「僕の彼女はサイボーグ」舞台挨拶試写会

「僕の彼女はサイボーグ」の舞台挨拶試写会に行って来ました。
といっても、もう1ヶ月以上前の話なんですけどね(≧◯≦)ゞ
小出恵介君目当ての若い女の子でいっぱいでした。
私の隣に座っていた女子高生は、映画よりも小出恵介君を見に来たという感じで、映画自体は途中で飽きてしまったようで、携帯をいじり始めるし、、、困ったもんです(>▽<)その子の友達は泣いていたんですけどね、、、
さて、登場したのは、小出恵介、綾瀬はるか、クァク・ジェヨン監督、山本又一郎プロデューサーです。
綾瀬はるか
「サイボーグは演じたことがなかったので(笑)どういう風にサイボーグを演じようかと不安に思いました。スタッフの方協力してもらって真似しました。」
小出恵介
「以前、ドラマで共演していたのですが、一緒に演技をするのは初めてで、最初から自然に昔の地元の友達みたいな親近感があってスーッと入っていきましたね。」
「吹き飛ばされたシーンのワイヤーアクションで失神しました。」
綾瀬はるか
「私は投げたり殴ったりする方だったのでとても楽でした(笑)」
山本又一郎プロデューサー
「2003年の夕張の映画界でクァク・ジェヨン監督と審査員を一緒にした時に、凄く意見が合ったので、一緒に仕事をしたくなりました」
写真撮影が終わると舞台挨拶は終了するのが普通なのですが、今回はちょっとした仕掛けがありました。
全員が舞台に残ったまま、小出恵介が綾瀬はるかにシャンパンを顔にかけられて、ケーキに顔を押し付けられるというシーンのNG映像でした。
映像を観終わった後、監督の誕生日が近いという事で、舞台に大きなケーキが運ばれて来ました。
そして、小出恵介と綾瀬はるかに頭を押されて監督の顔がケーキの中に、、、、
「次の作品にも君達を使ってやりかえしてやる」と笑いながら語った監督さんでした。
実はこれはサプライズではなくて、舞台挨拶前から決まっていた事だったそうです。
綾瀬はるか「本当に良いんですかぁ、監督?」
クァク・ジェヨン監督「はい、思いっきりやっちゃってください」
という裏話がMCのいとうさとりさんのブログに書いてありましたぁ(^o^)

さてさて、肝心の映画ですが、、、、この映画は「ターミネーター」のパクリ、、、いやオマージュですw( ̄▽ ̄;)w
「ターミネーター」の様に人類の危機を救う為にサイボーグがやって来る訳ではなくて、たったひとりの男の為に未来からサイボーグが送られて来るのです、、、あっでも「ターミネーター」もひとりの少年を守る為だったから、やっぱり同じですねw( ̄O ̄)w
でもね、このパクリ方は嫌いじゃないです♪♪
思っていたより楽しめました。
時空物なので、矛盾点を追求してはいけません。
ツッコミ所は満載なのですが、そこはスルーして楽しみましょう(^o^)

