「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 ジャパン・プレミア

「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」の ジャパン・プレミアに行って来ました。
会場の代々木体育館は、20年程前にEW&Fのコンサートに行って以来、久しぶりでした。
その時も今回と同じ2階席だったのですが、天井が低いので音が反響して最悪の音響だったのを思い出しました。
会場に入ると巨大なスクリーンで、インディのコスチュームを着て来場している一般人を次々に映していました。
なかなか皆さん、本格的な格好をしていて、こういう人達って本当にいるんだなぁと感心しつつ、何故かそういう人達ってひとりで来場しているんですよね、、、う~ん、連れがあの格好では一緒に歩きたくないよねw( ̄▽ ̄;)w
ステージはコンサート会場かと思う程の巨大ステージに岩場のセットと、相当お金が掛かっています。
この後、レーザー光線なんかも使ったりして、このセットで充分にコンサートが出来ますよ!!
一体、どんだけお金を使っているんでしょう?!
MCは、なんと最悪女の襟川クロです、、、それだけでテンションが下がります。
「やじきた道中 てれすこ」「チャーリーとパパの飛行機」などの失態を始めとして、常にその態度の悪さから会場の雰囲気を壊してしまう困った女です。
開演が近づいて来ると、会場外のレッドカーペットに日本の芸能人が来始めました。
リア・ディゾンと石田純一、赤井英和、ダンテ・カーヴァー、AKB48、DAIGO、松本莉緒、高嶋ちさ子、水野裕子、川村ゆきえ、いつものデイブ・スペクター、叶姉妹などなど、、、
そして遂に、ハリソン・フォードの登場です!(映像なのに会場は大騒ぎです)
更に、ジョージ・ルーカス、マリオン・レイヴンウッド役のカレン・アレン、製作総指揮のキャサリン・ケネディ、プロデューサーのフランク・マーシャルが登場しました。
ジョージ・ルーカスさん、太り過ぎです、、、アゴがないです、、、スターウォーズに出て来るキャラクターみたいになってます(^o^)
30分程掛けてのレッドカーペットが終了すると、いよいよ舞台挨拶に登場です。
と思ったら、インディコスチュームの男が2階席からロープを使ってステージに飛び降ります。
そして彼が手に持つクリスタルスカルを岩場に置くと、会場中にレーザー光線が放たれました。
そして遂にハリソン・フォード御一行がステージに登場しました!
ルーカスは「僕は大学時代に人類学を専攻していて、そこで考古学も学び、古い文明に興味を持ったんだよ。また1930年代のアドベンチャー作品をよく観ていてね、そういう映画を作りたかったんだ。だからヒーローが考古学者で、秘宝を探す話にしようと決めたんだ。そんなことを考えているときいつも僕の傍には愛犬の"インディアナ"がいた。だから名前を"インディアナ"・ジョーンズにしたんだ」と名前の由来を披露し、「家族で楽しめる映画だからなど色々理由はあるけど、やっぱり1番重要だったのはハリソンが出演していることだね(笑)」とハリソン・フォードをおだてると、ハリソン・フォードがルーカスにお礼のチップを渡して笑わせてくれました。
次回作について、「立てなくなる前にやりたいね、ルーカスは考えるのが遅いんだよ。インディはまずメガネ(老眼鏡)を探しに行かなきゃいけないな(笑)」とまたもハリソン・フォードは会場を笑わせてくれました。
更に手を合わせて、ルーカスにお願いすると、会場は大爆笑でした。

さて肝心の映画ですが、なんと前作から19年という事で、作品のそのまま19年後のストーリーになっています。
1957年、アメリカ国内で米兵に扮した女諜報員スパルコ(ケイト・ブランシェット)率いるソ連兵の一団が米軍基地を襲撃。彼らは、宇宙の神秘を解き明かす力を秘めているという“クリスタル・スカル”を探し求め、その手掛かりを辿っていた。
そこに連行されて来たのが、考古学仲間のマック(レイ・ウィンストン)と、落とされた帽子を拾う影で判ります、そうインディアナ・ジョーンズ(ハリソン・フォード)です。きっとアメリカの観客だったら、ここで大歓声が上がるのでしょうが、皆さん静かに観ていましたね。
インディはクリスタル・スカルの捜索を強要されるのだが、スキをみて脱出を図り、何とかスパルコの手を逃れたインディは考古学教授として赴任している大学へと舞い戻る。すると今度は、彼の前に一通の手紙を携えたマット(シャイア・ラブーフ)という青年が現われるのだが…

正直期待が大き過ぎたのでしょうか、、、前3作に比べると、イマイチでした。
まぁ面白かったのは確かなのですが、何せ20年分の期待があったので、自分の中でかなり高いハードルを設定してしまっていたのかなぁ、、、
前半は笑いも少なく、中盤からかなり面白くなります。
ツッコミ所は満載です、、、冷蔵庫とか巨大な滝とか死ぬだろう普通、、、そして宇宙人とかUFOって、そういう映画だったっけ、、、?  まぁ賛否両論ありそうですね(>▽<)
でもね、あの音楽が聴けて、インディが観れて充分満足ではあります。
インディのいない20年の間に「ナショナルトレジャー」や「ハムナプトラ」など新たな人気シリーズが生まれ、考古学冒険アドベンチャーというひとつのジャンルの元祖として、果たしてその名に恥じない映画だったのかどうか、、、?
ただ私が気付かなかった仕掛けがたくさんあったようで、映画館でもう一度見直した方が良い様な気がしています、、、壁画にETやC3PO,R2D2がいたとか、「スターウォーズ」や「バックトゥーザフューチャー」「アメリカングラフィティ」のシーンや台詞を使っていたりなどなど、、、この映画の面白さを半分も理解出来ていないみたいで、、、
最後はマットに帽子が譲られるのかと思ったら、しっかり奪い返したので、ひと安心。
シャイア・ラブーフのインディアナ・ジョーンズなんて観たく無い!
やっぱりインディはハリソン・フォードじゃないとね~Y(≧σ≦)Y!!
点数は、85点です。

