遭いますので要注意です!

映画ポスターのイラストレーターのデイヴィッド(トーマス・ジェーン)の住む町が記録的な雷雨に襲われる。
翌朝目覚めると、大きな木が家の窓を壊してしまっていた、、、
隣に住むNYで働く有能な弁護士ノートン(アンドレ・ブラウアー)に保険手続きについて聞きに行く。
彼とは以前にトラブルで裁判沙汰になっていたのだった、、、
息子のビリー(ネイサン・ギャンブル)を連れて車が故障したノートンと共にスーパーマーケットに向かったのだが、
そこへダン(ジェフリー・デマン)が「霧の中の化け物に友達が襲われた」と飛び込んで来たのだ!
やがて町は霧に覆われてしまい、恐怖に怯える客と店員たち、、、、
デイヴィッドは、店員達と裏口を調べに行くと、突如現れた怪物に襲われ、店員のひとりが連れ去られてしまった、、、
この事をノートンに話すのだが、馬鹿馬鹿しいと相手にしないどころか、「裁判の仕返しで自分を騙して笑い者にする気か」と逆ギレしてしまう。
信じないノートン達は店を出て霧の中に消えて行った、、、、しかし用心の為にロープを腰に巻いた男の下半身だけが戻って来ただけだった、、、、
遂に現実を認識した客と店員達は、更に恐怖に怯えていくのだった、、、
その状況に新興宗教にハマっているミセスカーモディー(マーシャ・ゲイ・ハーデン)が、「これは神の祟りだ」と喚き出し、混乱を引き起こす。
夜になり店の明かりに吸い寄せられ、巨大な虫の大群が襲って来た!
ガラスが破られ侵入して来た巨大な虫に襲われる客と店員達、、、
スーパー店員のサリー(アレクサ・タヴァロス)は命を落とし、ジム(ウィリアム・サドラー)は重傷を負う。
ジムを助ける為に隣のドラッグストアに向かったデイヴィッドが、目にしたのはクモの巣の様な糸に包まれた人々だった、、、「俺たちのせいだ、、、」とつぶやく男の身体が弾け、溢れ出す虫たち、、、襲って来る巨大な虫、、、
店の中にいた若い軍人達が自殺を図る。
残った若い軍人に問いつめるデイヴィッド。
軍の中で聞いた噂で「異次元への扉を開いてしまった」と、、、
それが噂の「アローヘッド計画」だったのか、、、、?
更に極限状態に陥っていく客と店員達、、、、
息子のビリーは「僕を絶対に怪物に食べさせないでね」とデイヴィッドと約束するのだった。
(この何気ない約束が重要な意味を持ちます)
やがてミセスカーモディーの狂言に同調してゆく客と店員が増えて行くのだった、、、
そんな状況に絶え切れず、車を使って脱出を図ろうとするデイヴィッド達を拘束するミセスカーモディー達、、、
遂にミセスカーモディーは「ビリーを生け贄として差し出す」と叫び出したのだった、、、
乱闘になる客と店員達、、、、
スーパー副店長オリー(トビー・ジョーンズ)がミセスカーモディーを撃ち殺し、脱出するデイヴィッドと教諭アマンダ(ローリー・ホールデン)たち5人、、、、
しかし、やがてガソリンが無くなり車が動かなくなってしまった、、、、
霧の中に取り残されてしまったデイヴィッドたちが選択した行動とは、、、、
そして霧が晴れた後に見えたものとは、、、、

こういう終わり方もありなのだろうけれど、あまりの救いの無さに言葉を失ってしまいます。
エンディングロールになっても誰の話し声も全く聞こえませんでした。
誰もが唖然として、口を開く雰囲気ではありませんでした。
何故、そんな事を、、、私なら絶対にしない、、、
しかも、その後にあんなことになるなんて、、、
辛い、、、救いが無さ過ぎる、、、
エンディングは別にして、映画自体はハラハラドキドキさせてくれて、なかなか楽しめました。
モンスターパニック映画としては、「クローバーフィールド/HAKAISHA」と通ずるものがあるのですが、こちらの方がホーラー色が強いです。
一本の映画として見れば、こちらの方が楽しめると思いますが、「クローバーフィールド/HAKAISHA」には、映画以外の仕掛けがたくさんあるので、楽しみ方が全く違います。
「クローバーフィールド/KISHIN」という日本が舞台のマンガまであって、これもなかなか興味深いお話でした。
一体どこまで広がって行くのやら、興味が尽きません。
話がズレましたが、この映画はパニックにおける人間の極限状態をスーパーマーケットの店内という小さな空間で描かれていますが、これが社会全体であっても同じ様な状況になるのでしょう。
人間とは弱い者で、極限状態に陥るとあり得ない程簡単に洗脳されてしまいます。
何かに頼る現実逃避してしまう人達も多いですね。
自分はそんな弱い人間ではないと思っていますが、本当に極限状態に陥った時には、どうなるのかは判りません。