彼女の居ない大学生ジロー(小出恵介)は、自分で自分の誕生日プレゼントを買い、独りレストランで誕生祝いをしていた。
その頃、街中に稲妻と共に現れたのが綾波レイの衣装を着た女の子(ターミネーターは素っ裸でしたが、、、)
綾瀬はるかがオールヌードで現れたら嬉しかったけど、この衣装もかなりエッチです♪♪
さすがグラビアアイドル出身だけあって、胸デカイです!
上映後、近くの女性達が「あれって絶対に何か入れてたよね、デカ過ぎるよ」と話していましたが、実は彼女はかなりの巨乳なんですよね、、、、そういえば最近売れている若手女優には巨乳が多いですねぇ、、、長澤まさみとか沢尻エリカなんかもそうですし、、、特に最近の長澤まさみにはドラマでその大きさに驚いてしまうシーンが多いです!
その女の子(綾瀬はるか)は、デパートで靴や洋服を盗んでから、レストランのジローの前に突然現れます。
そして、何人前もの大量の食事をたいらげてしまいます。
更には「2005年物のワインがある!」と喜びがぶ飲みです(結構重要な台詞かも)
彼らの奥では、アメフトチームのメンバーの誕生会が開かれています。
仲間にシャンパンを浴びせられ、ケーキに顔を押し付けられてお祝いされています。
「ここは私が払う」と彼女に言われ、店の外で待っていると、彼女が走って出て来ます。
「食い逃げだぁ~」と追いかける店員、、、逃げ出すふたり、、、
逃げながらも、またリンゴを盗んだり、京劇の舞台に乱入したり、、、(ちょっとこの辺の演出が韓国っぽいです)
ハチャメチャな行動をする彼女に振り回されながらも、それを楽しむジロー(猟奇的な彼女っぽいですね)
「実は私、ず~っとず~っと未来から、やって来たの!」という謎の言葉を残して彼女は去ってしまった、、、
1年後の彼の誕生日、やはり彼女はレストランに現れたのだった。
ここで舞台挨拶で行われた小出君へのシャンパン&ケーキ攻撃があります。
突然、謎の男(田口浩正)が店内で銃を乱射します。
彼女は、ジローを守り、男を投げ飛ばすのだった。(ここもターミネーターのパクリというかオマージュですね、謎の男(田口浩正)が敵のターミネーター役です)
ジローの自宅に戻ると、彼女の目から映像が映し出されます。
その映像には、半身不随の未来の自分の姿が、、、、その未来の彼が語ります「本当はあの日、彼女はレストランに来なかったのだ。そしてあの男の銃で撃たれてしまったのだ」と、、、「しかし、偶然買っていた宝くじに当たって大金持ちになり、遂にサイボーグを作り、50年前に送り込んだ」のだった。
彼女を大学に連れて行くシーンに登場する友人役の桐谷健太や教授役の竹中直人らが笑わせてくれます。
飲み会で酒を飲んで故障してしまう綾瀬はるかが、とても可愛いです。
すれ違うカップルの彼女を真似して、腕を組んでぴょんぴょん飛び跳ねる彼女も可愛いです。
トラックにはねられそうな少年を助けたり、女子校に乱入した暴漢を倒したり、ジローの記憶に残っている事故や事件を解決します。
ここら辺までは、とてもテンポが良くて楽しかったのですが、ジローの田舎のシーンが退屈です。
いくら田舎とはいえ、たかだか十数年前というより、何十年も前のような映像で、小出君の子供の頃というより、監督やプロデューサーの子供の頃って感じでした。
この先にも特に繋がりが無いので、このシーンはまるまる不要だったかなぁ、、、
彼女に恋をするが、心が無い彼女にはその思いが通じない、、、そんなジレンマに苦しむジローが取った行動がきっかけで、遂に彼女を追い出してしまったジロー、、、
なんとその時、東京に超巨大地震が起こったのだ!!
崩壊するビルから落下するジロー、、、その時彼女がジローを助けに現れたのだ。
次々に崩壊していくビル、、、彼女はビルの下敷きになりながら、下半身を失ってもジローを助けるのだった、、、
瓦礫の中から機能停止した彼女を掘り起こすジロー、、、、
そして50年後、ジローは彼女を再現するのだった、、、
更に時は流れ、200年後、、、彼女は旧式サイボーグとしてアンティークオークションに掛けられていた、、、、
彼女を競り落とした少女がサイボーグのチップに残された記憶を覗くと、、、、