この記事を読んでのアンケートへの協力をお願い致します。
この映画が観たくなった
参考になった
つまらなかった
どれかをクリックして下さい。
よろしくお願い致します。

サイバーバズさんから、とても素敵な物を頂きました(会員なので、ラッキーです)
我が家の愛犬は、体重が2キロのとても可愛い3才のポメラニアンです。
親バカですが、超美人さんなんです、えへへ、、、
頂いたのは、ドギーマンから発売されている「ペット臭因をもとから」という商品です。
愛犬は、小さいので臭いもそれ程強くは無いのだけれど、1ヶ月程シャンプーをしないと、やはり臭って来ます。
そこで、シャンプーの時に、この「ペット臭因をもとから」を使ってみました。
使用法に従って、シャンプー後に首筋から肩甲骨にかけての2カ所に1本を全量滴下してみました。
シャンプー後は、勿論いつも通りの良い香りです♪♪
2週間後に、もう繰り返して、遂に1ヶ月経ちました。
う~ん、確かに今まで程の臭いがしていません!!
ちょっと驚きでしたね(^o^)
でも、これ以上シャンプーをしない訳にはいかないので、さすがに1ヶ月でシャンプーしましたが、今度また使ってみようと思いました。
本来は、写真を掲載するべきなのですが、文字だけというのが、このブログのささやかなこだわりなので、申し訳ありませんが、我が家の美人さんの写真はお見せ出来ません(ごめんなさい)
この商品について興味のある方は、コチラにて確認してみて下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sakurai
2008年06月16日 15:43
エリカワクロさんの方が気になる・・。
どこに食いついてるんだ、ってとこですが、そうなんですか?
今回は、ポカはなかったのでしょうか。
映画は、あまり期待度高くしていかなかったので、大丈夫でした。
でも、あの落ちはねえだろ、と。
ちゃこ 4回目
2008年06月17日 01:22
sakura iさん

クロは、俳優さんの名前を平気で間違えたり、失礼極まりないことを平気で偉そうに?言ったり、、一言で言えば、態度がでかすぎるの。
一度彼女の厚顔無恥さを気が付いてしまうと、ずっと気になり、私は彼女が登場する度に、なぜか不快になってしまいます。

もっと、謙虚な姿勢で司会進行を進めてくれればいいのだけど、彼女は全く学びませんね。

私は、彼女の映画評論も素直に賛同できなくなってしまいました。これは良くないと私自身も思っていますが。。
2008年06月17日 15:20
sakuraiさん、こんにちは(^o^)
そこに食いつきましたかぁ!
さすがに今回は名前を間違えたりはしませんでしたが、相変わらず態度は悪かったです。
あのオチねぇ、、、笑っちゃいましたけどね、、、
2008年06月17日 15:22
ちゃこさん、こんにちは(^o^)
おおっ、そうですかぁ!ちゃこさんも嫌いでしたかぁ!!
私はあの女の評論なんて、読む気にもなりませんよ~
moriyuh
2008年06月21日 15:27
TBありがとうございました。
何度かトライしましたが上手くいかない感じですね。すみません。

>最後はマットに帽子が譲られるのかと思ったら、しっかり奪い返したので、ひと安心。
シャイア・ラブーフのインディアナ・ジョーンズなんて観たく無い!
やっぱりインディはハリソン・フォードじゃないとね~Y(≧σ≦)Y!!

仰るとおりです。
別にJrが悪いわけではないけれど…鍼損でなければダメなんです。理屈じゃないですよね?



ホーギー
2008年06月21日 21:07
はじめまして、ホーギーと言います。
1年以上前からこの日を楽しみにしてきましたが、ついに観てきました。
心配していたハリソンの年齢からくる表情や体型に老いは感じるものの、その圧倒的な存在感やまだまだやれるアクションシーンに安心しました。
そして、見事なストーリー展開と怒濤のアクションシーンは健在で期待とおりの内容に大満足の2時間でした。
これぞ元祖トレジャーハント&アドベンチャー&アクション映画ですね。
本作はハリソンのほか、懐かしのマリオンの再出演、オスカー女優のケイト・ブランシェット、いま売り出し中の若手シャイア・ラブーフとキャスト陣も楽しませてくれました。
噂によると数年後に更なる続編との話もあるようですが、どうなることでしょうか?
ということで、これからもどうぞよろしくお願いします。
それとTBもお願いします。
2008年06月23日 15:14
moriyuhさん、こんにちは(^o^)
あれれ、TB出来ませんかぁ、どうもすみませんm(_ _)m
理屈じゃない、そうですよね~
2008年06月23日 15:17
ホーギーさん、こんにちは(^o^)
そうですねぇ、続編もありそうですねぇ♪♪
こちらこそ、よろしくお願い致します。

この記事へのトラックバック