家に子供を残して買物に来ていた女性が助けを求めても、誰一人救いの手を差し伸べる事は出来ませんでした。
主人公のデイヴィッドも、、、スーパーヒーローではありません、、、ひとりの父親であり弱い人間なのです。
虫が出て来る映画が大嫌いな妻は「絶対に観ないから」という事で、結末を話したのですが、
「そういう終わり方って好きかも、、、」と言っていましたw( ̄O ̄)w
確かに、「平凡な父親が危機に直面して、息子の為に立ち上がり、難局を解決する」なんていう映画は、もう今更だからこういうのもありなんだろうけどねぇw( ̄▽ ̄;)w
良い悪いは別にして、観終わった後に気分が落ち込む事は確かです。
でも強い印象の残る忘れられない映画になるでしょう。
点数は、88点です。

この記事を読んでのアンケートへの協力をお願い致します。
面白かった
参考になった
つまらなかった
どれかをクリックして下さい。
よろしくお願い致します。








月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(27件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『ミスト』
賛否両論あれど、個人的にこれはかなり楽しめました。オモシロカッタです。好きな映画デス。映像をみていると、昔読んだ原作のおぼろげな記憶が蘇ってきましたね。『霧』・・・短編集の中でもイチバン印象に残っていたハナシでした。映画は70年代のパニック... ...続きを見る
trashnote
2008/05/07 15:20
ミスト 映画史上かってない・・・ってそれはあかんやろ・・・(x。x)゜゜
 今日は波がないんで海は断念、次の四連休の関東ツアーに向けて、家でゆっくりしながら片付けとか買い物のお手伝いでも。 といいながら、朝一、一応携帯で波チェックしてみたが・・・ 安心して、家にいられることを確認しました・・・{/face_naki/} ...続きを見る
労組書記長社労士のブログ
2008/05/07 15:27
ミスト/ The Mist
『キャリー』、『ミザリー』、『シャイニング』、『ペットセメタリー』、、、、 これまで何度も何度も映画化されて来た、スティーブン・キングの小説。 『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のキング原作を映画化したフランク・ダラボンが、 キングの原作の3度目の完全映像化{/ee_1/} ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2008/05/07 18:28
『ミスト』
(原題:The Mist) ...続きを見る
ラムの大通り
2008/05/07 21:20
「ミスト」
「ミスト」、観ました。 ...続きを見る
クマの巣
2008/05/10 15:41
『ミスト』
予告編を見たときから不安だった要素は2つありました。それは最近「衝撃のラスト15分」と宣伝されている映画にロクなものがないことと、この映画の製作会社が『グラインドハウス』のDIMENSIONフィルムなので緊迫感のあるサスペンスは望めないだろうということ。ただ原作ファ... ...続きを見る
めでぃあみっくす
2008/05/10 21:20
ミスト
THE MIST(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督・製作・脚本:フランク・ダラボン 出演:トーマス・ジェーン/マーシャ・ゲイ・ハーデン/ローリー・ホールデン/アンドレ・ブラウアー/トビー・ジョーンズ ...続きを見る
小部屋日記
2008/05/11 00:16
ミスト
 アメリカ  ホラー&ミステリー&ドラマ  監督:フランク・ダラボン  出演:トーマス・ジェーン      マーシャ・ゲイ・ハーデン      ローリー・ホールデン      アンドレ・ブラウアー ...続きを見る
江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽
2008/05/11 02:14
【ミスト】試写会にて
 この子と約束した、必ず守るとーー ...続きを見る
NAO−C☆シネマ日記
2008/05/12 09:50
【映画】『ミスト』そこまでやるか…
...続きを見る
Badlands 映画・演劇・音楽レビュ...