ほ~そう繋がるのかぁ、、、と驚きます!
でも、時空物にありがちな辻褄の合わない世界に入り込んでしまいます。
「ニワトリと卵のどっちが先か?」っていう奴ですねw( ̄▽ ̄;)w
まぁ本家の「ターミネーター」もその辺の辻褄が合ってませんから、あまりその事にこだわらない方が良いでしょう。
でも、観終わった後にその事で会話が盛り上がるのでは、ないでしょうか?
テレビドラマ「絶対彼氏」のもこみちもサイボーグ役を好演していますが、今作の綾瀬はるかは可愛らしくて、とても良かったです。
最近の彼女は、テレビドラマ等で、コメディな演技が出来る様になって、一皮剥けたって感じですね(^o^)
ちょっと前の仲間由紀恵とパターンが似てますね♪♪
彼女の様にハマり役というかヒット作に恵まれれば、更なる飛躍が期待出来そうですね~(o^0^)o♪
そういえばこの監督の「猟奇的な彼女」をテレビドラマでやっていますが、私は第2回の途中で観るのを辞めました(その前の「佐々木家の~」は1回目の10分で辞めましたが、、、)
つまらないのは勿論演出に問題があるのでしょうが、基本的に田中麗奈に魅力が無いのが原因ですねぇ、、、
綾瀬はるかとの差がはっきりしていて、その演技力の無さからか、ただギャーギャーうるさい我がまま女にしか見えません(勿論、後半変わって来るギャップが面白みなのでしょうが、そこまで我慢してまで観なくても良いです)
CMでも「映画の撮影だって聞いてたのにぃぃぃ」ってドラマと同じ演技だし、、、
綾瀬はるかは、もうすぐ公開される三谷幸喜の「ザ・マジックアワー」にも出ているようですね(来週の試写会で観る予定です♪♪)
小出恵介はテレビドラマ「ルーキーズ」でも似た様な気の弱い役をやっていますね。(綾瀬はるかが姉役でゲスト出演しています)
良いですねぇ、このドラマは熱いです、泣けちゃいます。
先週なんて、妻はボロボロ、私もウルウル、大学生の長男は「このドラマ観ていると、また部活がやりたくなってくる」と言っています。
新庄~泣かせてくれるぜ、お前って奴はぁぁぁw( ̄O ̄)w
佐藤隆太には「ガチ☆ボーイ」で、号泣させられて、今回も泣かせてくれます。
なんだか映画の話から逸れてしまったけど、、、、この映画は矛盾点を気にせずに観れば、充分に楽しめる作品だと思います。
それにしても、韓国の有名監督が日本の映画を撮影するだなんて、時代は変わったのだなぁと感じました。
点数は、84点です。

小林製薬の『サラサーティ』って御存知ですか?
勿論使っている人も多いと思いますが、もう発売されてから20年になるんだそうです。
発売20周年記念ということで、スペシャルウェブサイトが開設されているという情報をCyberBuzz(会員だからね)から頂きました。
スペシャルウェブサイト「サラサラやわらかな世界」
「コットンの庭」、「羽毛の部屋」、「言葉の空間」という3つの世界がありまして、なんだかとても癒されます。
私は「コットンの庭」が、とても心地よかったです♪♪
触るとどんどんフワフワしていくコットンが気持ち良いのです。
パソコン作業に疲れた時に、ちょっと良いかも(^o^)




この記事を読んでのアンケートへの協力をお願い致します。
この映画が観たくなった
参考になった
つまらなかった
どれかをクリックして下さい。
よろしくお願い致します。








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『僕の彼女はサイボーグ』

    Excerpt: ----『猟奇的な彼女』『僕の彼女を紹介します』のクァク・ジェヨンが監督? でも出ているのはれっきとした日本人だよね。 「そう、小出恵介に綾瀬はるか」 ----タイトルからするとSFチックな感じだけど.. Weblog: ラムの大通り racked: 2008-05-25 14:07
  • 神戸でしょ?(映画/試写会:僕の彼女はサイボーグ)

    Excerpt: 映画『僕の彼女はサイボーグ』を試写会で観て来ました~。観る前は「サイボーグ」って言ったってどうせ恋愛映画の要素が多いんだろうなと思っていたのですが、意外や意外、SF≧恋愛でした。 Weblog: 美味!な日々 racked: 2008-05-25 15:32
  • 映画 「僕の彼女はサイボーグ」

    Excerpt: 映画 「僕の彼女はサイボーグ」 を観ました。 Weblog: ようこそMr.G racked: 2008-05-25 17:08
  • 試写会『僕の彼女はサイボーグ』

    Excerpt: 映画『僕の彼女はサイボーグ』を見たよぉ~ メディア 映画 製作国 日本 公開情報 劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ) 初公開年月 2008/05/31 .. Weblog: オタマ・レベルアップ racked: 2008-05-25 19:04
  • 『僕の彼女はサイボーグ』

    Excerpt: 僕の彼女はサイボーグを見ました。クァクジェヨン監督、綾瀬はるか、小出恵介、竹中直人、吉行和子、小日向文世、田口浩正ほか。 クァクジェヨンさんは、恋愛作品の作り方を知っている。 サイボーグでジロ.. Weblog: Mooovingな日々 racked: 2008-05-25 21:19
  • 「僕の彼女はサイボーグ」試写会感想(綾瀬はるか、小出恵介出演、クァク・ジョエン監督)&YouTube動画

    Excerpt: 映画「僕の彼女はサイボーグ」(綾瀬はるかさん主演)の試写会に行ってまいりました。(*^_^*) 人気blogランキングへ 「僕の彼女はサイボーグ」 は、韓国映画「猟奇的な彼女」(チョ.. Weblog: ユーチューブ動画&エンタメ情報ブログ racked: 2008-05-25 23:25
  • 僕の彼女はサイボーグ 試写会(ネタバレ)

    Excerpt: 僕の彼女はサイボーグ (2008) Director : クァク・ジェヨン Cast : 綾瀬はるか, 小出恵介, 桐谷健太, 吉高由里子 Genre : ロマンス / コメディ Runtim.. Weblog: RE:ねこのうたたね racked: 2008-05-26 02:06
  • 僕の彼女はサイボーグ

    Excerpt: 「僕の彼女はサイボーグ」製作:2008年、日本 120分 監督、脚本:クァク・ジ Weblog: 映画通の部屋 racked: 2008-05-26 19:43
  • 僕の彼女はサイボーグ

    Excerpt: 5月最初の試写会です 場所は実に久しぶり・・・一ツ橋ホール どれくらい降りかと言うとかれこれ6、7年は 行ってないと思います この場所ではたびたび試写会が行われていますが なんとも行きづ.. Weblog: ぱかぱかwin!~夢の一口馬主~ racked: 2008-05-26 20:21
  • 僕の彼女はサイボーグ

    Excerpt: ● 僕の彼女はサイボーグ [日本 / 2008年] 「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」に次ぐ、クァク・ジェヨンの"彼女"シリーズ第3弾作品。ストーリーに強引さも見え、清楚なロマンスを期待し.. Weblog: MOVIS racked: 2008-05-26 23:41
  • [cinema]僕の彼女はサイボーグ

    Excerpt: 試写会に行ってきました{/heart/} 僕の彼女はサイボーグ Staff:クァク・ジェヨン Cast:綾瀬はるか 小出恵介 韓国映画のクァク・ジェヨンが監督しただけあって、 「強くてパワフル.. Weblog: HARI INI ? racked: 2008-05-29 08:10
  • 「僕の彼女はサイボーグ」

    Excerpt: 「僕の彼女はサイボーグ」試写会 東京厚生年金会館で鑑賞 まさにクァク・ジェヨンの描く彼女! 最強で最高にチャーミング。 猟奇的→僕カノ→カノサイ(?)という彼女三部作。といってもおかしくない.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2008-05-30 00:48
  • 僕の彼女はサイボーグ:邦画-2008年日本映画