2008/05/12 23:59
ミスト/The mist
これから観る人は、まだ読まないでください。感動は呼ばないが絶望を呼ぶ逸品。 ...続きを見る
描きたいアレコレ・やや甘口
2008/05/14 22:41
「ミスト THE MIST」思想はないが恐怖がここにある
「ミスト THE MIST」★★★ トーマス・ジェーン 、マーシャ・ゲイ・ハーデン主演 フランク・ダラボン 監督、2007年、アメリカ、125分 ...続きを見る
soramove
2008/05/15 23:04
The Mist (ミスト) ネタばれあり
もうひとつのブログサイトで、映画のレビューをしてきたのだが、画像やリンクに懲り過ぎて、観ているスピードに追いつかなくなった。 ...続きを見る
うだるありぞな
2008/05/16 04:43
・・・残酷。『ミスト』
小さな田舎町に突然発生した謎の霧を巡って描かれたサスペンス映画です。 ...続きを見る
水曜日のシネマ日記
2008/05/16 10:51
ミスト
人間の弱さを残酷にあぶり出すホラー怪作であり、本当の意味での「恐怖と残酷」を描ききった傑作である。キング原作の魅力が満載新たな傑作誕生に興奮! 74年に「キャリー」を発表して以来、30年以上もベストセラー作家として君臨し続けるスティーブン・キング。“恐.... ...続きを見る
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2008/05/17 23:26
【2008-117】ミスト
人気ブログランキングの順位は? ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2008/05/18 02:31
お父ちゃん、しっかりせえや!―「ミスト」
「ミスト」(2007年製作) 監督:フランク・ダラボン 製作:フランク・ダラボン&リズ・グロッツァー 製作総指揮: リチャード・サパースタイン&ボブ・ワインスタイン&ハーヴェイ・ワインスタイン 原作:スティーヴン・キング「霧」(扶桑社刊「スケルトン・クルー1骸骨乗組員」) 脚色:フランク・ダラボン 撮影:ロン・シュミット クリーチャーデザイン:グレゴリー・ニコテロ&ハワード・バーガー プロダクションデザイン:グレゴリー・メルトン 編集:ハンター・M・ヴィア 音楽:マーク・アイシャム 出演:トー... ...続きを見る
豆酢館
2008/05/19 17:21
『ミスト』
映画のはしごをしようかなーと思っていたんだけれど、数日前に崩した体調が完全には戻っていないみたいで1本観たら、異様に疲れてしまったので今日は1本で終了。 フランク・ダラボン監督とスティーブン・キング、3回目のコラボレーションが話題の『ミスト』を観てきました。 ...続きを見る
cinema!cinema!〜ミーハー映...
2008/05/19 23:02
ミスト 霧の中には何が・・・・・!?