    Excerpt: 韓国のみならず、日本でも大ヒットを記録した『猟奇的な彼女』『僕の彼女を紹介します』のクァク・ジェヨン監督が、日本を舞台に日本の旬なキャストを主演に起用して、可憐だけどパ... Weblog: やっぱり邦画好き…[映画(邦画 日本映画)]情報サイト racked: 2008-05-30 12:38
  • 僕の彼女はサイボーグ

    Excerpt: 試写会で見ました。 舞台挨拶がありました。 主役の2人+監督+プロデューサーの4人です。 プロデューサーが一番面白そうでした。 絶対宴会とかではじけそうです。 綾瀬はるかちゃんがめっちゃかわ.. Weblog: afternoon tea racked: 2008-05-30 20:24
  • 僕の彼女はサイボーグ

    Excerpt: 干物女よりハマってる 【Story】 21歳の“僕”(小出恵介)を救うために未来の“僕”が現在の自分に送ったという最高にキュートな“彼女”(綾�... Weblog: Memoirs_of_dai racked: 2008-05-31 04:32
  • 劇場鑑賞「僕の彼女はサイボーグ」

    Excerpt: 「僕の彼女はサイボーグ」を鑑賞してきました未来からやって来た美少女サイボーグと、彼女に来いした青年のファンタジック・ラブストーリー。主演に綾瀬はるかと小出恵介。韓国のヒットメーカーで「猟奇的な彼女」の.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2008-05-31 15:19
  • 僕の彼女はサイボーグ

    Excerpt: ラブストーリーなの?   Weblog: Akira's VOICE racked: 2008-05-31 15:20
  • [映画『僕の彼女はサイボーグ』を観た]

    Excerpt: ☆東京は三日ほど雨が降り続いており、なんか映画『セブン』の舞台のようだった。 私は、MOVIXのポイントが貯まったので、本日は誘う人もなかったのだが、一人で、映画『僕の彼女はサイボーグ』を観に行った.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 racked: 2008-05-31 17:42
  • 試写会 僕の彼女はサイボーグ

    Excerpt: yaplog!会員限定のプレゼントブログ「ヤププレ」で試写会が当たりました 100組200名だったから当たらないだろうなぁって思ってたからビックリ 東京厚生年金会館まで行ってきましたよ~ .. Weblog: やさしい花の咲く場所 racked: 2008-06-01 05:28
  • 『僕の彼女はサイボーグ』

    Excerpt: いつの間にか『猟奇的な彼女』や『僕の彼女を紹介します』と並ぶ「彼女シリーズ」として作られていたこの作品。前評判の悪さに加え、『猟奇的な彼女』以降この郭在容監督にはことごとく裏切られてきましたので期待は.. Weblog: めでぃあみっくす racked: 2008-06-01 14:55
  • 「僕の彼女はサイボーグ」理想のプログラムを描いた先にみた理想のサイボーグ彼女

    Excerpt: 31日公開の映画「僕の彼女はサイボーグ」鑑賞した。この映画は1人で誕生日を迎えた青年の前に突如現れた美人の彼女と付き合う事になるが、その彼女は未来から来たサイボーグである使命を果たすために青年の前に現.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2008-06-02 01:03
  • 「僕の彼女はサイボーグ」 終盤のもたつきが惜しい

    Excerpt: 「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」のクァク・ジェヨン監督の作品です。 本作 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2008-06-02 21:58
  • 『僕の彼女はサイボーグ』

    Excerpt: 綾瀬はるか、小出恵介主演のちょっと風変わりなラブストーリー。新宿厚生年金会館での試写会に行ってきました。 誰も祝ってくれる人などいない冴えない大学生のジローの前に現れた魅力的な”彼女”。彼女の予.. Weblog: cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー racked: 2008-06-03 19:58
  • なんで日本で撮っちゃったの?『僕の彼女はサイボーグ』

    Excerpt: 未来から来たキュートなサイボーグと、さえない青年のラブストーリーです。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2008-06-05 10:42
  • 『僕の彼女はサイボーグ』2008・6・1に観ました

    Excerpt: 『僕の彼女はサイボーグ』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 自分への贈り物を購入して一人きりの誕生日をお気に入りのレストランで今年も過ごそうとしてる大学生のジロー(小出恵介)は.. Weblog: 映画と秋葉原と日記 racked: 2008-06-05 17:14
  • 「僕の彼女はサイボーグ」を観てきました。

    Excerpt:  いつもいくC映画館のポイント制度が変わってから(実質値上げ)、最近は109シネマズばっかりです。映画の日は109シネマズで僕の彼女はサイボーグを観てきました。 Weblog: よしなしごと racked: 2008-06-07 20:02
  • 映画「僕の彼女はサイボーグ」

    Excerpt: 彼女シリーズ第3弾、と言っても「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」とは似ていず非なるもの・・大食いチャンピオンで破壊的な彼女と寂しい男の恋・・・ 友達(吉高由里子)と一緒に訪れた.. Weblog: 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ racked: 2008-06-08 00:47
  • 僕の彼女はサイボーグ

    Excerpt: 昨日、八戸フォーラムで映画を観ました~。 1本目に観たのが、「僕の彼女はサイボーグ」。 話としては、誕生日に自分にプレゼントを贈る冴えない青年。ハタチの誕生日もそんな事をしてたが、そんな彼.. Weblog: 欧風 racked: 2008-06-08 19:35
  • ★「僕の彼女はサイボーグ」

    Excerpt: 今週の平日休みは試写会の予定が入ってるけど、その前にシネコンで1本。 チョン・ジヒョン主演の「猟奇的~」「僕カノ」を作ったクァク・ジェヨン監督作。 主演は綾瀬はるか、小出恵介。 Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2008-06-09 03:57
  • 【2008-131】僕の彼女はサイボーグ

    Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? ねぇ、ジロー。 あなたと過ごした大切な一日。 私は、何度生まれ変わってもあなたに恋をするよ。 その涙、その微笑み、その勇気は・・・ 愛なのか、.. Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! racked: 2008-06-14 18:03
  • 『僕の彼女はサイボーグ』

    Excerpt:  『猟奇的な彼女』『僕の彼女を紹介します』の  クァク・ジェヨン監督が  サイボーグ役に綾瀬はるかを想定して製作    個人評価 ★�... Weblog: 『映画な日々』 cinema-days racked: 2008-06-22 01:37
  • 僕の彼女はサイボーグ

    Excerpt: どうしても綾瀬はるかさんの名前が覚えられない私です。f(^^;) はるか?はるな? テレビの予告編で観た彼女がなんだか良くて (サイボーグっぽくて) 興味を持ちました。(笑) 20歳の誕.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2008-07-29 11:47
  • 真・映画日記(2)『僕の彼女はサイボーグ』

    Excerpt: JUGEMテーマ:映画 (1から) フィルムセンターを出て、有楽町の「ウェンディーズ」の近くにある漫画喫茶で1時間ほど休憩。 午後6を過ぎてから「サロンパスルーブル」へ。 .. Weblog: CHEAP THRILL racked: 2008-08-13 14:53
  • 【映画】僕の彼女はサイボーグ…この記事には書いていない話なんだけど…小出恵介ってイケメン?

    Excerpt: 一昨日の記事で靴を買ったって書きましたが…(その日は娘の授業参観だったのですが、早めに切り上げて…15分ぐらいだけ授業見て…嫁さんのバックと私の靴を買いに行った我々夫婦…子供思いじゃないナァ{/fac.. Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 racked: 2009-01-04 17:59
  • 僕の彼女はサイボーグ

    Excerpt: 教育上よろしくない映画 なぜか猟奇的彼女の監督が日本の俳優を起用しての第三弾。 突然、主人公の前に現れた彼女は自分の誕生日を祝って... Weblog: 単館系 racked: 2009-03-29 23:55