 霧の中に潜む化け物より、人間の方が恐ろしいと思いませんか? &nbsp; 「つぐない」、鑑賞後この“ミスト”を観たのですが・・・・・。あまりの衝撃とラストの展開などが頭に焼きつき、忘れられない状態の私です。ということで、これを先に記事することにしました。 5月20日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。あの「ショーシャンクの空に」でお馴染みの、スティーヴン・キング原作×フランク・ダラボン監督による新作です。前作「グリーン・マイル」(99年)から8年の歳月を経ての待望作ということで、かなり期待もあり... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2008/05/24 07:08
「ミスト」観てきました♪
☆「ミスト」 監督:フランク・ダラボン 出演:トーマス・ジェーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ネイサン・ギャンブル、ローリー・ホールデン、アンドレ・ブラウアー、トビー・ジョーンズ、ウィリアム・サドラー、アレクサ・タバロス、ネイサン・ギャンブル、クリス・オーウェイン、サム・ウィットワー、ロバート・C・トレベイラー、デビッド・ジェンセン、ゲリー・コリンズ・リンツ ...続きを見る
りんたろうの☆きときと日記☆
2008/05/26 03:30
ミスト (The Mist)
監督 フランク・ダラボン 主演 トーマス・ジェーン 2007年 アメリカ映画 125分 ホラー 採点★★★★ この間まで勤めていた職場に、些細なことでイッパイイッパイになってパニックを起こし、ちょっとした事態を大混乱に陥れる才能に溢れた奴がおりまして。そこまでイレギュラ.. ...続きを見る
Subterranean サブタレイニア...
2008/06/17 02:03
ミスト
スティーブン・キング原作と聞くと 何故かやっぱり気になる。f(^^;) それにキャッチコピーは 「映画史上かつてない、震撼のラスト15分」 だそうです。 ほんとか〜?(笑) ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2008/09/28 01:00
【映画】ミスト…最悪の気分になりたい方にオススメ
寒いです{/face_hekomu/}。今朝うちの周囲は薄っすらと雪景色{/kaeru_snow/}でありました(※一部山沿いの地域では積雪も…って地域なのねうちって{/face_ase1/})。 ...続きを見る
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
2008/12/09 23:01
「ミスト」忘れない衝撃のラスト
途中結構怖かったんだけど、最後どうなったんだっけ?というホラーやミステリーはよくある。 これは、途中を忘れても結末は決して忘れない・・・・・そんな映画だ。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・ジャパン
2009/01/05 18:57
mini review 08352「ミスト」★★★★★★★★☆☆
『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』のコンビ、原作スティーヴン・キングと監督フランク・ダラボンが描くパニック・ミステリー。霧の中に潜む謎の生物に恐怖し、常軌を逸していく人々の姿を描く。混乱する人々をまとめようとする主人公を演じるのは、『パニッシャー』のトーマス・ジェーン。『ポロック 2人だけのアトリエ』のマーシャ・ゲイ・ハーデンが、混乱をあおる狂信的な宗教信者の中年女を怪演。思わず目を疑うような、驚がくのエンディングが用意されている。[もっと詳しく] ...続きを見る
サーカスな日々
2009/02/08 07:46
「ミスト」
昨年末にブロガーの皆さんが、各々発表してた年間ランキングで結構上位にランキングされてたホラー。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2009/02/28 03:23
ミスト
「ミスト」 感想 ミスト 霧の中には”何”が待っていたのか 映画史上かつてない、震撼のラスト15分 ...続きを見る
むーびーふぁんたすてぃっく
2009/11/23 17:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。

映画の善し悪しは別として、
このラストは絶対に忘れられない-----
これだけは間違いないです。(汗)
えい
2008/05/07 21:21
えいさん、こんにちは(^o^)
ホント、衝撃でしたからねぇ、、、
フリーダ
2008/05/10 16:36
気分は凄い落ち込みましたが、強い印象でしたね...。

結構重くてシビアな映画なのに、ゲストがまるで"駄洒落"なんですね〜、とほほ。
あん
2008/05/14 22:40
TBさせて頂きました。
この作品を観たのは去年の暮れなのですが、今あらためて考えてみると「宿命」という言葉が大きく浮かびます。
かめ
2008/05/16 04:42
あんさん、こんにちは(^o^)
ゲストが駄洒落、、、どうなんでしょうねぇ、、、だからといって他に誰が、、、う〜ん、可愛い子が見れればおじさんは許しますw( ̄O ̄)w
フリーダ
2008/05/18 19:33
かめさん、こんにちは(^o^)
「宿命」ですかぁ、、、う〜ん、難しいですねぇ、、、
フリーダ
2008/05/18 19:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ミスト」&トークショー アートの片隅で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる